資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

第1回 英検の様子です。

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

6日

2015

IMG_5671.JPG

今年度1回目となる英検試験が行われました。本校は、準会場となっているため、本日の実施となります。中学生101名、高校生111名が受験しました(1次免除者除く)。普段生活している環境で受験できるのは、生徒たちにとって大きなメリットです。日ごろの英語学習の成果が発揮できることを願っています。

(広報部 松崎 記)

高校2年生:調理実習

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

3日

2015

cook1.JPG

今日は家庭科の調理実習でした。
メニューは「チキンドリア」「グリーンサラダ」です。実習に入る前に、作り方や切り方などについて、先生の講義があります。メモをとるなどして、生徒たちはしっかりと調理の工程やポイントを理解していきます。続いて、天井に設置されたモニターに、先生の調理の様子(手元)が映し出され、講義では伝えきれない部分を目で学びます。ドリアに使うホワイトソースも、サラダにかけるフレンチドレッシングも手作りです。大変な分だけ、うまく出来上がったときの喜びも格別です。自分たちだけでなく、担任の先生や、授業担当の先生方にも食べてもらい、その反応も反省に活かします。今後の授業では、本日の実習のまとめ、栄養価の計算などを行います。

 

高校3年生:金 修琳 氏による講演会

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

27日

2015

高校3年生対象 金 修琳 氏による講演会
「より『幸せ』な自分を手に入れるために ~3つの信念と2つの真実~」

金修琳さんにご講演いただくのは、今年で4回目になります。
ご講演いただく目的は、困難を乗り越えて、自分の目標に向かって主体的に努力する意義・楽しさを感じて欲しいことと、障害のある人の生活について理解し、進んで共生社会を担う心のあり方、自らの生き方を考える機会を持つということです。修琳さんの著書である「耳の聞こえない私が4ヶ国語しゃべれる理由」については、講演当日に向け、多くの生徒が読みました。

より幸せな自分を手に入れるために必要な3つの信念
「当たって砕けろ」「楽しめ」「成せば成る」と
2つの真実
「常識にとらわれて、自分を追いつめるな」
「他人の幸せを考えることが、自分の幸せにつながる」

修琳さんの思いのこもった、丁寧に伝えようと思われて発する言葉には説得力があり、沢山のことを痛切に感じる機会となりました。
今回は司会の2名を加えると10名近くの生徒から質問があり、講演の内容だけでは知ることができないようなことを、理解することができました。修琳さんも「今回はたくさん質問があり、とてもいい質問を受けることができた」と驚いておられました。講演終了後に、質問にやって来た生徒もおり、貴重な機会になったのではないかと思っています。
お話しの中にも出ておりましたが、ご自分の声は全く聞こえないそうです。想像を絶するご努力をされているのだと改めて感じました。

これから自分の進路に向かって、道を切り拓いて行かねばならない高校3年生にとっては、貴重な時間になったのではないかと思います。

(キャリア教育支援部長 沢柳 記)

DSC04014.JPGDSC04020.JPGDSC04039.JPG

 

英単語テスト

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

27日

2015

20150527 DB.jpg中間試験が先週末で終わりました。今朝は早速2回目の英単語小テスト。不合格者は追試が課されることもあり、気合いが入っています!

高等学校では、進路支援部・学年が中心となり、ほぼ毎週、すべての学年で英単語・英熟語(語法を含む)を実施しています。慣れるまでは大変ですが、高校1年次の後期ぐらいになると、こうしたテストが生活の一部になり、「このテストがあったから語彙学習ががんばれる」という積極的な意見が聞かれるようになります。

(高1学年代表 岡本 記)

高校3年生対象 第2回看護・医療技術系進路ガイダンス

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

23日

2015

本日、前期中間考査が終了しましたが、看護・医療技術系の進路を志望している高校3年生は、第2回目のガイダンスを受けるため、BAL Studioに集合しました。
前回に引き続き、看護・医療技術系の進路を実現するためのガイダンスですが、今回は、2部構成です。第1部として、3年前に本校(理数クラス)を卒業し、現在、東邦大学 看護学部で学んでいる卒業生から、受験に関する経験談やアドバイス、大学生活や実習内容、将来の展望などについて具体的な話しをしてもらいました。やはり、実際に体験した人から出てくる言葉には説得力があり、参加した生徒たちにとっては非常に貴重な機会となりました。
第2部では、理数クラス(理数キャリアコースの前身となるクラス)の担任から、志望理由書の作成や面接に向けて、現段階で必要な取り組みについて説明がありました。本校は、女子高であることに加えて、スーパーサイエンスハイスクールに指定されており、理数系のカリキュラム・プログラムが充実しているため、看護・医療系キャリアを目指す生徒が少なくありません。数多くそうした生徒の指導に携わってきた経験から、具体的・実践的な説明が行われ、第1部と合わせて、生徒たちには有意義な時間になりました。
看護・医療技術という人命に関わる極めて責任の重いキャリアを目指すうえで、確固たる動機を持つことは言うまでもなく、それを過不足なく伝えられるコミュニケーション能力(記述・面接)が求められます。今回参加した生徒の多くは、放課後に開講されている進学講座の小論文講座を受講しています。今後は、そうした講座と平行して、面接練習なども行われる予定です。

(広報部 松崎 記)

DSC03932.JPGDSC03948.JPGDSC03923.JPG

前の5件 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26
<