資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校2年生:河合塾「全統マーク模試」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

5日

2015

中学1・2年生と高校2年生は実力テストを受験しました。加えて、午後には中学1・2年生を対象に、英語力を総合的に測定する「GTEC(ベネッセコーポーレーション)」も実施されました。本校での英語学習効果が測られると同時に、今後の大切な資料となります。そのことを理解している中学生たちは、必死に問題に取り組んでいました。また、高校2年生が受験した「全統マーク高2模試(河合塾)」は、受験本番に向けて重要な志望校判定が行われること、そして今後の学習課題をあぶりだせることから、生徒が全力で受験するのはもちろん、教員側も様々な方法で応援してきました(冬休みや放課後に講習を実施した科目もありました)。昼休みに入ると、該当する参考書のページを確認してみたり、「先生が言っていた方法を試してみた!」「問6(の答え)は...だよね?」など、お弁当を食べながら反省会が始まっていました。

どちらも今後の学習の成果と現在の課題を見出し、今後の学習につなげる大切な機会となりました。結果が出るのは約1ヵ月後です。

R0251433.JPGR0251438.JPGR0251445.JPGR0251442.JPGR0251444.JPGR0251443.JPG

"Christmas Camp"

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

24日

2014

街はクリスマス一色ですが、教室では高校2年生の希望者が英語、国語(古文)、日本史・世界史の講座で勉強中です(12月24~26日午前中)。1月18日の「センターチャレンジ(センター試験同日に行われる試験)」ならびに2月5日の河合塾マーク模試に向けたセンターレベルの講座です。より専門的な解法を扱っています。本番は再来年ですが、高校2年生の段階で目標とする大学に求められる得点率をクリアすることが目標です。特別講座ならではの緊張感と充実感が得られる3日間です。無料講座であることを気遣ってか、講座終了後に教員に手作りのクッキーやチョコレートを振舞ってくれる生徒も。これもクリスマス講座ならでは、でしょうか。クリスマスにも関わらず頑張った皆さんの努力は、必ず実ると信じています。体調に気をつけつつ、充実した冬休みを送ってください。

DSC02345.JPG     DSC02356.JPG     DSC02357.JPG

DSC02361.JPG     DSC02358.JPG     DSC02346.JPG

「大学生トークイベント」:高校1・2年生対象

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

15日

2014

進学棟内BAL Studioにおいて、高校1年生と2年生を対象に、「大学生トークイベント」を開催しました(16:00~18:30)。これは進路支援部(旧進路指導部)が主催し、毎年開催しているものです。例年以上に参加希望者が多く、一時はBAL Studioに収まりきらないのではと心配されるほどでした。
今回は日本女子大学、法政大学(2名)、早稲田大学から現役の大学生にお越しいただき、主に受験期のお話をしていただきました。ご自身が使われていた教材や勉強法について、具体的なお話が多く、参加した約120名の生徒は熱心にメモをとっていました。やはり、歳の近い先輩の話にはリアリティーがあり、今後の自分の姿に重ねやすいものです。
第2部では、現在抱える悩みや疑問について、個別に質疑応答をさせていただきました。受験まで約1年となった高校2年生が、最後まで熱心に質問している姿が印象的でした。
本校では、進路支援部を中心に、こうしたイベントを定期的に行い、学力の向上以外にも、進学に対する動機付け、疑問解決などに役立てています。

20141215大学生talk (2).JPG     20141215大学生talk (4).JPG     20141215大学生talk (6).JPG

20141215大学生talk (5).JPG     20141215大学生talk (8).JPG     20141215大学生talk (1).JPG

タイ派遣生徒 事前プログラム(1回目)

[ カテゴリ:理数キャリア ]

11月

8日

2014

来年1月にタイに派遣する生徒の事前プログラムの1回目を行いました。本日は、各自の今現在の研究内容と研究経過を発表しました。派遣生徒の一体感を高めるとともに、情報の共有を行い各自の研究のヒントを掴むことが今回の目的です。

DSC02020.JPG     DSC02018.JPG     DSC02027.JPG

タイ派遣生徒対象 説明会

[ カテゴリ:理数キャリア ]

11月

1日

2014

来年の1月5日~10日の期間で、理数クラス2年生の生徒の選抜者は教育提携を結んでいるタイ王国のプリンセス・チュラボーン・カレッジ・ペッチャブリー校に短期派遣します。『両校生徒の科学的分野における研究成果を発表しあい、理数教育および発表技術の向上を目指すこと』、『文化的交流を行い、親交を深めて、国際的な共生の精神を涵養すること』を目的にしています。今年の1月の派遣、4月の派遣受入を経て、2回目の派遣となります。
今日は派遣に関するプログラムの説明を行いました。派遣生徒は、これから始まるプログラムに向けて、真剣な面持ちでメモを取っていました。
プログラムは来週から開始します。

DSC02002.JPG     DSC01997.JPG     DSC01998.JPG

前の5件 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
<