資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

スポーツ科学コース:第1回「スポ学講座」

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

10月

20日

2020

今年度1回目の「スポ学講座」を開講しました。
 
今回の講座は「スフィーダ世田谷FC」に所属する下山田志帆選手を講師としてお迎えして、下山田選手ご自身の経験談を交えながら、日本や世界におけるスポーツとLGBTとの関わりを丁寧にお話していただきました。
現在までの学校や競技における生活の中で、身近にないように感じていたLGBTの方々が抱える悩みや苦難を初めて知ったという生徒もたくさんいました。
多様性を受け入れ、スポーツに関わる全ての人々が楽しさを感じられる環境作りの大切さを実感できたことでしょう。下山田先生、ありがとうございました。
 
新型コロナウィルス感染拡大の影響で、今年度1回目のスポ学講座がこの時期となってしまいましたが、毎日の授業以上の学びを得られる大変貴重な機会となりました。
 
DSC_4505.JPGDSC_4496.JPGDSC_4494.JPG

「スポーツ科学研究」

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

09月

4日

2020

スポーツ科学コースの特色のひとつである「スポーツ科学研究」。スポーツや健康に関する疑問や希望などについて、1年間かけ、実験や資料分析などを行います。始めは慣れない生徒たちも、ポスターを作成し、パワーポイントを用いてプレゼンテーションができるようになるまで成長していきます。
こうした研究について、1月から2月にかけてクラス内選考会を行い、代表に選ばれたチームは、3月に実施される「スポーツ科学研究発表会」で、パワーポイントを使用してのプレゼンテーション発表に臨むことになります。残念ながら選考にもれてしまった生徒たちは、ポスターセッションを行うことになります。今年は、新型コロナウィルスの影響により休校となってしまったため、現高校3年生の代表チーム3組が、スポーツ科学コースの後輩たちの前で発表を行うこととなりました。特に高校1年生には、探究活動の意味を知る機会になりました。

全員が2年間取り組んできた結果、堂々とプレゼンテーションができるようになっただけでなく、自分たちの研究内容に自信を持っているため、様々な質疑にも対応出来る知識、力がを身につけることができました。また、この発表会はすべて自分たちの手で運営をし、司会進行担当の生徒は、実験で使える用具などを紹介するなど、「プラスアルファ」の説明までパワーポイントを用いて行いました。
1年次からの成長の過程を知る先生方からも大変好評でした。この研究、発表内容に自信を持ち、この先の受験にも活かしてもらいたいと考えています。

発表内容

「視力UP」(パワーポイントによる発表)
「コミュニケーションは大切か」(パワーポイントによる発表)
「味覚によるパフォーマンスの変化についてPart2」(ポスターセッションによる発表)

20200904sports (21).JPG20200904sports (10).JPG20200904sports (11).JPG

 高2 スポ学講座

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

12月

26日

2019

昨年に引き続き、2週つづけてスポ学講座が行われました。

12月13日(金)

文京学院大学 保健医療学部から千代丸先生お越し頂き、「スポーツと理学療法」について学びました。

実際のけがをする瞬間の映像をみて、なぜ、けがが起こるようなプレーだったのか?など解説していただき、予防するためにはどういう動きをしたらよいのかなどを教えていただきました。

女性はスポーツをやる際に、X脚のように内側に膝が入ってしまうことが多く、それがけがにつながっていると言われ、過去に大きなけがをしたことがある人たちは、皆、「当てはまっていた・・・」と。

これからの練習の仕方に注意ができ、けがの予防に役立ちました。また、理学療法士の仕事にも、興味を抱いた人も多く、理学療法=怪我という図式の固定概念がありましたが、心臓や脳などの病気のあとにおこなうリハビリにも、大きく関わっていることを知ることができ、奥が深い講座となりました。

2019_12_24_IMG_2917.jpg   2019_12_24_IMG_2910.jpg

12月20日(金)

了徳寺大学 最上先生にお越し頂き、テーピング実技講座がおこなわれました。

昨年は、足首でしたが、今年は膝の内側靭帯や前十字靭帯の損傷時に行う方法を教えていただきました。

本校の卒業生が、貴校にお世話になっており、助手としてお手伝いしてくれました。

巻き方を最初にレクチャーしてもらい、その後に二人一組で実際に巻いていきました。

普段から、テーピングを使い慣れている人は、きれいに巻くことができましたが、中には不器用な人もいました。不器用にまいていた人たちは、普段からあまり大きなけがをしたことがない人たちでしたので、良いのやら、悪いのやら・・・

最上先生もX脚のことに触れており、講義の内容は違えど、すべてがつながっていることを痛感しました。

2019_12_24_IMG_2850.jpg  2019_12_24_IMG_2880.jpg

2019_12_24_IMG_2856.jpg  2019_12_24_IMG_2883.jpg

バレーボール部の快挙を支えたスポ科生たち

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

19日

2019

11月17日(日)、駒沢オリンピック公園体育館にて、春の高校バレー東京代表決定戦が行われました。強豪ひしめく東京予選を勝ち抜くことは、簡単なことではありません。昨年の覇者で、茨城国体優勝の下北沢成徳、インターハイ準優勝の共栄学園、関東大会で、下北沢成徳、共栄学園を破り、優勝を遂げた八王子実践、そして文京学院・・・この4校のうち、全国大会(春高本戦)に進むことができるのは、3校。「文京学院は・・・厳しいのでは」というのが、世間の予想でした。しかし、選手たちはそんな予想を見事に裏切り、初戦(準決勝)で下北沢成徳をストレートで破り、春高出場への切符を勝ち取りました。そして決勝戦でも、八王子実践を接戦ながらもストレートで破り、堂々の優勝を遂げました。今年は日曜日開催でしたので、応援団を無理に募ることは無く、有志だけの応援となり、他の3校と比べると、非常に少なくなってしまうのではないかという懸念がありました。しかし、いざ当日になると、スポーツ科学コースの新体操部、サッカー部、硬式テニス部、ソフトボール部をはじめとする数多くの生徒たちや、他クラブの保護者の方たちまで、たくさんの応援団が駒沢に駆け付けてくださいました。徐々に一つになっていく応援団・・・一体感のある応援が、バレーボール部の選手たちを支え、優勝を勝ち取ることができ、そして感動を共有することができました。スポーツの力の素晴らしさを、あらためて痛感する一日になりました。

S5730002.JPGS5730008.JPGS5730020.JPGS5730034.JPGS5730042.JPGS5730050.JPGS5730053.JPGS5730014.JPGS5730062.JPGS5730063.JPGS5730067.JPGS5730070.JPG

スポーツの学び

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

17日

2019

今年も高校スポーツ科学コースの生徒(1・2年生)を対象に、外部の先生方を招いて、「スポ学講座」を開講しています。

※第1回は、7月に、金 哲彦さんをお迎えし、高1・高2合同で、「走り方と体幹トレーニング」を実施。

【高1】

○第2回講座  11月1日(金)14:30~15:30 BAL1

 

「筋肉のつながりを考えてみよう」  千葉県立保健医療大  江戸 優裕 先生

S5690004.JPGS5690014.JPGS5690023.JPGS5690016.JPGS5690027.JPGS5690044.JPG

 

○第3回講座  11月14日(木)14:30~15:30(6時限目)BAL2 

          

「チームビルディング」 日本女子体育大学  芳地 泰幸 先生 

IMG_0062.JPGIMG_0053.JPGIMG_0056.JPGIMG_0052.JPGIMG_0054.JPGIMG_0069.JPGIMG_0076.JPGIMG_0080.JPGIMG_0049.JPG

 

○第4回講座  12月12日(木)14:30~15:50 BAL2

          

「からだとスポーツ」  文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科 濵田 裕幸 先生

 

○第5回講座  12月20日(金)14:30~15:50  BAL2

           

「テーピング」 了徳寺大学  最上 忠 先生

 

【高2】

○第2回講座  12月13日(金)13:30~14:30   BAL2

「からだとスポーツ」  文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科 千代丸  正志 先生 

 

○第3回講座  12月20日(金) 13:10~14:30  BAL2

「テーピング」  了徳寺大学  最上 忠 先生

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
<