コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校1年生:全国ローラースケートマラソンで第1位

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

01月

17日

2016

千葉県下総運動公園にて「第23回全国ローラースケートマラソン」に1年杉組(スポーツ科学コース)の生徒が出場し、女子フルマラソン(42,195km)の部で見事、第1位となりました。ローラースケートで42,195kmを1時間20分ほどかけ滑り続けますが、途中では水分補給もしないそうです。おめでとうございます。

スポ学講座:「テーピングの理論と実践」

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

12月

17日

2015

スポ学講座も第7回目を迎えました。今回は「テーピングの理論と実践」と題し、講師には了徳寺大学の野村遼平先生をお招きしました。スポーツ科学コースの生徒全員が受講しました。けがや古傷が痛む人も多いため、この講座をずっと楽しみにしていました。
テーピングを上手く巻く秘訣は

①テーピングのしわを作らない
②きつく巻きすぎない

ということを教えてもらい、早速、先生のデモンストレーションを見せていただきました。お若い先生だったため、生徒たちも接しやすかったようで、色々とコミュニケーションをとりながら指導を受けるうちに、先生も生徒も徐々にリラックスしてきたようです。先生のテーピングは、手早く、しっかりと固定されており、出来上がった状態を見たときには、思わず拍手をしていました。

CIMG0211.JPGのサムネイル画像CIMG0217.JPGのサムネイル画像CIMG0216.JPGのサムネイル画像

いよいよ生徒たちの番です。いざ実際にやってみると、やはり先生のように綺麗にはできません。先生のデモンストレーションと、先生が作ってきてくださった巻き方の手引きを見ながら、二人組で試行錯誤しながら取り組みました。一方、足首を捻挫しやすい生徒は、普段から自分で巻くこともあるため、さすがに手馴れた様子でした。

CIMG0226.JPGのサムネイル画像CIMG0232.JPGのサムネイル画像CIMG0221.JPGのサムネイル画像

野村先生の出来上がり状態です。さすがに効果的かつ美しいテーピングです。

CIMG0219.JPGのサムネイル画像

今回の足首のテーピングは、了徳時大学の学生さんは3分でできないと合格にならないそうです。スポーツ科学の生徒たちは15分くらいかかりました。講座終了後、自分の故障している箇所のテーピングのやり方などを教わるため、先生のところへ殺到していました。

ローラースポーツ 世界選手権

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

29日

2015

11月8日~22日に台北 高雄市で開催された、ローラースポーツ スピードスケート世界選手権に、スポーツ科学コースに在籍する生徒が出場しました。300mの短距離から、42.195kmのマラソン競技、リレーなど、あらゆる距離の種目に日本代表として出場しました。
300mでは、「日本記録を狙う」と出発前に皆の前で宣言していきましたが、競技中に転倒してしまいました。記録は来年度以降に持ち越しです。しかし、沢山の種目に出場し、この2週間で、世界の風を感じることができ、一回り成長して帰国しました。次の世界選手権まで、トレーニングを積み、頑張ります。

99a7d4ee42287a9aaf925a9dc63ff3c1db8f6f25.pngf423dd821f30edc75ef96789eda86f8f0dca8518.jpg2b47bebcb8cd73e36ae2d8f4d48e934a13e05973.png

オーストラリア研修旅行のコーディネーターが来校

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

13日

2015

CIMG0371.JPGのサムネイル画像

CIMG0362.JPG
 

スポーツ科学コースの生徒たちは、高校2年次の2月、オーストラリア研修旅行(国内研修旅行と選択可)を行います。現在、最終的なプログラム調整を行っています。そんななか、現地コーディネーターのターニャ・ファーガソンさんが来校しました。生徒たちが、日頃の英語学習の成果を見せんとばかりに、積極的にオーストラリアに関しての質問を投げかけると、その魅力をたくさん聞かせてもらうことができ、ますます研修への期待が大きくなったようです。ターニャさんからはお話しだけでなく、オーストラリアのお土産までいただいてしまいました。

スポ学講座:「生体心理学」

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

2日

2015

CIMG0380.JPGのサムネイル画像CIMG0425.JPGのサムネイル画像

本日のスポ学講座は、心と体の心理学体験実習「競争中の心拍数変化を計ってみよう」でした。講師は文京学院大学 長野祐一郎先生です。ダーツを使って、競争をしながら、心拍数をはかり、どのように変化をしているのかを、実験しました。被験者となった8名は、心拍数のデーターをとるため、計測器(鎖骨下など三箇所)をつけ、目を閉じ、安静時の状態と2人ずつ競争をしながらダーツを8回投げた時の状態を計りました。

 

結果は、ダーツの得点が高かった人は、安静時とダーツをしているときの心拍数が大きく変動しておらず、心臓のドキドキ感が少ないまま落ちついて投げていたことがわかりました。この実験を通して、試合のときなど、緊張することが多い中で、どのようにしたら良いパフォーマンスにつながるかを教えてもらい、試合や発表で生かせるようにしていきます。

CIMG0383.JPGのサムネイル画像CIMG0434.JPGのサムネイル画像CIMG0407.JPGのサムネイル画像

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
資料請求