資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

スピードスケート

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

05月

9日

2015

2.jpgのサムネイル画像3.jpgのサムネイル画像

スポーツ科学コースにはスピードスケートに取り組んでいる生徒がいます。スケートと言っても、氷の上ではなく、陸上で行うスピードスケートの選手です。先日、全日本スピード選手権大会に出場し、300m、1000mにおいて第2位、10000mポイント+エルミネーションレースで第3位に入賞し、11月に台湾で行われる「世界ローラースケートスピード選手権大会」の日本代表に選出されました。

クラス内で、この競技の内容やほかの距離などを聞き、「すごい」「皆で応援に行きたい」と盛り上がりました。時速もかなりあり、持久力も必要な競技のようです。ちなみに、彼女は本校の陸上部に所属しています。

今年度からスタートしたスポーツ科学コースには、球技系や陸上系、体操・ダンス系などに取り組んでいる生徒が多く、明るく、とても元気なのが特徴です。エネルギー溢れる生徒が多く、毎日活気ある生活を送っています。

(担任 記)

 

運針

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

8日

2015

unshin01.JPGunshin02.JPG先週から始まった、金曜日朝の運針です。高校から入学した生徒の多くはザクザクと針を上下していますが、一貫生の一部は布を動かしてスイスイと縫い進めています。
普段の慌ただしさはどこへやら、金曜日の8:35の各教室には、静謐な空気が漂っています。

(高1学年代表 岡本 記)

高校3年生:第1回 全統マーク模試

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

30日

2015

DSC03801.JPG

本日、高校3年生は今年度第1回目となる「全統マーク模試」を受験しました。春休みを含め、これまでの学習の成果が試されるということもあり、生徒たちは真剣そのもの。休み時間・放課後になると、即座に隣の席の友達と答え合わせを始め、互いに解説し合っている様子が印象的でした。今日の結果は、約1ヵ月後に返却され、受験生本人が次なる課題を発見する鍵になるだけでなく、担任の進路面談や進路支援部の講演会等に活かされることになります。

(広報部 松崎 記)

キャリア教育:高校2年生「企業・職業研究」(1)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

28日

2015

高校2年生は総合的な学習の時間に「企業・職業研究」を実施しています。

この研究は、

進路を決定するに当たり、具体的に社会人になった自分のイメージを膨らませるために、社会における仕事の実態を調べ、その職業につくために学生時代に学ぶべきことを知る
その過程で将来への夢を持ち、建設的な考えを持つ社会人として、自分なりの進路を切り拓こうという構えを育てる

ことを目的にしています。 本日は、各クラスのHR委員を集め、企業・職業研究の訪問先決定に向け以下の説明をしました。

1. グループを決める。
2. 訪問したい企業を3社挙げる。4月2日の講演会で説明があったB to Bのように、日常生活の中で見えない企業を知る機会にして欲しいことも伝えました。
3. 5月8日(土)までに希望企業のクラス内の調整を行う。

HR委員は、自分のクラスでわかりやすく説明をしなければならない責任からか、真剣な面持ちで、取り組む内容の理解に努めていました。自分たちの力で進める活動として、率先して取り組んで欲しいと思っています。

高1スプリングキャンプ 2日目

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

25日

2015

SC11.JPGSC12.JPGSC13.JPG

スプリングキャンプは2日目。

朝食の後、体育館に集合し、前日のミニ合唱コンクールと英単語テストの成績優秀者が表彰されました。
前夜の雨が嘘のような好天の下、クラス毎に代々木公園や明治神宮の散策に出かけました。前日の疲れもなんのその、鬼ごっこに興じるジャージ姿の女子高生…。また、散策中に、場所や並び方を工夫して集合写真を撮る「クラス集合写真コンクール」を催しました。各クラスのとっておきの1枚は、後で校内に掲示され、人気投票で順位が決定される予定です。

昼食後に解散しました。たった一泊でしたが、クラスメート同士、一貫生と高入生、それぞれの絆が強まった行事となりました。

前の5件 18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28
<