コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校1年生:GTEC Speaking Testを初体験

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

5日

2015

高校1、2年生は昨日で第2回目の後期中間考査が終了しましたが、本日はベネッセコーポレーション「GTEC for STUDENTS」を受験しました。このテストは、Reading、Writing、Listeningだけでなく、Speakingを含め英語の4技能を測定することができます。
高校1年生にとっては、今回初めてのSpeaking Testとなりました。普段の英語会話の授業や英検などの面接試験とは異なり、タブレットから出る音声指示に対して自分の解答を録音していく方式であるため、全員が一斉に同じ試験を受験することができます。生徒たちは、初めてのタブレット受験に四苦八苦しながらも、頑張って受験していました。
結果が返却されるのは約1ヶ月後。普段の授業や、国際塾の授業の成果が発揮されていることと思います。

(高1学年担任 坂井 記)

bd4005c2610c17d35d2d5a0e53d39fdfe1c22562.JPGf5877725fc942f9cb6688b874cd26c7c80979be2.JPGgtec speaking with ear phone.JPG

後期中間考査②(期末考査)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

2日

2015

後期中間考査②および後期期末考査が始まりました。高校1年生と高校2年生にとっては、後期2回目となる中間考査で、高校3年生にとっては高校生活最後の定期考査になります(高校1・2年生は2月に期末考査を実施)。考査は4日まで実施され、1日2~3教科を受験します。

(広報部 松崎 記)

20151202test (1).JPG20151202test (2).JPG20151202test (3).JPG

ローラースポーツ 世界選手権

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

29日

2015

11月8日~22日に台北 高雄市で開催された、ローラースポーツ スピードスケート世界選手権に、スポーツ科学コースに在籍する生徒が出場しました。300mの短距離から、42.195kmのマラソン競技、リレーなど、あらゆる距離の種目に日本代表として出場しました。
300mでは、「日本記録を狙う」と出発前に皆の前で宣言していきましたが、競技中に転倒してしまいました。記録は来年度以降に持ち越しです。しかし、沢山の種目に出場し、この2週間で、世界の風を感じることができ、一回り成長して帰国しました。次の世界選手権まで、トレーニングを積み、頑張ります。

99a7d4ee42287a9aaf925a9dc63ff3c1db8f6f25.pngf423dd821f30edc75ef96789eda86f8f0dca8518.jpg2b47bebcb8cd73e36ae2d8f4d48e934a13e05973.png

第43回 Speech Contest

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

11月

18日

2015

第43回「Speech Contest」の様子です。
この大会が始まって早43年。本校のSpeech Contestは、Recitation PartとSpeech Partから成り、毎年素晴らしいスピーチと暗唱が披露されています。
生徒会長による英語での開会宣言に続き、Recitation Partが始まります。Recitation Partは、高校1年生を対象とするもので、クラス代表を決め、更にその代表から本選出場者を決定します。狭き門をくぐり抜けてきたこともあり、出場者は全員高いレベルで暗唱を披露しました。続いて行われるSpeech Partは、更にGroup AとGroup Bに分かれており、Group Bは海外帰国生が出場する部門となっています。いずれも、自ら書き上げたスピーチを披露します。今年度のスピーチタイトルは、『Children Who Can't Go to School』『The Great Attitude in Japan』『Because I am a Girl』『Poverty in Bali』『Club Activities in Japan』など、社会的な問題から、個人的な内容まで、かなり多岐に渡るものになりました。
更に、創立90年を記念して、昨年度から始まったPresentation Partも行われました。昨年度は、理数クラスのミドリムシについてのプレゼンテーションをはじめ、スターバックスの歴史、Hip Hopダンスの歴史など、個性溢れる内容でした。今年度は、夏季休暇中に行われた「St.Benedict English Intensive Camp」で徹底的にスピーキングスキルとプレゼンテーションスキルを鍛えてきた生徒たちのうち2組(計6名)が、その成果を遺憾なく発揮してくれました。そのタイトルは『Does Money Make People Happier?』『Students Should Play Sports』でした。いずれの組も、英語の流暢さはもちろん、プレゼン資料や方法が洗練されたものになっており、やはり上記研修の成果は大きかったことを感じさせるものでした。
表彰式の後、審査員の先生方、佐藤校長、そして島田理事長から講評がありました。もちろん、こちらも英語での講評です。様々な講評がありましたが、共通していたのは「失敗を恐れずこの壇に登った勇気、伝えようとする気持ち。これこそが英語学習に不可欠なものである」ということだったと思います。入賞した生徒さんたちはもちろん、代表選考や、クラス予選の結果、残念ながら本日の本選に出場できなった生徒さんたちも含めて、この機会に参加した皆さん全員に拍手が送られました。

(広報部 松崎 記)

DSC04244.JPGDSC04248.JPGDSC04260.JPGDSC04272.JPGDSC04295.JPGDSC04262.JPG

 

オーストラリア研修旅行のコーディネーターが来校

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

13日

2015

CIMG0371.JPGのサムネイル画像

CIMG0362.JPG
 

スポーツ科学コースの生徒たちは、高校2年次の2月、オーストラリア研修旅行(国内研修旅行と選択可)を行います。現在、最終的なプログラム調整を行っています。そんななか、現地コーディネーターのターニャ・ファーガソンさんが来校しました。生徒たちが、日頃の英語学習の成果を見せんとばかりに、積極的にオーストラリアに関しての質問を投げかけると、その魅力をたくさん聞かせてもらうことができ、ますます研修への期待が大きくなったようです。ターニャさんからはお話しだけでなく、オーストラリアのお土産までいただいてしまいました。

前の5件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18
資料請求