資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

理数キャリアコース:「Online Science Fair 2020」コマ大会

[ カテゴリ:理数キャリア ]

02月

13日

2021

20210214thai1.jpg20210214thai2.jpg

日本の伝統文化でもある正月のコマ回しを科学技術を加えて再現するこの大会は、折り紙で作るコマを基本に、素材には千代紙模様の折り紙を使い、作成者独自の理論構築から生まれたコマを30分限定で製作、その後に回転持続時間を競う競技形式で運営する「コマ大会」です。このプロジェクトに参加したのは、本校理数キャリアコースの高校2年生とプリンセスチュラポーン科学高校(PCSH-P)の13名の選抜生徒です。
このコマ大会に合わせて本校の椎名教諭による「コマの基本原理講座」も開講されました。

20210214thai4.jpg

理数キャリアコース:「Online Science Fair 2020」研究発表

[ カテゴリ:理数キャリア ]

02月

13日

2021

「Online Science Fair 2020」の期間中、生徒の研究発表が続いています。

発表には「パワーポイント」でのスライドショーに、生徒が実際に発表している映像を組み込む形式をとっています。
タイ王国プリンセスチュラポーン科学高校(PCSHS-P)との科学交流に向け、高校2年生の理数キャリアコースから生徒5名が選抜され、11月より準備が行われてきました。ネイティブスピーカーの先生から原稿作成や発表構成に助言をいただきながら、2ヶ月間の発表準備を終え、直前には発音、発表への指導が行われました。新型コロナウイルスの感染対策を余儀なくされ、研究が思い通りに進まないなか、5名の生徒がそれぞれの力を最大限に発揮することができました。英語での発表では、普段の会話ではなかなか使用しない専門的な単語の発音に初めは苦労をしましたが、何度も何度も繰り返し練習するうちに自信をつけ、流暢な表現に変わっていきました。発表練習を繰り返すうちに、生徒自身が研究を深く理解していく様子が見られるのも、この取り組みにおける特徴のひとつです。

完成した動画は限定公開でYouTubeにアップロードされ、両校の間で公開されています。PCSHS-Pの代表生徒13名も同様に発表動画を公開し、両校の高いレベルでの研究交流がコロナ渦で行えたことには大きな意義がありました。現在はYouTubeのコメント機能を利用し、お互いの研究へ生徒同士がコメントや質問のやりとりが行われています。

実際に顔を合わせる日はまだいつになるか不明瞭ですが、国境を越えた科学交流が確かにここには繰り広げられています。

20210212_thai1 (2).png20210212_thai1 (1).png20210212_thai1 (3).png

理数キャリアコース:「Online Science Fair 2020」開会式

[ カテゴリ:理数キャリア ]

02月

13日

2021

20210127thai3.jpg20210127thai2.jpg

本校では毎年4月にタイ王国プリンセスチュラポーン科学高校(PCSHS-P)の生徒・教員を招いて「Science Fair」を実施しています。
今年度はコロナ渦で日本に招待することができないため、「Online Sciece Fair 2020」と題し、特設WEBページ内での動画を利用した科学交流・文化交流や、「MEET」を利用したバディ交流を行います。

去る1月27日の開会式では「MEET」で両校とタイ生徒の自宅をつなぎ、両校長の挨拶、参加する生徒・教員の紹介、学校紹介等を行いました。タイと日本の共通言語として全て英語で交流を行いました。短い時間ではありましたが、バディとして活動するお互いの顔を見ることができる貴重な機会となりました。
開会式を経て、今後の活動がさらに楽しみになりました。

高校2年生:理数キャリアコース 英語でのプレゼンテーション

[ カテゴリ:理数キャリア ]

10月

7日

2020

理数キャリアコースの生徒たちは、普段から研究結果をプレゼンテーションする機会が多々あります。本日は、「コミュニケーション英語Ⅱ」の授業で、「深海生物」について英語で紹介するというテーマでプレゼンテーションが行われました。
慣れ親しんだ「問題発見」「仮説」「実験」「考察」といった研究発表のフローとは異なり、より自由な形式で様々な深海生物が紹介されました。oarfish(リュウグウノツカイ)、goblin shark(ミツクリザメ)、black swallower(オニボウズギス)など、興味深くも少しグロテスクな生き物について、スライド資料と動画を交えた紹介がされると、意外にも他の生徒たちからは「かわいい」という声が。さすが理数キャリアの生徒といった反応でした。
興味・関心の近い友人たちが同じクラスに集まっていると、自身の研究や学習にも拍車が掛かります。

20201005 (27).JPG20201007 (4).JPG20201005 (24).JPG

高校2年生:「マリンチャレンジプログラム2020 関東大会」

[ カテゴリ:理数キャリア ]

09月

5日

2020

マリンチャレンジプログラム2020 関東大会 〜海と日本PROJECT〜 理数キャリアコース高校2年生4名が、ポスター交流チームとして、「マリンチャレンジ2020 関東大会」(主催:公益財団法人日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス)に参加しました。
昨年度から探究活動として行ってきたクラゲの飼育や、養殖の稚魚の餌として用いられているアルテミアを飼育し、より良い飼育環境を発見する研究を行っています。発表タイトルは「アルテミアを長生きさせるには」です。4名は毎日、塩分や酸素濃度、水温を測定し、アルテミアを顕微鏡で観察し続けました。自身の発表および他校の発表は「Zoom」を通して行われました。指導教員の見守るなか、発表当日までのスライド作成や発表練習での頑張りが報われ、発表は落ち着いて行うことができました。

「マリンチャレンジプログラム」についての詳細はこちらをご覧ください。

20200905 (7).JPG20200905 (5).JPG20200905 (11).JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
<