資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

スポーツ科学コース:スポ学講座

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

07月

15日

2015

本年度からスタートしたスポーツ科学コース。このコースは、体育中心のコースではなく、「スポーツをテーマに科学的な探究力」を身につけることを目標としたコースです。現在、総合学習の時間を使いながら「スポーツをテーマにしたグループ研究」の進行中です。探究とは、疑問を持ち、自分なりの仮説を立て、それを検証していくことですが、多くの生徒たちは、どんな疑問を持てば良いのかという段階で立ち止まってしまいます。その時に必要となってくるのが多くの専門知識です。知識が多くなれば多くなるほど、知りたいことが増えていき、疑問も生まれてくるのです。そういった専門知識を学ぶ場が「スポ学講座」です。これは、スポーツ科学コースの学びを深めるための課外講座のことで 「人間とスポーツ」をテーマに年間を通して実施していきます。

その第1回が実施されました。今日のテーマは「身体のしくみ① ~女性と骨盤~」、講師には文京学院大学理学療法学科の布施陽子先生をお招きしました。

骨盤を意識しながらインナーマッスルを働かせて身体を変えるという内容で、「くびれ作成プログラム」「歩きやすくするプログラム」の二つに取り組みました。専門知識の一端を教った後、自分たちの身体で実験しながら、骨盤の触診、身体評価、実際の効果判定までを学びました。

「人間の身体のしくみにすごく興味がわいた」「インナーマッスルのトレーニング、部活で役に立ちそうです」、「ウエストが3センチも細くなった」「理学療法という分野のことがよくわかった」など、生徒たちにとって、自分のスポーツ活動においても、将来を考えるうえでも、とても良い学びになったようです。

(広報部主任 西山 記)

IMGP3153.JPGIMGP3157.JPGIMGP3181.JPG

スポ学特別講座

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

07月

11日

2015

期末試験がも無事に終了した7月11日(土)の午後にジャシーホールで「スポ学特別講座」が実施されました。

参加したのは運動部の中高生約200名。2部構成で、第1部は「正しく身体を動かす方法とそのしくみ」。本校の保健体育科の西山一貴先生が、身体のしくみを解説しながら、映像あり、実践ありの多彩な手法で解説。身体の動かし方一つで、スピードアップやパワーアップにもつながり、ケガの防止にもつながっていくことが学べました。第2部は「熱中症のしくみと予防法」。本校の養護教諭の八東桂子先生が資料を使いながら、丁寧に熱中症のしくみと予防法を解説。ちょうど、この日から気温が上昇しはじめていたので、この夏も部活動に打ち込む生徒たちにとっては、元気にスポーツ活動に打ち込むための、とても大切な学びになったことと思います。

(広報部主任 西山 雄二 記)

P1060667.JPGP1060657.JPGP1060669.JPG

前期期末考査

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

07月

3日

2015

前期期末考査が始まりました。これまでの学習の成果を試すうえで、非常に重要なテストになります。高校1年生にとっては、初めての期末考査です。中間考査よりも受験科目数も増え、より計画的な学習が求められます。
高校3年英語クラス(国際教養コースの前身となるクラス)では、土曜日の2、3時間目に、GTEC(ベネッセコーポレーション)も行われました。本校では、継続的にGTECを受験し、「読む」「聞く」「書く」(前回は「話す」も加わりました)能力を総合的に計測。その後の学習・モチベーション向上につなげます。

(広報部 松崎 記)

DSC04412.JPGDSC04415.JPGDSC04413.JPG

イタリアからのお客様

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

06月

30日

2015

日本の高校年代の女子スポーツ。その競技人口をご存知ですか?

第1位 バスケットボール 61,321人 - 2.0%
第2位 バレーボール 58,634人 - 4.8%
第3位 バドミントン 54,026人 1.1%
第4位 陸上競技 38,227人 4.1%
第5位 テニス 37,730人 2.5%
第6位 ソフトボール 22,827人 - 10.9%
第7位 卓球 19,739人 3.9%
第8位 ハンドボール 15,888人 6.2%
第9位 水泳 12,108人 2.4%
第10位 サッカー 10,155人 21.5%

*右欄の%は、2010年の値を100とした上昇率

女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」が、世界一になった2011年。その影響もあってか、高校女子サッカーの競技人口は、約22%も上昇しました。
一方、高校女子バレーボールの競技人口は、女子サッカーの6倍もあり、人気を保っています。

その人気種目の中で、インターハイ出場を決めることがいかに難しいか。その偉業を成し遂げた本校の吉田監督が、「イタリアのバレーボールの指導法に関心があるんです」と、スポーツ科学コースのプロジェクト会議で発言。
その発言を受けて、私の友人であり、イタリア語が堪能で、その著書を文京学院サッカー部の練習教本にしているKさんに、ペルージャ出身で、元日本代表(ザックジャパン)のアシスタントコーチを担当していたジャンパオロ・コラウッティ(Giampaolo COLAUTTI)さんを紹介していただき、来校していただきました。

 

20150630-1.jpgのサムネイル画像

ペルージャには、中田選手が在籍したサッカークラブだけではなく、バレーボールのクラブチームがあります。イタリアは、バレーボールの強豪国。2007年、2011年には、ワールドカップで優勝しています。特に守備においては、大いに学ぶべき点があると、吉田監督。「イタリアのバレーの指導書には、ブロックするときの指の角度まで細かく書いてありますよね。本当にイタリアの方は、緻密ですよね。」と、尋ねると、

「私はサッカーのマイスターだけど、バレーボールは…技術的なことはわかならい...今度、友人のピッチニーニを紹介するよ。」と、ジャンパオロ氏の友人であるイタリア代表女子バレーボールの選手名前を出すと、吉田監督の顔が少年のように輝きました。
「すごすぎます!偉大すぎます!イタリアの妖精ですよ!!」と、大興奮の吉田監督。
イタリアでは、スポーツが文化になっていて、国民のほとんどが関心を持っているそうです。スポーツが文化になるとはどうゆうことか。イタリアに行き、自分の目でそれを見たとき、きっと何かが変わるはず。我々もスポーツ先進国のイタリアから学ぶことが多いと感じました。

将来的には、バレー部、サッカー部でイタリア遠征を実現させようと、盛り上がりました。

(スポ学教育センター 床爪 記)

スポーツ科学コースの生徒の活躍

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

06月

29日

2015

6月は各部活動で大会が多く行われ、スポーツ科学コースの生徒たちも活躍しています。

バレーボール部 インターハイ出場決定
カラーガード部 全国大会出場決定
ローラースポーツ 第13回 全日本ラインロードレース選手権大会 女子ワールドクラス
  500Mスプリントレース 第1位
  200Mタイムレース 第3位
  10000Mポイントレース 第3位

 

その他、サッカー部(皇后杯)、剣道部(都大会)、新体操部(都大会)に所属する生徒たちも頑張りました。

前の5件 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24
<