コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

「小論文講演会」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

6日

2015

Spring Seminarが続いています。前回お知らせしたように、午前中は4コマの授業が行われていますが、このSeminarは午後も続きます。午後は、授業ではなく、受験方式ごとに専門家をお招きして、具体的なアドバイスをしていただく講演会を開催しています。本日は、本校の特別講座として小論文指導、推薦受験指導(AO入試を含む)を担当していただいてる、東進ハイスクール講師の大槻 岳 先生に、小論文に関するお話をいただきました。

本校の課外講座には、本校教員が担当する「通年講座」「直前講座」に加え、外部講師が担当する講座が準備されています。このうち、英語に関しては、河合塾講師の柴田 卓也 先生が本校で教鞭をとってくださっていますが、小論文に関しては、大槻 先生と他スタッフが講座、小論文や志望理由書の添削指導を担当してくださっています。現役塾講師による決め細やかな小論文指導が、校内で受けられるということで、毎年好評を博している講座です。添削指導は、繰り返し繰り返し行われることが必要かつ効果的であるため、放課後、自分の教室で、プロフェッショナルなスタッフの指導が受けられるメリットは極めて大きいものです。

本日は、豊富なご経験から、受験“0期生”として、この時期に何を考え、何を読み、何をすればいいのかを、熱く語ってくださいました。AO入試を始め、推薦受験は一般入試に比べて早い時期に始まります。参加した生徒たちは、先生のお話に耳を傾けつつ、必死にメモをとっていました。

DSC02679.JPGDSC03117.JPGDSC03114.JPG

高校2年生(英語クラス以外対象):Spring Seminar

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

3日

2015

修学旅行が終わり、いよいよ高校2年生は受験“0期生”となりました。先日の、英語クラス対象のSpring Seminarに続き、本日からSpeing Seminar(英語クラス以外対象)が始まりました。文系(世界史選択者・日本史選択者別)と理系(準理系を含む)に分かれ、4日間(1日4コマ)の集中講座が行われます。普段のクラスの枠を越え、目標別・レベル別に編成されたクラスの授業は、真剣そのもの。生徒たちは、修学旅行の楽しい雰囲気から一転、“0期生”らしい姿勢で講座に臨んでいます。なかには、先日Spring Seminarが終了したにも関わらず、志願して再び受講する英語クラスの生徒(17名)の姿もありました。担当する総勢25名の教員も、生徒の期待に応えるべく、熱のこもった授業を展開しています。第2学年は、個々人はもちろん、学年全体が進路目標達成に向けて本格始動しています。

DSC02641.JPGDSC02645.JPGDSC02653.JPGDSC02664.JPGDSC02656.JPGDSC02662.JPG

時間割】 *クラスは、文系・理系以外に、進路目標別・レベル別に編成されています。

    文系ⅠA 文系ⅠB 文系ⅠC 文系ⅡA 文系ⅡB 文系ⅡC 文系ⅡD 文系ⅡE    理系Ⅰ 理系ⅡA 理系ⅡB
3/3 世界史1 世界史1 日本史1 英語1 英語1 英語1 英語1 英語1 数学ⅠB1 数学ⅠA1 生物1
世界史2 世界史2 日本史2 英語2 英語2 英語2 英語2 英語2 数学ⅠB2 数学ⅠA2 生物2
古文1 古文1 古文1 日本史1 日本史1 日本史1 世界史1 世界史1 英語1 生物1 現代文1
古文2 古文2 古文2 日本史2 日本史2 日本史2 世界史2 世界史2 英語2 生物2 現代文2
3/5 世界史3 世界史3 日本史3 英語3 英語3 英語3 古文1 古文1 数学ⅠB3 数学ⅠA3 生物3
世界史4 世界史4 日本史4 英語4 英語4 英語4 古文2 古文2 数学ⅠB4 数学ⅠA4 生物4
英語1 英語1 英語1 古文1 古文1 古文1 世界史3 世界史3 生 / 化 / 物1 英語1 英語1
英語2 英語2 英語2 古文2 古文2 古文2 世界史4 世界史4 生 / 化 / 物2 英語2 英語2
3/6 古文3 古文3 英語3 英語5 英語5 英語5 英語3 英語3 生 / 化 / 物3 生物3 現代文3
古文4 古文4 古文3 英語6 英語6 英語6 英語4 英語4 生 / 化 / 物4 生物4 現代文4
英語3 英語3 英語4 日本史3 日本史3 日本史3 古文3 古文3 数学ⅠB5 数学ⅠA5 生物5
英語4 英語4 英語5 日本史4 日本史4 日本史4 古文4 古文4 数学ⅠB6 数学ⅠA6 生物6
3/9 世界史5 世界史5 日本史5 古文3 古文3 古文3 英語5 英語5 英語3 生物5 現代文5
世界史6 世界史6 日本史6 古文4 古文4 古文4 英語6 英語6 英語4 生物6 現代文6
古文5 古文5 古文4 日本史5 日本史5 日本史5 世界史5 世界史5 生 / 化 / 物5 英語3 英語3
古文6 古文6 古文5 日本史6 日本史6 日本史6 世界史6 世界史6 生 / 化 / 物6 英語4 英語4

 

英検2次試験対策を行いました。

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

21日

2015

DSC02587.JPG

昨日から始まった英語クラス対象のSpring Seminarは、本日で2日目です。本日も英語、古典を合わせて4コマの授業がありましたが、生徒たちは昨日に引き続き集中力を切らすことなく、授業に参加していました。
さぞかし疲れているだろうと思われましたが、明日は今年度最後の英検2次試験(面接試験)の日ということもあり、希望者を募って面接対策講座を行いました。今年度中にクラス全員が2級を取得することを昨年度からの継続目標としているだけに、参加した生徒たちにとっては背水の陣。面接突破のテクニックや注意すべき項目を真剣にメモしたり、実践したりしていました。

「多読」:生徒による「おすすめコーナー」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

13日

2015

本校では、英語の時間に、週に1度「多読」を行っています。普段は「多読の部屋」と呼ばれる英語の本に埋もれた教室で実施していますが、図書室にも洋書がたくさんあります。授業中だけでなく、借りて好きな時に読むこともでき、「ちょっとかっこいい」から電車の中で英語の本を読んでいるという生徒もいます。
 今日は図書室での多読授業です。図書室には今、「洋書おすすめコーナー」があります。生徒が好きな本を紹介するカードを書き、その中の優秀作品を本と一緒に展示しています。どのカードもとても上手で、うまく工夫してあり、生徒の本に対する愛情も伝わってきます。人気投票も実施中で甲乙つけがたい作品が並ぶ中、誰の作品が入賞するのか楽しみです。
また、今日は本校の多読支援をして下さっているNPO多言語多読の酒井 邦秀 先生も来て下さりました。生徒からの多読についての質問におもしろおかしく答えて下さり、生徒も真剣に耳を傾けていました。

DSC02552.JPGDSC02554.JPGDSC02562.JPGDSC02556.JPGDSC02557.JPGDSC02558.JPGDSC02559.JPGDSC02567.JPGDSC02564.JPG

柴田 卓也先生による『英語Top Level講座』

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

7日

2015

本校では、受験生対象の「進学講座」「直前講座」を数多く設定し、授業外でも受験対策を行っています。そのなかでも、毎年多くの受験生が受講しているのが『英語Top Level講座』です。
この講座の講師は、現役河合塾講師の柴田 卓也 先生です。東進ハイスクール、そして河合塾という大手予備校で教鞭をとり、多くの受験生を難関大学・志望大学へ導いていらっしゃるだけでなく、多くの参考書・問題集の著者でもあります。柴田先生が本校で講座を担当されるようになって10数年。授業のレベルや教材の豊富さはもちろんですが、受講生を飽きさせない話題と話術、そして個別の質問や添削などに親身になって応対してくださる人柄から、難関大学へ進学する生徒の多くが柴田先生の講座を受講してきました。本日は、3月から始まる現高校2年生対象講座の模擬授業をしていただきました。スピーディかつ的確な解説を聞き、生徒たちは「いよいよ受験が始まったんだ」という実感をもったようです。
講座への申し込みは来週から始まります。

R0251449.JPG     DSC02451.JPG     DSC02448.JPG

前の5件 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
資料請求