コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 
「科学探究のスキルを高める」

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。

高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 
「国際的コミュニケーション能力の向上」

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

高校3年次

 
「進路実現と国際的研究者の育成」

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。

本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。

本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。

「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

タイ派遣生徒対象 説明会

[ カテゴリ:理数キャリア ]

11月

1日

2014

来年の1月5日~10日の期間で、理数クラス2年生の生徒の選抜者は教育提携を結んでいるタイ王国のプリンセス・チュラボーン・カレッジ・ペッチャブリー校に短期派遣します。『両校生徒の科学的分野における研究成果を発表しあい、理数教育および発表技術の向上を目指すこと』、『文化的交流を行い、親交を深めて、国際的な共生の精神を涵養すること』を目的にしています。今年の1月の派遣、4月の派遣受入を経て、2回目の派遣となります。
今日は派遣に関するプログラムの説明を行いました。派遣生徒は、これから始まるプログラムに向けて、真剣な面持ちでメモを取っていました。
プログラムは来週から開始します。

DSC02002.JPG     DSC01997.JPG     DSC01998.JPG

スピーチコンテスト 第2次予選

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

10月

29日

2014

11月19日(水)に迫った第42回「Speech Contest」の第2次予選会が行われました。本校のSpeech Contestは、「レシテーション部門」「スピーチ部門」「海外帰国生スピーチ部門」からなり、毎年ハイレベルなスピーチが披露されます。今年は、創立90周年であることから、スピーチだけでなく、より多様な方法で思いを伝えられるよう「プレゼンテーション部門」を新設しました。この部門に出場する生徒は、映像やダンス、ポスター発表など、それぞれが得意とする方法でのプレゼンテーションを予定しています。
本日は、全1年生が参加した「暗唱部門」のクラス代表者、そして夏休みに書き上げたスピーチ原稿によって選抜された「スピーチ部門」の選抜者が、第2次予選に臨みました。この結果、本選出場者(「暗唱部門」5名、「スピーチ部門」3名)が決定しました。この8名に「海外帰国生スピーチ部門」と「プレゼンテーション部門」の出場者を加えて本選が行われます。
本選は11月19日の13:30から行われます。受験生や受験生の保護者の方もご観覧いただけますので、ご希望の方は03-3946-5301(広報部:松崎)までお問合せください。

DSC01964.JPG     DSC01966.JPG     DSC01962.JPG

『理系女子フェア2014×講談社Rikejo』に参加

[ カテゴリ:理数キャリア ]

10月

25日

2014

10月25日(土)に講談社で行われた『理系女子フェア2014×講談社Rikejo』にポスター発表という形で参加しました。
会場にいらしていた大学の先生、リケジョの先輩・後輩のみなさんにポスター発表を行い、高い評価を受けました。また様々なアドバイスも頂き、今後の研究に生かしていこうという活力を得ました。

PA250510.JPG     PA250515.JPG     PA250516.JPG

「新生、文京学院シンポジウム」:Advanced Science/理数キャリア

[ カテゴリ:理数キャリア ]

10月

20日

2014

第1部 基調講演「理数女子の将来性と展望」では、信州大学全学教育機構長で工学博士の村上好成教授に、大学教育における教養教育の流れや、現在の大学が抱える様々な課題に精力的に取り組まれている教育改革について、お話しいただきました。理系女子の研究者である奥様との子育てのエピソードも交えながら、これまでは困難も多かった理工系女性研究者を取り巻く環境が、ここ数年大きく注目度があがって、今まさに急に明るく開けてきているのだという先生の言葉が印象に残りました。

第2部 パネルディスカッション「理系女子の活躍を支える学校教育~文京学院のSSHがめざすところ~」では、SSHの立ち上げから実際の指導に深く関わっていただいている併設大学保健医療技術学部の樋口桂准教授に、本校のSSH指導教員2名、そして村上先生にもパネリストとして加わっていただき、本校のSSH活動について語っていただきました。SSH指定から3年目のこれまでの活動を通して、大きく成長してきた生徒たちの様子を紹介しながら、将来の女性サイエンティストの活躍に大いに期待したくなる、そんな語らいの場となりました。

DSC01894.JPG     DSC01898.JPG     DSC01921.JPG

DSC01932.JPG     DSC01945.JPG     DSC01942.JPG

理数クラス:「SSプレカレッジ」(学校設定科目)の様子

[ カテゴリ:理数キャリア ]

10月

3日

2014

2年理数クラスの「SSプレカレッジ」の様子です。これは、スーパーサイエンスハイスクールならではノウハウや設備を生かした授業のひとつです。今日は、ブタの眼球を解剖し、網膜や水晶体などを実際に自分たちの手で取り出しました。教科書などの挿絵で見るのと、実際に触れ、自分の目でみるのとでは、印象が大きく異なったようです。解剖の途中、ある生徒から「これこそ理数クラスの醍醐味だよね」という声が聞こえてきました。さすがは“リケジョ”の卵たち。まったく臆することなく眼球を観察する姿は、頼もしくさえ見えました。

DSC01851.JPG     DSC01837.JPG     DSC01835.JPG

DSC01847.JPG     DSC01843.JPG     DSC01842.JPG

前の5件 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
資料請求