コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校3年生:キャリア教育「18歳の誕生学」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

10日

2015

20150909tanjyo-gaku (4).JPG

本日5・6時間目は、高校3年生を対象に「18歳の誕生学」の講演会を実施しました。
講師は、誕生学アドバイザーの長谷部しのぶ先生です。

○からだの変化とそれに応じたケア
○異性とのコミュニケーションについて
○命を産み出す存在として、自分のこころとからだをどのように大切にするか

についてお話いただきました。
赤ちゃんは、食事を与えたり、身のまわりのお世話をしても、微笑みかけたり言葉をかけないと育たない。今、ここに元気に存在することができる皆さんは、「毎日抱かれた歴史の持ち主」など こころに残る、自尊感情を育んでいただくような言葉をたくさんいただきました。
後半はグループをつくり、母親となった生活をイメージするためのワークショップを行いました。現在の1日の生活と、出産後の生活を円グラフにしてみた生徒たちは、「自分の時間がな~い」と育児にかかる時間の多さに驚き、「お母さんがひとりでトイレに行くことはできるの?」「自分の時間をつくるために、育児はおばあちゃんに任せる~!」など、いろいろと感じたこと、素朴な疑問を話していました。

生徒たちは、高校を卒業すると、学生であっても半分おとな扱いされ、自律的な行動が求められます。大学卒業後、2~3年で母親になる人も少なくありません。近い将来、社会人になって行く生徒たちが、女性として豊かで幸せな人生を送るためのたくさんのヒントをいただきました。
3年生は、目前の大きな目標達成に向け、猛勉強の真最中ですが、その先にある長い人生に欠かせない性のあり方について、考え続けて欲しいと思っています。

(キャリア教育支援部長 沢柳 記)

20150909tanjyo-gaku (2).JPG20150909tanjyo-gaku (6).JPG20150909tanjyo-gaku (9).JPG

高校3年生:始業式直後

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

1日

2015

R0000038.JPG

高校3年生用校舎「進学棟」では、始業式が終わるとすぐに、佐藤 進路支援部長監修による「動詞語法100題テスト」を全クラスが受験しました。夏休み明けということで、生活のリズムが崩れたりはしていないだろうかという担任たちの不安をよそに、生徒たちは真剣に40分間のテストに臨んでいました。さすがは受験生です。
テストが終わると、夏休みの話に花が咲いたのでしょうか。いつも通り元気な声が聞こえてきました。

(広報部 松崎 記)

高校1年生:新メンバー

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

1日

2015

20150901-01.JPG20150901-02.JPG高1学年に、留学生1名と、転入生1名を迎えました。新メンバーを加えての新学期のスタートです。

理数キャリアコース:夏期勉強会が始まりました。

[ カテゴリ:理数キャリア ]

08月

17日

2015

理数キャリアコース(高1)と理数クラス(高2)は、8月17日(月)から21日までの4日間、夏季勉強会を実施します。午前中の4時間は、数学と英語の授業があり、実力養成のための授業や演習に取り組みます。8月23日(日)には河合塾の模擬試験を全校受験します。それに向け、皆真剣です。

高校1年理数キャリアコースの生徒は、22日・23日と工学院大学主催の「わくわくサイエンス祭」に参加するため一足先に16日に受験を済ませました。さらに、高1生は17日・18日の午後に大学の先生による特別授業を受講します。
午後は、島根大学教育学部准教授の御園真史先生による数学の特別授業でした。1日目のテーマは、「日本のへそを決めよう」というものでした。
兵庫県西脇市は、日本の東端と西端のちょうど中間である東経135度と北端と南端のちょうど中間である北緯35度の交差点があることからここを「日本列島の中心」と位置づけ、日本のへそとしてまちのPRを行っています。

その説明後に御園先生が生徒に投げかけた質問は、
「他に、へその定義を考えられないか」

「その場合にへそを作図するにはどうするか」
でした。

生徒は4人1組のグループに分かれて話し合いをしながら、へその定義と作図方法を考えて発表しました。あらかじめ決まっている正解ということではなく、自分たちで決めた定義に基づいて方法を考えるという授業です。
明日までの課題として、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県のへそも、各班で考えることになりました。

DSC04524.JPGDSC04535.JPGDSC04533.JPGDSC04537.JPGDSC04532.JPGDSC04542.JPG

前期期末考査

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

07月

3日

2015

前期期末考査が始まりました。これまでの学習の成果を試すうえで、非常に重要なテストになります。高校1年生にとっては、初めての期末考査です。中間考査よりも受験科目数も増え、より計画的な学習が求められます。
高校3年英語クラス(国際教養コースの前身となるクラス)では、土曜日の2、3時間目に、GTEC(ベネッセコーポレーション)も行われました。本校では、継続的にGTECを受験し、「読む」「聞く」「書く」(前回は「話す」も加わりました)能力を総合的に計測。その後の学習・モチベーション向上につなげます。

(広報部 松崎 記)

DSC04412.JPGDSC04415.JPGDSC04413.JPG

前の5件 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17
資料請求