資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

第1回 英検の様子です。

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

6日

2015

IMG_5671.JPG

今年度1回目となる英検試験が行われました。本校は、準会場となっているため、本日の実施となります。中学生101名、高校生111名が受験しました(1次免除者除く)。普段生活している環境で受験できるのは、生徒たちにとって大きなメリットです。日ごろの英語学習の成果が発揮できることを願っています。

(広報部 松崎 記)

高校2年生:調理実習

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

3日

2015

cook1.JPG

今日は家庭科の調理実習でした。
メニューは「チキンドリア」「グリーンサラダ」です。実習に入る前に、作り方や切り方などについて、先生の講義があります。メモをとるなどして、生徒たちはしっかりと調理の工程やポイントを理解していきます。続いて、天井に設置されたモニターに、先生の調理の様子(手元)が映し出され、講義では伝えきれない部分を目で学びます。ドリアに使うホワイトソースも、サラダにかけるフレンチドレッシングも手作りです。大変な分だけ、うまく出来上がったときの喜びも格別です。自分たちだけでなく、担任の先生や、授業担当の先生方にも食べてもらい、その反応も反省に活かします。今後の授業では、本日の実習のまとめ、栄養価の計算などを行います。

 

SSH学校設定科目の授業

[ カテゴリ:理数キャリア ]

06月

3日

2015

DSC00222.JPG

SSH学校設定科目高1『SS国際情報』の授業風景です。
今年度の授業は、稲作における土の量が生育にどのような影響を与えるかというテーマのもと実験を始めています。今日はカナダ人の先生と英語で、実験の目的確認と稲の形態について、英語による話し合いをしました。実験内容について先生から質問されると、多くの生徒が自分の使える英語で何とか答えようとします。この経験を通じて、「英語で科学を語る」ことが当たり前になっていきます。

 

 

DSC00199.JPGDSC00225.JPGDSC00207.JPG

「小笠原自然体験教室」の事前学習

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

30日

2015

高校1年生を対象に平成27年7月29日より行なわれる「小笠原自然体験教室」の事前学習が行なわれました。
首都大学東京大学の可知先生より、小笠原固有の動植物に関しての講義を受けました。小笠原の動植物の貴重性や、外来種により絶滅危惧に瀕しているものの存在などの講義をしていただきました。今回の話を聞き、実際に小笠原に行ってどのような視点で動植物を観察していくのか考えるのが、これからの課題です。

oga1.jpgoga2.jpgoga3.jpgoga4.jpgoga5.jpgoga6.jpgoga7.jpgoga8.jpgoga9.jpg

高校1年生:SSラボで助手を務めました。

[ カテゴリ:理数キャリア ]

05月

30日

2015

小学生を対象とした「親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015」第1回目の様子です。

ある1つの数字をブラックボックスの左の穴から入れると、右の穴からある1つの数字がでてきます。そこにはいったいどんな規則(指令)があるのでしょう。
まずは、博士と助手が作った指令を参加したみなさんに考えてもらいました。そのあとは、みんなでオリジナルの指令を作り、互いに紹介しました。博士が作ったのよりも複雑な指令を作り出していて、助手をつとめた高校1年生も一緒に頭をひねって考えました。

P1060546.JPGP1060549.JPGP1060557.JPG

前の5件 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19
<