コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校1年生:電子辞書の使い方講座

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

25日

2016

今年から新たな取り組みとして電子辞書の使い方講座を導入することになりました。本日と明日の2日間、進学棟BAL Studioで放課後に、カシオ計算機より講師の方をお迎えしての実施です。現在では殆どの生徒が持ってはいるものの、使いこなしているとは言い難いのが電子辞書。思わぬ機能、知らなかった使い方を紹介してもらいました。自習時間での有効活動の一助にしてもらえるものと思います。

(進路支援部長・英語科 佐藤 記)

20160525dic (1).JPG20160525dic2 (4).JPG20160525dic3 (3).JPG

高校2年生:キャリア講演会

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

27日

2016

1時限目に高校2年生対象のキャリア講演会「これからの女性の生き方」が行われました。
講師は株式会社メインの代表取締役社長であり、社団法人東京ニュービジネス協議会理事の山尾百合子様です。インバウンド消費”や”語もてなし”など、今、注目を集めている言葉を紹介していただいたり、“世の中を支えているいい企業”についてのお話などを伺い、生徒は企業研究・企業訪問に対して興味関心を高めることができました。

(キャリア教育支援部 関口 記)

1korekaranojoseinoikikta.JPG2korekaranojoseinoikikta.JPG3korekaranojoseinoikikta.JPG4korekaranojoseinoikikta.JPG5korekaranojoseinoikikta.JPG6korekaranojoseinoikikta.JPG

高校2年生:NEXTSTAGE

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

20日

2016

CIMG6902.JPG先週から始まっている、朝の英語小テスト。テキストは「NEXTSTAGE」です。合格できないと、追試、追試に合格できないと、居残り勉強になってしまいます。心なしか、水曜日の朝は静かな始業前です。

(高2学年代表 岡本 記)

高校2年生:「ハタ」揚げ

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

4日

2016

長崎では凧のことを「ハタ」といいます。ハタは、模様に特色があり、国旗や風物・家紋・鳥獣・四季の花・魚類・オランダ文字などを極端に図案化したシンプルなものが多く、空中高く舞い上がったときに目立つように作られています。その種類は200種とも300種ともいわれております。
国内研修旅行を選択し、長崎を訪れた生徒たちは、体験学習として現地でその「ハタ」作りました。本日は校庭で「ハタ揚げ」をしました。天気が良く、風が少なかったため高くは揚がりませんでしたが、色鮮やかな「ハタ」たちが、揚がろうとがんばっていました。

(養護教諭・研修旅行引率 源田 記)

20160304hataage (2).JPG20160304hataage (3).JPG20160304hataage (10).JPG

高校1年生:身近なお菓子を通して、科学の世界を見る

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

20日

2016

高校1年生が履修している「SS国際情報」(学校設定科目)における実践授業で、生徒が収穫したお米の有効活用法として、日本の伝統的なお菓子でもあるお米から作る「ポン菓子」製作を見学しました。
指導は、日本初のポン菓子機製造販売を手掛けた吉村利子氏の御子息で、現在も自宅でポン菓子が作れる「卓上ポン菓子機」などの開発に取り組む吉村文明氏。ポン菓子の科学原理やその応用性などを分かりやすく解説しながらの実演でした。

(情報科 関口 記)

2016pon (1).JPGfeb9062f03803bf7ab0f73cb9eb54ec8500ba909.JPG2016pon (2).JPG2016pon (5).JPG2016pon (6).JPG2016pon (3).JPG

 

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
資料請求