資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校3年生:キャリア教育「18歳の誕生学」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

10日

2015

20150909tanjyo-gaku (4).JPG

本日5・6時間目は、高校3年生を対象に「18歳の誕生学」の講演会を実施しました。
講師は、誕生学アドバイザーの長谷部しのぶ先生です。

○からだの変化とそれに応じたケア
○異性とのコミュニケーションについて
○命を産み出す存在として、自分のこころとからだをどのように大切にするか

についてお話いただきました。
赤ちゃんは、食事を与えたり、身のまわりのお世話をしても、微笑みかけたり言葉をかけないと育たない。今、ここに元気に存在することができる皆さんは、「毎日抱かれた歴史の持ち主」など こころに残る、自尊感情を育んでいただくような言葉をたくさんいただきました。
後半はグループをつくり、母親となった生活をイメージするためのワークショップを行いました。現在の1日の生活と、出産後の生活を円グラフにしてみた生徒たちは、「自分の時間がな~い」と育児にかかる時間の多さに驚き、「お母さんがひとりでトイレに行くことはできるの?」「自分の時間をつくるために、育児はおばあちゃんに任せる~!」など、いろいろと感じたこと、素朴な疑問を話していました。

生徒たちは、高校を卒業すると、学生であっても半分おとな扱いされ、自律的な行動が求められます。大学卒業後、2~3年で母親になる人も少なくありません。近い将来、社会人になって行く生徒たちが、女性として豊かで幸せな人生を送るためのたくさんのヒントをいただきました。
3年生は、目前の大きな目標達成に向け、猛勉強の真最中ですが、その先にある長い人生に欠かせない性のあり方について、考え続けて欲しいと思っています。

(キャリア教育支援部長 沢柳 記)

20150909tanjyo-gaku (2).JPG20150909tanjyo-gaku (6).JPG20150909tanjyo-gaku (9).JPG

スポーツ科学コース:第3回 スポ学講座(腰部について)

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

09月

5日

2015

スポーツ科学コース第1期生の40名は、夏休み中も暑いなか全員が様々なスポーツ活動に取り組みました。熱く燃えた夏休みも終わり、1日から後期が始まりました。後期開始5日目となる今日、コースの学びを深めるための「スポ学講座(第3回目)」が実施されました。

今回のテーマは「身体の仕組み② ~腰部の機能を理解し腰痛対策に役立てよう~ 」です。講師には、本校の併設大学である文京学院大学の保健医療学部理学療法学科 中俣 修 先生をお招きしました。

CIMG0342.JPG     CIMG0346.JPG     CIMG0351.JPG

「腰とはどこの部分?」「腰痛とは何?」ということから考え、腰の構造と運動の仕組みを専門的に学びました。また、腰痛防止のための腰部を取り巻く筋肉を使ったストレッチなども実践的に学び、前回の骨盤に続いて、生徒たちは熱心に取り組んでいました。

CIMG0349.JPGCIMG0347.JPGCIMG0348.JPG

 

高校3年生:始業式直後

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

1日

2015

R0000038.JPG

高校3年生用校舎「進学棟」では、始業式が終わるとすぐに、佐藤 進路支援部長監修による「動詞語法100題テスト」を全クラスが受験しました。夏休み明けということで、生活のリズムが崩れたりはしていないだろうかという担任たちの不安をよそに、生徒たちは真剣に40分間のテストに臨んでいました。さすがは受験生です。
テストが終わると、夏休みの話に花が咲いたのでしょうか。いつも通り元気な声が聞こえてきました。

(広報部 松崎 記)

高校1年生:新メンバー

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

1日

2015

20150901-01.JPG20150901-02.JPG高1学年に、留学生1名と、転入生1名を迎えました。新メンバーを加えての新学期のスタートです。

スポーツ科学コース:スポ学講座(2)

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

07月

16日

2015

スポーツ科学コースの学びを深めるための課外講座である「スポ学講座」。その第2回目の講座が実施されました。今日のテーマは「栄養学① ~スポーツと食事~」、講師は本校家庭科の橋本美里教諭です。
通常の家庭科の授業内容をさらに深化して「スポーツジュニアの身体作り」について学びました。「五大栄養素の働き」から「スポーツジュニアに必要な栄養素と摂取量」を学び、実際の献立作りにチャレンジ。
その後に、「朝ごはんの重要性」「間食のポイント」「水分の取り方」「試合の日の食事のポイント」「女子選手が注意したいこと」など、スポーツに取り組むコース生徒にとって、とても大切な内容でした。

(広報部主任 西山 記)

IMGP3195.JPGIMGP3193.JPGIMGP3188.JPG
IMGP3214.JPGIMGP3203.JPGIMGP3207.JPG

前の5件 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23
<