コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校1年生:学園創立者の生涯を知る

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

11月

11日

2015

高校1年生では、キャリア教育の一環として、「自立した女性」のロールモデルである本校の創立者の生涯について学ぶ機会を設けています。
今日のLHRでは、来週行われる学園長先生の講演会に先立ち、創立者の島田依史子先生自身による『私の歩んだ道』を読みました。単に黙読・朗読するのではなく、2~4人一組になって、約1ページ分の要約に取り組みました。各グループがまとめた内容は、クラス内でリレースピーチとして発表しあう予定です。
今とはまったく違う時代に生まれ育った依史子先生が、生徒たちと同じ年頃にどんな経験をして、どんなことを感じたのか、想像することは難しい面もありますが、現代に通じることも見つかるのではないかと思っています。

(高1学年担任 水上 記)

20151111(1).JPG20151111(2).JPG20151111(3).JPG

「YOKOSO」プロジェクト

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

4日

2015

11月4日(水)は、東京都が主催する、オリンピック・パラリンピック教育推進事業「夢・未来」プロジェクトが本校で実施されました。この事業は、2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会を踏まえて、生徒たちが実際にオリンピックに出場された選手と直接交流することにより、オリンピック・パラリンピックの理念や価値を理解し、スポーツへの関心を高め、夢に向かって努力したり、困難を克服する意欲を培い、進んで平和な社会や共生社会の実現に貢献できるようになることを目的としています。

本校へは、元体操競技アテネ・北京オリンピックに出場し活躍された、大島杏子さんが来校されました。3時間目の講演会では、中学生全員と高校1年生のスポーツ科学コースの1年杉組の生徒が、 オリンピックへの道のり、困難を乗り越えたご経験など、貴重なお話しを聴くことができました。大島杏子さんのご講演内容は、「困難から逃げないように」というメッセージが込められており、 生徒たちの心に響いたのではないかと思います。生徒全員の、大島さんをまっすぐに見つめる表情がとてもよく、始めから最後まで聴き入っていました。質問の内容も、今、実際に直面している問題が多く、それらの質問に対し、的確にわかりやすくお答えいただきました。
4時間目は、中学2年生の4クラスが「マット運動」の実技指導を受けました。授業の最後に基本的な演技をご披露いただき、後方倒立回転跳び(バク転)の連続に「ワーッ」と大きな声が上がりました。そして最後は、中学2年生のスポーツサイエンスコースの2年松組の生徒たちが、大島さんを囲んで一緒に給食を食べました。大島さんを少し身近に感じながら、時間を共有することができました。

現在中学2年生は体育で「平均台」の授業を受けています。高さ120cm、幅10cm、長さ5mの平均台の上を歩くだけでも大変な生徒たちは、体操競技の選手としてオリンピックに出場することの大変さを感じたことでしょう。
2020年まであと5年、生徒たちの中からオリンピック選手が出るかも知れません。選手としてではなくても、大会ボランティアなどいろいろな携わり方があり、大会を支える分野にも目を向けて欲しいと思います。今日のご講演・体験が、積極的にオリンピック・パラリンピックの目的について考えて行くきっかけになることと思います。

yokoso1.JPGyokoso2.JPGyokoso3.JPG

スポ学講座:「生体心理学」

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

2日

2015

CIMG0380.JPGのサムネイル画像CIMG0425.JPGのサムネイル画像

本日のスポ学講座は、心と体の心理学体験実習「競争中の心拍数変化を計ってみよう」でした。講師は文京学院大学 長野祐一郎先生です。ダーツを使って、競争をしながら、心拍数をはかり、どのように変化をしているのかを、実験しました。被験者となった8名は、心拍数のデーターをとるため、計測器(鎖骨下など三箇所)をつけ、目を閉じ、安静時の状態と2人ずつ競争をしながらダーツを8回投げた時の状態を計りました。

 

結果は、ダーツの得点が高かった人は、安静時とダーツをしているときの心拍数が大きく変動しておらず、心臓のドキドキ感が少ないまま落ちついて投げていたことがわかりました。この実験を通して、試合のときなど、緊張することが多い中で、どのようにしたら良いパフォーマンスにつながるかを教えてもらい、試合や発表で生かせるようにしていきます。

CIMG0383.JPGのサムネイル画像CIMG0434.JPGのサムネイル画像CIMG0407.JPGのサムネイル画像

高校1年生:Global Research

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

10月

30日

2015

高等学校1年生の本日の午後は、学年指導として「グローバルリサーチ」を実施いたしました。世界大学ランキングトップクラスのアジア5大学(シンガポール国立大学:世界大学ランキング26位、香港大学:同44位、台湾大学、マレーシアサバ大学、チュラロンコン大学)と日本の東京海洋大学の学生による環境問題に関する講義です。大学生はそれぞれ工夫を凝らして授業に臨んでくださりました。もちろん言語は英語です。しかし、色々な国から集まった大学生たち。話される英語も色々です。「色々な」英語を「色々な」人達が話すのを目の前にして、生徒たちは大いに刺激を受けていました。

(広報部 松崎 記)

R0010025.JPGR0010026.JPGR0010027.JPGR0010028.JPGR0010021.JPGR0010031.JPG

第4回「スポ学講座」:膝について

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

10月

26日

2015

中間試験が終わりました。スポーツ科学コース1期生は、それぞれが目標としている秋の大会へ向けてのスポーツ活動が再開しています。
そんな中、コースの学びを深めるための、第4回「スポ学講座」が実施されました。今日のテーマは「身体のしくみ③ ~膝について考えスポーツ障害を予防しよう~」です。講師は文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科の大川孝浩先生です。
膝関節の構造の説明の後、特にスポーツ選手の怪我が多い前十字靭帯について詳しく学びました。実技を加えながらの分かりやすい解説に、生徒たちも身体を動かしながら熱心に取り組んでいました。その中で、膝の構造や足首を意識しながら、全員でかかとを床につけたまま、座る姿勢を保てるのか試してみると...。

CIMG0341.JPGのサムネイル画像CIMG0364.JPGのサムネイル画像CIMG0350.JPGのサムネイル画像

上手く座れない若い人たちが増えているそうです。スポーツ科学コースにも、座れない人が少なくないことが分かりました。座れなかった人たちは、膝を支える大腿四頭筋やハムストリングが上手く使えていないかったり、足首が硬かったりしているのもあるようです。アドバイスを実践してみると、早速座れるようになってきました。

CIMG0361.JPGのサムネイル画像CIMG0353.JPGのサムネイル画像CIMG0357.JPGのサムネイル画像

受講した生徒たちに感想を聞いてみると、「今日は膝に関して初めて知ることが多くありました」「筋肉のこと、前十字靭帯のこと、教えていただいたことを毎日の生活や練習で役に立てていきたいです」「前十字靭帯損傷という言葉は以前から知っていたけれど、女性に起こる確率が高いと聞き、その理由もわかって納得しました」など、多くの学びがあったようです。

今週は、このあともスポ学講座が続きます。

 

前の5件 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19
資料請求