コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

タイ PCCP 3日目

[ カテゴリ:理数キャリア ]

04月

18日

2015

今日は、PCCP校の生徒と本校生徒の科学・文化的交流の場である「サイエンスフェアー」が開催されました。3部構成で行われ、第1部「サイエンスプロジェクト」は5つの大学から先生方を招き、生徒が希望した講座を受講します。第2部「ポスターセッション」は両校の生徒が日頃から行う課題研究の成果をポスターで発表します。そして、第3部「ウエルカムパーティー&文化交流会」では両国の文化を紹介します。

<第1部>サイエンスプロジェクト
オープニングセレモニーのあとで行われたサイエンスプロジェクトの講座は、ほとんどが英語で行われます。先生方の上手な誘導と興味深いお話や実験に、両校の生徒たちは楽しみながら一生懸命先生方の講義を受けることができました。

1.物理:森川雅博 先生(お茶の水女子大学理学部 教授)「Time in Nature(自然科学における時間)」
2.化学:幅田揚一 先生(東邦大学理学部 教授)、池田茉莉 先生(千葉工業大学 助教)
 「Computer is an amazing flask(コンピュータは不思議なフラスコ)」
3.生理学:澁谷まさと 先生(女子栄養大学栄養学部 教授)
 「Basic experiment on saliva secretion and the circulatory system(唾液分泌、循環系の基本的実験)」
4.建築学:田村雅紀 先生(工学院大学建築学部 准教授)「Introduction of my dear Concrete(コンクリくん)」
5.工学:山西陽子 先生(芝浦工業大学工学部 准教授)
 「Emerging Technology of Micro-scale Medical Engineering (ミクロな世界で活躍する医用工学)」

CC2R0-4VEAA4p8U.jpg20150428-3 (17).JPG20150418-5 (58).JPG20150418-2 (1).JPG20150418-4 (14).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<第2部>「ポスターセッション」
BALStudioで実施されたポスターセッション、今年は「理系女子交流会」も兼ねて実施しており、都立戸山高校や東京成徳大学高校の生徒や留学生など、他校からも大勢の参加者がありました。日頃の課題研究の成果をまとめたポスターは、戸山高校からの発表も含めて全部で25点、ほとんどすべて英語のポスターです。PCCPの生徒と本校の生徒の共同研究のポスターもあります。サイエンスフェアも今回が4回目、英語での発表もだいぶ慣れてきて、堂々と発表していました。参加生徒以外にも、大学の先生方や留学生からもどんどん質問されて、みんな一生懸命答えていました。クロージングセレモニーでは、東邦大学の幅田先生から研究成果に対する評価と研究を続けることの大切さについて、英語でエールをいただきました。

201504180-PS (77).JPG201504180-PS (86).JPG201504180-PS (133).JPGDSC03750.JPG201504180-PS (83).JPGDSC03759.JPG

 

<第3部>「ウエルカムパーティー&文化交流会」
文京からは、お琴の演奏や詩吟、ストリートダンスにタイのポップソングなどを多彩な出し物を披露しました。みんな意外な特技があるんだなと驚かされました。PCCPの生徒もみんなでタイの踊りを披露してくれました。最後は校長先生も一緒にみんなで輪になって踊りました。日本の遊びを紹介するブースでは、習字やけん玉、あやとりに折り紙、輪投げ、射的・・と、童心に返って楽しみました。
明日の日曜日、PCCPの生徒はそれぞれのホストファミリーと週末を過ごします。楽しい休日を過ごしてください。

20150416-Cu (57).JPG20150416-Cu (196).JPG20150416-Cu (183).JPG20150416-Cu (188).JPG20150416-Cu (47).JPG20150416-Cu (138).JPG20150416-Cu (30).JPG20150416-Cu (50).JPG20150416-Cu (230).JPG

タイ PCCP 2日目

[ カテゴリ:理数キャリア ]

04月

17日

2015

DSC00069.JPG

本日は、午前中に日本科学未来館を訪問して見学しました。午後は学校へ戻り、日本文化体験で着物の着付けを行いました。PCCPの生徒に本校生徒が一人ずつバディとしてついて、一緒に行動します。

天気もよく、未来館の前にはチューリップがきれいに咲いていました。

ロボット科学や情報科学、生命から宇宙といった常設展の展示や、デジタル技術とアートの未来を体験できる企画展など、科学への好奇心を沸き立たせる展示の見学や体験をすることができました。
 

DSC00104.JPGDSC00082.JPGIMG_1848.JPG

 

DSC00149.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

学校へ戻り、カフェテリアでランチをとったあとは着物の着付け体験です。女性は振袖、男性は袴を着付けの先生に着させていただきいました。着替えたあとには全員で記念写真を撮りました。みんなとても似合ってますよ。
あすは、いよいよサイエンスフェアです。

タイ PCCP来校

[ カテゴリ:理数キャリア ]

04月

16日

2015

DSC03683.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

本校と教育連携を結んでいる、タイ王国プリンセス・チュラポーン・カレッジ(サイエンスハイスクール)ペッチャブリ(PCCP)から生徒10名、教員4名が来校しました。PCCPのメンバーは、4月16日(木)から4月21日(火)まで本校に滞在します。期間中行われる科学・文化交流の場である「サイエンスフェアー」への参加、工学院大学での共同実験、日本科学未来館やJAXAの訪問、六義園・浅草観光など、様々なプログラムに本校の生徒と活動を共にします。2年前に始まったこの科学交流プログラムの実施は、タイのPCCPと日本の本校で2回ずつとなりました。

201504160667.JPG

高校2年理数クラスの生徒が参加しての歓迎セレモニーのあと、PCCP校の生徒は高校1年理数キャリアコースの生徒の授業に参加して、一緒に化学実験を行いました。PCCP校の生徒は高校2年生に相当する学年なので、実験中にはPCCP校の生徒が精力的に英語での指導を本校の生徒に対して行う姿も見られました。本校生徒も英語を用いて積極的にPCCP校の生徒とコミュニケーションを取ろうとしていました。

体育館でゲームをしたり、カフェテリアで一緒にランチをとるうちに、両校の生徒たちは早くもすっかり打ち解けた様子。午後は、ホールで「ピンポンフォール大会」。ピンポン玉をいかに長い時間転がしていられるか、みんなで知恵を絞って競い合います。サイエンスフェアにむけたアイスブレーキングは、これでバッチリです。

201504160768.JPG201504160792.JPGCIMG3319.JPG

English Chat Loungeがスタート。

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

16日

2015

1429170099930.jpg昼休みに行われる、ネイティブスピーカーによる"English Chat Lounge"がスタートしました。ネイティブスピーカーと英語で楽しく会話をする機会を作り、生徒にたくさん英語に触れてもらうことを目的としています。担当はレイチェル先生です。今日は高校1年生桜組(国際教養コース)の生徒が参加し、洋楽や好きな歌手などの話題を中心に会話が弾んでいたました。
このLoungeには、コースやクラスに関係なく、誰でも参加することができ、肩の力を抜いて、英語に触れることができます。

高校2・3年生:朝の英語テスト

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

15日

2015

今日から高校2・3年生の朝の英語テストが始まりました。7分間があっという間に感じられるほど、みな集中して解いていました。試験後、模範解答を掲示すると、「できたー!」「ああ…」「再試だ…」などリアクションは様々。
次回のテストは1週間後。今日の経験を活かし、工夫して対策をしてほしいと思います。

DSC03619.JPG高2ネクステ②.JPGDSC03618.JPG

前の5件 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23
資料請求