資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

総合学習中間報告会

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

06月

29日

2015

「総合学習の時間」に進めている探求活動。「スポーツ」という大きなテーマから、細かなテーマを決め、2~4名で1グループとなり研究活動をしています。

本日は、ここまでに調べたことや分かったこと、これから行う実験方法などについての中間報告を行いました。期末テスト後、試験休みや夏休みを使って、仮説を立て、実験を行います。これをポスターにして、学園祭で発表できるようにしていきます。
目標は、3月に大学で行われる「SSH研究発表会」において、理数クラスとともにポスターセッション発表を行うことです。

【研究テーマ例】

「サッカーのヘディングをすることで記憶力に影響がでるか?」
「香りと経過~匂いの違いでモチベーションがあがるか?」
「緊張」:なぜ緊張するのか?緊張しないための対処法は?
「走るために自分にあう理想の靴」
「スポーツアニメの技を再現できるか?」
「ストレス解消法~ある実験をやってみて~」*現在、実験内容を非公表にしています。
「オリンピックについて~背の高いアメリカ人に背の低い日本人がどのようにしたら勝てるか~」

DSC00253.JPGDSC00255.JPG

教育実習生

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

06月

29日

2015

1杉 教育実習生.png5月31日から3週間。スポーツ科学コースにも教育実習生がやってきました。
本校の卒業生ですが、はじめは元気の良い杉組生徒に圧倒されっぱなし。しかし、体育祭が近かったこともあり、クラス旗を朝・放課後とも一緒に残って作ってくれました。この時期、クラスの中で上手くいかないこともあり、この旗作りを通して、また団結力が強くなりました。そのきっかけを作ってくれたのも教育実習生でした。
実習最後のHRでは涙涙のお別れ会。すっかり1年杉組の担任として成長していました。ちなみに体育祭は高1学年内クラス優勝。来年はブロック優勝を狙います。

ペン習字テスト

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

26日

2015

20150626-01.jpgこれも前期の締めくくりのペン習字テスト。普段の積み重ねが反映するでしょうか。

高校3年生:終礼直後

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

15日

2015

IMG_5752.JPG

本校では、15:20に6時間目が終わり、その後終礼が行われ、15:40頃から放課後となります。本日も、3年英語クラス(国際教養コースの前身となるクラス)の終礼はいつも通りに終わりましたが、多くの生徒が教室に残り、黙々と自己採点を始めました。終礼で、先日実施された進研模試の解答・解説が配布され、早速それを使って自己採点が始まったのでした。進路支援部の指導や教科担当者からのアドバイス、塾の先生をお招きしての進路講演会等で、模擬試験の「振り返り」をすることの重要性を知っているがゆえの行動です。担任から特別な指示があったわけではなく、自主的に始まった本日の自己採点。「鉄は熱いうちに」という通り、極力記憶が新しいうちに、「根拠をもって正解した問題」「偶然正解してしまった問題」「不正解だった問題」に分類し、後者2種類を中心に復習を行います。こうした地道な努力の積み重ねが、大きな成果につながることを信じてやみません。

(高3学年担任 松崎 記)

高校1年生:学年集会・カリキュラム説明会

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

15日

2015

20150610-01.JPG20150610-02.jpg学年集会で、始めて集会委員が前に立っての校歌・信条。翌日の体育祭に向けて、と思いましたが、今ひとつ元気が無く。集会委員は慣れないながらも頑張ってくれました。

続けて、教務の先生から、来年の選択科目についての説明を受けます。まだ入学したばかりですが、夏休みまでには、今後の進路の道筋をつけなければなりません。大変です。じっくり考えて欲しいものです。

(高1学年代表 岡本 記)

前の5件 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
<