資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校1年生:誕生学

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

3日

2016

20160203career.JPG

本日1時間目は、「いのちの力、いのちを繋ぐ力について~16歳の誕生学」と題して、誕生学アドバイザーである長谷部しのぶ先生の講演会を実施しました。
このプログラムは、総合学習「私の生き方と進路を考える」プログラムの一環として、高校1年生を対象に実施しています。心身ともに成長が著しい高校時代ですが、今後女性として豊かで幸せな人生を送るための考え方や、自分のからだと向き合うヒントについて学びました。主な内容は、
・いのちとは何か
・妊娠・出産のしくみ
・いのちを産み出す存在として、自分の心とからだをどのように大切にするか
について、お話しいただきました。
後半には、学年の先生にインタビューするコーナーもあり、先生方のこれまでの人生の歩みを知り、自分自身の人生を考える時間を持ちました。
自分の存在を肯定的に捉え、将来にわたって自分の心とからだに自律的に働きかけることができる素敵な大人へと成長して欲しいと願っています。

(キャリア教育支援部長 沢柳 記)

高校1年生:ポン菓子作り体験(SS国際情報)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

01月

18日

2016

高校1年生の学校設定科目「SS国際情報」の授業で、ポン菓子作りを体験しました。授業では稲作体験を教材として用い、お米の生育や成分分析について学習を進めてきました。今日はお米の活用について実践的な勉強です。加熱と気圧を利用したお米の変化を楽しく、おいしく、学ぶことができました。

(情報科 関口 記)

pon1.JPGpon2.JPGpon3.JPGpon4.JPGpon5.JPGpon6.JPGpon7.JPGpon8.JPGpon9.JPG

高校1年生:全国ローラースケートマラソンで第1位

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

01月

17日

2016

千葉県下総運動公園にて「第23回全国ローラースケートマラソン」に1年杉組(スポーツ科学コース)の生徒が出場し、女子フルマラソン(42,195km)の部で見事、第1位となりました。ローラースケートで42,195kmを1時間20分ほどかけ滑り続けますが、途中では水分補給もしないそうです。おめでとうございます。

スポ学講座:「テーピングの理論と実践」

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

12月

17日

2015

スポ学講座も第7回目を迎えました。今回は「テーピングの理論と実践」と題し、講師には了徳寺大学の野村遼平先生をお招きしました。スポーツ科学コースの生徒全員が受講しました。けがや古傷が痛む人も多いため、この講座をずっと楽しみにしていました。
テーピングを上手く巻く秘訣は

①テーピングのしわを作らない
②きつく巻きすぎない

ということを教えてもらい、早速、先生のデモンストレーションを見せていただきました。お若い先生だったため、生徒たちも接しやすかったようで、色々とコミュニケーションをとりながら指導を受けるうちに、先生も生徒も徐々にリラックスしてきたようです。先生のテーピングは、手早く、しっかりと固定されており、出来上がった状態を見たときには、思わず拍手をしていました。

CIMG0211.JPGのサムネイル画像CIMG0217.JPGのサムネイル画像CIMG0216.JPGのサムネイル画像

いよいよ生徒たちの番です。いざ実際にやってみると、やはり先生のように綺麗にはできません。先生のデモンストレーションと、先生が作ってきてくださった巻き方の手引きを見ながら、二人組で試行錯誤しながら取り組みました。一方、足首を捻挫しやすい生徒は、普段から自分で巻くこともあるため、さすがに手馴れた様子でした。

CIMG0226.JPGのサムネイル画像CIMG0232.JPGのサムネイル画像CIMG0221.JPGのサムネイル画像

野村先生の出来上がり状態です。さすがに効果的かつ美しいテーピングです。

CIMG0219.JPGのサムネイル画像

今回の足首のテーピングは、了徳時大学の学生さんは3分でできないと合格にならないそうです。スポーツ科学の生徒たちは15分くらいかかりました。講座終了後、自分の故障している箇所のテーピングのやり方などを教わるため、先生のところへ殺到していました。

高校1年生:GTEC Speaking Testを初体験

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

5日

2015

高校1、2年生は昨日で第2回目の後期中間考査が終了しましたが、本日はベネッセコーポレーション「GTEC for STUDENTS」を受験しました。このテストは、Reading、Writing、Listeningだけでなく、Speakingを含め英語の4技能を測定することができます。
高校1年生にとっては、今回初めてのSpeaking Testとなりました。普段の英語会話の授業や英検などの面接試験とは異なり、タブレットから出る音声指示に対して自分の解答を録音していく方式であるため、全員が一斉に同じ試験を受験することができます。生徒たちは、初めてのタブレット受験に四苦八苦しながらも、頑張って受験していました。
結果が返却されるのは約1ヶ月後。普段の授業や、国際塾の授業の成果が発揮されていることと思います。

(高1学年担任 坂井 記)

bd4005c2610c17d35d2d5a0e53d39fdfe1c22562.JPGf5877725fc942f9cb6688b874cd26c7c80979be2.JPGgtec speaking with ear phone.JPG

前の5件 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17
<