資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

第43回 Speech Contest

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

11月

18日

2015

第43回「Speech Contest」の様子です。
この大会が始まって早43年。本校のSpeech Contestは、Recitation PartとSpeech Partから成り、毎年素晴らしいスピーチと暗唱が披露されています。
生徒会長による英語での開会宣言に続き、Recitation Partが始まります。Recitation Partは、高校1年生を対象とするもので、クラス代表を決め、更にその代表から本選出場者を決定します。狭き門をくぐり抜けてきたこともあり、出場者は全員高いレベルで暗唱を披露しました。続いて行われるSpeech Partは、更にGroup AとGroup Bに分かれており、Group Bは海外帰国生が出場する部門となっています。いずれも、自ら書き上げたスピーチを披露します。今年度のスピーチタイトルは、『Children Who Can't Go to School』『The Great Attitude in Japan』『Because I am a Girl』『Poverty in Bali』『Club Activities in Japan』など、社会的な問題から、個人的な内容まで、かなり多岐に渡るものになりました。
更に、創立90年を記念して、昨年度から始まったPresentation Partも行われました。昨年度は、理数クラスのミドリムシについてのプレゼンテーションをはじめ、スターバックスの歴史、Hip Hopダンスの歴史など、個性溢れる内容でした。今年度は、夏季休暇中に行われた「St.Benedict English Intensive Camp」で徹底的にスピーキングスキルとプレゼンテーションスキルを鍛えてきた生徒たちのうち2組(計6名)が、その成果を遺憾なく発揮してくれました。そのタイトルは『Does Money Make People Happier?』『Students Should Play Sports』でした。いずれの組も、英語の流暢さはもちろん、プレゼン資料や方法が洗練されたものになっており、やはり上記研修の成果は大きかったことを感じさせるものでした。
表彰式の後、審査員の先生方、佐藤校長、そして島田理事長から講評がありました。もちろん、こちらも英語での講評です。様々な講評がありましたが、共通していたのは「失敗を恐れずこの壇に登った勇気、伝えようとする気持ち。これこそが英語学習に不可欠なものである」ということだったと思います。入賞した生徒さんたちはもちろん、代表選考や、クラス予選の結果、残念ながら本日の本選に出場できなった生徒さんたちも含めて、この機会に参加した皆さん全員に拍手が送られました。

(広報部 松崎 記)

DSC04244.JPGDSC04248.JPGDSC04260.JPGDSC04272.JPGDSC04295.JPGDSC04262.JPG

 

高校1年生:学園創立者の生涯を知る

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

11月

11日

2015

高校1年生では、キャリア教育の一環として、「自立した女性」のロールモデルである本校の創立者の生涯について学ぶ機会を設けています。
今日のLHRでは、来週行われる学園長先生の講演会に先立ち、創立者の島田依史子先生自身による『私の歩んだ道』を読みました。単に黙読・朗読するのではなく、2~4人一組になって、約1ページ分の要約に取り組みました。各グループがまとめた内容は、クラス内でリレースピーチとして発表しあう予定です。
今とはまったく違う時代に生まれ育った依史子先生が、生徒たちと同じ年頃にどんな経験をして、どんなことを感じたのか、想像することは難しい面もありますが、現代に通じることも見つかるのではないかと思っています。

(高1学年担任 水上 記)

20151111(1).JPG20151111(2).JPG20151111(3).JPG

高校1年生:Global Research

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

10月

30日

2015

高等学校1年生の本日の午後は、学年指導として「グローバルリサーチ」を実施いたしました。世界大学ランキングトップクラスのアジア5大学(シンガポール国立大学:世界大学ランキング26位、香港大学:同44位、台湾大学、マレーシアサバ大学、チュラロンコン大学)と日本の東京海洋大学の学生による環境問題に関する講義です。大学生はそれぞれ工夫を凝らして授業に臨んでくださりました。もちろん言語は英語です。しかし、色々な国から集まった大学生たち。話される英語も色々です。「色々な」英語を「色々な」人達が話すのを目の前にして、生徒たちは大いに刺激を受けていました。

(広報部 松崎 記)

R0010025.JPGR0010026.JPGR0010027.JPGR0010028.JPGR0010021.JPGR0010031.JPG

高校2年生:「ICT Conference 2015」に参加しました。

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

10月

16日

2015

10月11日に高校2年生が「高校生 ICT Conference 2015 in 東京」に参加させて頂きました。5校18名の高校生が4つのグループに分かれ、それそれが「大人が作った子どものルール&マナーを考える」をテーマに熟議を行い、「身近なケータイやインターネットの問題を通して、共に考え、議論し、まとめ、発表することで、コミュニケーション力とプレゼンテーション力を育む」機会にすることができました。以下は参加生徒の感想文です。

『今回初めて参加してみて、自分以外の高校生がネットの使い方についてどう思っているのか知ることができました。私はこのように他校の生徒と一つのテーマについて話したことがなかったので、この経験は新鮮なものでした。一つのテーマでグループ討議した内容を発表したことで絆も生まれ、他校生に友達を作ることもでき、充実した一日でした。』

1 ict.JPG2jukugi.JPG3 happyou.JPG

 

 

高校2年生:コミュニケーション英語Ⅱ (2)

[ カテゴリ:理数キャリア ]

10月

13日

2015

Lesson 5 The Miracle of Fermentation (発酵の不思議)を学ぶ過程で、 先週は、砂糖の有無によるイーストの発酵を観察する実験を英語の指示に従って行いました。 指導は科学を専門とするカナダ人の先生と生物の先生。

今日は、その結果を各班が英語で発表しました。
1. 2つのフラスコに何を入れたか。その量や温度。
2. 観察した内容
3. わかったこと
以上3点について、どのグループも先生の助けを借りながら、何とか英語で伝えきり、ほっとひと安心です。 科学は大好きだけど、英語にはちょっと苦手意識のあるリケ女たちですが、伝えたいことがあれば、頑張れるのです。

IMG_2199.JPGIMG_2202.JPGIMG_2203.JPG

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
<