資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

NASAからヒーローがやってきました!

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

12日

2015

元NASA宇宙飛行士であるジョン・マクブライド氏の特別講演を行い、約300名の生徒が参加しました。

ジョン・マクブライド氏は1984年スペースシャトル「チャレンジャー号」のパイロットとして活躍しておられた方です。今回の講演では、宇宙から見た日本や世界の貴重な映像を交えながら、宇宙飛行士としての貴重な体験をお話しをしてくださいました。 英語での講演(通訳あり)でしたが、ジョン・マクブライド氏が何を伝えようとしているか、一言一句聞き逃さないよう生徒は真剣に耳を傾けていました。また、自分が見たことも体験したこともないお話を聞くことができ、とても興奮している様子でした。

質疑応答の時間になると、大勢の生徒が目をきらきらと輝かせて手を挙げていました。「宇宙から地球を見たとき、どのように感じたか」、「なぜ宇宙飛行士を目指そうと思ったか」、「今まで困難に出会ったときどのように乗り越えてきたか」など生徒の質問に対し、丁寧にお答えいただきました。本当に沢山の質問が出ましたが、残念ながら全員の質問に答えることは出来ませんでしたが、科学と英語教育が盛んな本校を訪れ、将来、NASAに勤務する日本人女性を発掘したい...生徒たちの質問の多さに、マクブライドさんも手ごたえを感じたようです。 勉強することの大切さを、周囲に感謝する気持ち、何事にも前向きに取り組む姿勢を教えていただき、大変貴重な経験となりました。

マクブライド氏から文京生へのお願いがありましたので、皆さんお忘れなく。 「文京から火星に行く宇宙飛行士が必ず出ます。そうなるために、私はここに来ました!その時には、必ず火星から私に電話して下さい」

Jon A.McBride氏の経歴

1943年8月14日 チャールストン(ウエスト・バージニア州、アメリカ合衆国)にて生まれる
1960年 ウッドロー高校卒業(ベックリー市、ウエスト・バージニア州)
1964年 ウエスト・バージニア州立大学卒業
1965年 アメリカ海軍航空隊入隊:トムクルーズ主演の映画で有名になった、「TOP GUN(トップガン)」(エリート戦闘機パイロットの上位1%で編成された、空中戦技を訓練する機関)に所属
1971年 ペパーダイン大学大学院(カリフォルニア州)人事管理研究
1979年 NASA宇宙飛行士となる
1984年 チャレンジャー号にて宇宙飛行

_DSC4768.JPG_DSC4809.JPG_DSC4811.JPG_DSC4820.JPGDSC_8697.JPG_DSC4833.JPG

キャリア教育:高校2年生「企業・職業研究」(2)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

11日

2015

キャリア調べ.JPG

前回に続き、本日は、訪問したい企業のクラス内調整表を持ち寄り、学年調整会を実施しました。
本校では訪問に際し、ご協力いただける企業が50社程あり、その中の企業を希望するグループその他の企業を希望するグループがあります。複数のグループが希望している場合は、公平な方法としてじゃんけんを行い、調整します。
クラスを代表して参加しているHR委員は、「緊張する~」「ドキドキする~」などと叫びながら?役割を果たしていました。どこにも決まらなかったグループは再度希望を出し直します。1つの企業に複数のグループが訪問する場合は、訪問日を調整する話し合いを行います。
次のステップは、訪問企業について調べたり、アポイントメントをとって、訪問日時のお約束をします。

運針

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

8日

2015

unshin01.JPGunshin02.JPG先週から始まった、金曜日朝の運針です。高校から入学した生徒の多くはザクザクと針を上下していますが、一貫生の一部は布を動かしてスイスイと縫い進めています。
普段の慌ただしさはどこへやら、金曜日の8:35の各教室には、静謐な空気が漂っています。

(高1学年代表 岡本 記)

高校3年生:第1回 全統マーク模試

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

30日

2015

DSC03801.JPG

本日、高校3年生は今年度第1回目となる「全統マーク模試」を受験しました。春休みを含め、これまでの学習の成果が試されるということもあり、生徒たちは真剣そのもの。休み時間・放課後になると、即座に隣の席の友達と答え合わせを始め、互いに解説し合っている様子が印象的でした。今日の結果は、約1ヵ月後に返却され、受験生本人が次なる課題を発見する鍵になるだけでなく、担任の進路面談や進路支援部の講演会等に活かされることになります。

(広報部 松崎 記)

キャリア教育:高校2年生「企業・職業研究」(1)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

28日

2015

高校2年生は総合的な学習の時間に「企業・職業研究」を実施しています。

この研究は、

進路を決定するに当たり、具体的に社会人になった自分のイメージを膨らませるために、社会における仕事の実態を調べ、その職業につくために学生時代に学ぶべきことを知る
その過程で将来への夢を持ち、建設的な考えを持つ社会人として、自分なりの進路を切り拓こうという構えを育てる

ことを目的にしています。 本日は、各クラスのHR委員を集め、企業・職業研究の訪問先決定に向け以下の説明をしました。

1. グループを決める。
2. 訪問したい企業を3社挙げる。4月2日の講演会で説明があったB to Bのように、日常生活の中で見えない企業を知る機会にして欲しいことも伝えました。
3. 5月8日(土)までに希望企業のクラス内の調整を行う。

HR委員は、自分のクラスでわかりやすく説明をしなければならない責任からか、真剣な面持ちで、取り組む内容の理解に努めていました。自分たちの力で進める活動として、率先して取り組んで欲しいと思っています。

前の5件 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21
<