資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

「人類働態学会地方会」にて優秀発表賞を受賞しました。

[ カテゴリ:理数キャリア ]

12月

20日

2015

外反母趾研究をしている生徒たちが、横浜で行われた「人類働態学会地方会」で「高校生女子における外反母趾について」、口頭発表を行いました。その結果、「優秀発表賞」をいただきました。大人の人たちの学会だったため緊張しましたが、高校生が発表したことはとても新鮮であり、興味を持っていただけたように思います。質疑応答では、質問や今後のアドバイスもたくさんいただいたので、生徒たちはとても励みになったようです。

20151220_153647.jpg     20151220_154011.jpg     20151220_164226_HDR.jpg

高校2年生:タイへ向けてのリハーサル

[ カテゴリ:理数キャリア ]

12月

19日

2015

2年理数クラスから選ばれた12名は、12月19日からタイへ向かいます。本校と教育交流をしているタイ王国プリンセス・チュラポーン・サイエンス・ハイスクールを訪問するためです。各自がこれまで研究してきたテーマについて、現地でプレゼンテーションを行います。もちろん発表は英語で行われます。
今日は、指導担当者や校長たちを前に、本番さながらの緊張感のある雰囲気のなか、リハーサルを行いました。まだまだ流暢とは言えないものの、かなり高度な英語を使いこなし、素晴らしいプレゼンテーションが続きました。プレゼンテーション後は、教員と、同席した生徒たちから様々な質問が投げかけられ、それに対しても英語で対応していきます。同時に、英語担当の教員からは詳細な発音上のチェックも入ります。理数分野について学びつつ、高度な英語運用能力を養う、理数クラス(理数キャリアコース)らしい取り組みだと言えます。

(広報部 松崎 記)

20151218thai (2).JPG20151218thai (10).JPG20151218thai (12).JPG20151218thai (21).JPG20151218thai (25).JPG20151218thai (28).JPG

SSH・SGH研究成果報告会

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

12日

2015

本校は、SSH(Super Science High school)およびSGH(Super Global High school)アソシエイトに指定されています。本日は、その「研究成果発表会」が行われました。
関係各所からご来賓をお招きし、「公開授業」として通常の授業を見学していただきました。公開授業は3時間目と4時間目に設定され、「学際科学・SS数理演習(高校1年 理数キャリアコース)」「SSプレカレッジⅠ(高校2年 理数クラス)」「SSコミュニケーション(高校2年 理数クラス)」「数学Ⅰ(高校1年 国際教養コース)」「古典B(高校2年 文理クラス)」「中学総合学習(中学1年 全クラス):ファンデーションプログラム」「中学総合学習(中学2年 アドバンストサイエンスコース):探求の技法」の授業を見学していただきました。
午後は会場をBAL Studioに移し、「SSH・SGH課題研究ポスター発表会」を行いました。ここでは、タイ・プリンセスチュラボーン高校との国際科学口中「T-JSSF2015」で発表予定の研究成果をはじめとして、「SSH学校設定科目(学際科学・SS数理演習・グローバル環境科学)」および「SGH学校設定科目(探求の技法・探求の根源)」における取り組みや研究成果の発表、「SSクラブ(課外活動)」での課題研究(個人・グループ)の成果発表等が行われました。これまで行ってきたグループや個人による研究をまとめたポスターが所狭しと並べられ、各ポスターの前では担当者がプレゼンテーションを行います。ご来賓や、他のコースの生徒、他のグループ生徒が熱心にそのプレゼンテーションに耳を傾け、その後質疑応答が行われました。想定外の質問なども投げかけられ、慌てる生徒もいましたが、そうした対応を含めて、素晴らしいプレゼンテーションが披露されていました。

7dede8c312a754671d3f07b7cc5cabda938f7737.JPG05b13c510a527a412b817d4ad9054be8e472de12.JPG2be02f75eca3538ddd956ec3eaee54735221b943.JPG

口頭発表を担当した生徒もいます。理数クラスの高校2年生と、理数キャリアコースの高校1年生です。大勢の人たちの前で行う英語でのプレゼンテーション(資料も英語で制作)ということもあり、準備も大変だったと思われますが、その甲斐あってか、内容・発表ともに素晴らしいプレゼンテーションでした。特に印象的だったのは、2番目に発表した高校1年生。プレゼンテーション後の英語による質疑応答で、思ったように答えられなかったのか、解散後、BAL Studioの片隅で涙が溢れてきてしまいました。すぐに同じクラスの生徒と担当教員が駆け寄り、肩を叩いたり、ハグしたりと、絆の強さを感じる場面でした。同時に、悔しい思いをしたことと思いますが、今回の経験が、今後彼女の人生における様々な場面で役に立つことでしょう。こうした嬉しい「経験」、悔しい「経験」を通して学んでいくことが、本校での学びの特徴のひとつだと言えます。

(広報部 松崎 記)

3061b1553a69b5f4f1f2e426637a2f94e1da82a1.JPG80c84a5e181dd5e20e3e8ce3900e5e147aef2315.JPG68e751483f34a46da70ac8c24519cfd06e2da1cf.JPG

平成27年度 SSH・SGH研究成果発表会 ポスター発表のタイトル

学年 クラス/コース ポスタータイトル
1 理数キャリアコース 「円周率πについて探る」
1 理数キャリアコース 「イカから光のもとをとりだそう!」
1 理数キャリアコース 「コメのとぎ汁の参加防止効果」
1 理数キャリアコース 「音の振動数が植物の成長に与える影響」
1 理数キャリアコース 「イヤホンと外部スピーカーで音楽を聞くことが暗記学習に与える影響」
1 理数キャリアコース 「植物の再生」
1 理数キャリアコース 「クロロゲン酸の緑化現象を利用したお米への着色」
1 理数キャリアコース 「梅干しの殺菌効果」
1 理数キャリアコース 「シャボン玉の割れる時間」
2 理数クラス 「Flame Emission Spectrometry of Two Metal Compounds」
2 理数クラス 「Pregelatinization Increase GABA in Japanese and Thai Rice」
2 理数クラス 「Deodrant Effect of Coffee Beans」
2 理数クラス 「The Relationship between Posture and Concentration」
2 理数クラス 「Hallux Valgus Incidence Rate and Age-related Differences among Young Women」
2 理数クラス 「Change in Body Color of Marble Crayfish Fed Caroten」
2 理数クラス 「Late-Planted Rice - An Analysis of Growth and Nutrition」
2 理数クラス 「The Greening Progression of Garlic Soaked in Vinegar」
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究①:根の重量比較」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究②:1穂の米数」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究③:草丈の比較」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究④:葉色の比較」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究⑤:米の重量比較」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究⑥:米の栄養素検査」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「水溶液の違いによる蒸発量の変化」
1 理数キャリアコース 「光と色の関係性」
1 理数キャリアコース 「接触する物質の違いによる蒸発量の変化」
1 理数キャリアコース 「布の違いによる乾く速さの変化」
1 理数キャリアコース 「水とアルコールの乾く速さ」
1 理数キャリアコース 「水の色による蒸発量の違い」
1 理数キャリアコース 「LEDライトの色による水の蒸発量の違い」
1 理数キャリアコース 「植物性繊維タオルの乾きやすさ」
1 理数キャリアコース 「干し方による乾き方の違い」
1 理数キャリアコース 「温度と蒸発量」
1 理数キャリアコース 「タオルの質による乾き方の違い」
1 理数キャリアコース 「濡れたタオルを加圧して乾かす」
1 理数キャリアコース 「水が空気に触れる表面積の変化」
1 理数キャリアコース 「タオルの色によって変化する乾き方の変化」
1 理数キャリアコース 「塩分濃度によるタオルの乾く速さの違い」
1 理数キャリアコース 「水の状態とタオルの乾き方の違いについて」
1 理数キャリアコース 「減圧による蒸発量の変化」
1 理数キャリアコース 「タオルの位置と新聞紙の関係」
1 理数キャリアコース 「グローバル環境科学:小笠原研修旅行報告」 (7グループ)
1 国際教養コース 「世界と日本の給食の違い」
1 国際教養コース 「国々の学力の差」
1 国際教養コース 「日本食が外国で人気な理由」
1 国際教養コース 「Immigrant」
1 国際教養コース 「近代化した社会」
1 国際教養コース 「世界の食事のマナー」
1 国際教養コース 「世界の死刑について考えてみよう」

 

高校1年生:GTEC Speaking Testを初体験

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

5日

2015

高校1、2年生は昨日で第2回目の後期中間考査が終了しましたが、本日はベネッセコーポレーション「GTEC for STUDENTS」を受験しました。このテストは、Reading、Writing、Listeningだけでなく、Speakingを含め英語の4技能を測定することができます。
高校1年生にとっては、今回初めてのSpeaking Testとなりました。普段の英語会話の授業や英検などの面接試験とは異なり、タブレットから出る音声指示に対して自分の解答を録音していく方式であるため、全員が一斉に同じ試験を受験することができます。生徒たちは、初めてのタブレット受験に四苦八苦しながらも、頑張って受験していました。
結果が返却されるのは約1ヶ月後。普段の授業や、国際塾の授業の成果が発揮されていることと思います。

(高1学年担任 坂井 記)

bd4005c2610c17d35d2d5a0e53d39fdfe1c22562.JPGf5877725fc942f9cb6688b874cd26c7c80979be2.JPGgtec speaking with ear phone.JPG

後期中間考査②(期末考査)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

2日

2015

後期中間考査②および後期期末考査が始まりました。高校1年生と高校2年生にとっては、後期2回目となる中間考査で、高校3年生にとっては高校生活最後の定期考査になります(高校1・2年生は2月に期末考査を実施)。考査は4日まで実施され、1日2~3教科を受験します。

(広報部 松崎 記)

20151202test (1).JPG20151202test (2).JPG20151202test (3).JPG

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
<