コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校1年生:学年オリエンテーション①

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

7日

2015

20150407 学年オリエンテーション①01.JPG20150407 学年オリエンテーション①02.JPG高校新入生の学年オリエンテーションを行いました。

まず、服装を整え、礼の仕方の指導がありました。すぐに、全員きちんと揃った礼ができるようになりました。続いて、保健室の使い方、キャリア教育についての説明がありました。

 

最後は生徒指導部長から、生活指導の諸注意です。一回では覚えきれないくらいたくさんのルールがありますが、「聞いていなかった」では済まされない大事なことばかりです。真剣に聞いてくれたことと思います。
予定されていた学年代表講話は、時間切れで延期に。

(高校1年学年代表 岡本 記)

海外大学進学説明会:College of Saint Benedict

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

17日

2015

説明する二人.JPG

本日は希望者を対象にアメリカ合衆国ミネソタ州にあるCollege of Saint Benedictの説明会を行いました。

説明を担当してくださったのは、同大学を卒業し、本校併設大学に勤務中の2名です。College of Saint Benedictは、豊富な自然に囲まれており、北海道が入るくらいの大きさがある五大湖の1つスペリオル湖とキャンパスが繋がっています。なんと、湖は冬には雪で凍り、スキーやフィギアスケートと様々なウィンタースポーツを満喫することが出来るそうです。校内にあるスターバックスでコーヒー飲みながらスケートを楽しむ、夏は大学対抗のレガッタをするなど、季節ごとの楽しみが盛りだくさんです。学生にはスキー板やボートなどの道具はすべて無料で貸し出しをしています。そして、クリスチャン系の学校であるため、キャンパスには礼拝堂や教会などの施設があり、湖のそばにはチャペルがあります。“在学中に凍った湖の上を通ってチャペルまで行ったカップルの8割が将来結ばれる”といった、アメリカの大学ならではの七不思議などもあり、生徒も興味津々といった様子でした。

べ根 キャンパス.jpg豪華な寮 べ根.jpg対話式授業 べ根.jpg

 このような、非常に恵まれたキャンパスの中で、ありとあらゆる分野の学問を学ぶことができます。一般的な日本の大学のように、受験時に学部・学科を選ぶのではなく、2年次の最後に、自分の専門を選ぶことになります。

【College of Saint Benedictで学ぶことができる専門分野の例】

Ethics Art Music Communication English
European Studies Hispanic Studies History Language and Cultures Philosophy
Theology Astronomy Biochemistry Biology Chemistry
Computer Science Mathematics Natural Science Numerical Computation Nursing
Nutrition Physics Accounting and Finance Economics Education
Exercise Science and Sport Studies Global Business Leardership Peace Studies Military Science Political Science
Psychology Social Science Sociology etc...  

 

真剣に聞く様子.JPG

1年生の間はリベラルアーツを中心とし、幅広い分野の学問を学ぶことができます。同時に、この1年間には、大学生活に馴染むための行事が多くあるとのことです。授業も対話を重視するものが多く、生徒が問題提起をするなど、生徒が主体的に授業に参加することが求められます。また、1年次と2年次は寮に住むことになっています。まずは、2人で1部屋を使い、3年目からは4人で1つの家を使うことになるそうです。日本の大学とは違うキャンパスライフやカリキュラムに、説明会に来た生徒は強く惹かれていたようです。

College of Saint BenedictのHPでは、入試方法などの情報が詳しく掲載されています。ご興味のある方はこちらをご覧ください。

「英語 Top Level」講座が始まりました。

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

14日

2015

受験"0"期生(現高校2年生)対象の、『英語Top Level講座』が本日より始まりました。
担当するのは、現役河合塾講師で、多くの参考書・問題集の著書でもある、柴田 卓也 先生です。先月、模擬授業を実施していただき、その解説の的確さや知識の豊富さを目の当たりにした生徒たちが、今回の講座(春季講座)に申し込みました。文字通り、内容はトップレベル。初めて本格的に柴田 先生の講座を受けた2年生たちの表情からは、少し焦りの色が見えました。ですが、これは毎年のこと。実際、この講座を受講した今年の卒業生は、青山学院大、立教大、明治大、法政大、中央大、学習院大、東京農業大など、いわゆるG-MARCHレベルの大学入試に合格しています。
なお、柴田 先生による講座以外にも、「進学講座(通年・夏季休暇)」、「直前講座(冬季休暇)」、「小論文講座」など、目的や受験方法に合わせた課外講座が数多く設定されています。

DSC03355.JPGDSC03350.JPGDSC03346.JPG

河合塾から講師をお招きしての「進学講演会」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

9日

2015

Spring Seminar最終日の午後のイベントは、学校法人河合塾 池袋校から竹脇 様をお招きし、2月5日に実施され、先日結果が返却された「全統 マーク高2模試」を振り返る「進学講演会」です。具体的な振り返りは各教科担当者が授業や講座等で行いますが、模試全体の講評や、今後受験に向けて何を、どう、進めていくべきなのかを、詳細なデータを元にお話していただきました。竹脇 様には、継続的に本校でこうした講演会をご担当いただいており、それぞれの時期に応じたアドバイス、時には激励をいただいております。4日間のSpring Seminarが終わったばかりでしたが、さっそくアドバイスを受け、「今晩、○○に着手する」などと、参加した生徒たちは意気揚々と帰途に着いていました。

DSC03246.JPGDSC03243.JPGDSC03248.JPG

「小論文講演会」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

6日

2015

Spring Seminarが続いています。前回お知らせしたように、午前中は4コマの授業が行われていますが、このSeminarは午後も続きます。午後は、授業ではなく、受験方式ごとに専門家をお招きして、具体的なアドバイスをしていただく講演会を開催しています。本日は、本校の特別講座として小論文指導、推薦受験指導(AO入試を含む)を担当していただいてる、東進ハイスクール講師の大槻 岳 先生に、小論文に関するお話をいただきました。

本校の課外講座には、本校教員が担当する「通年講座」「直前講座」に加え、外部講師が担当する講座が準備されています。このうち、英語に関しては、河合塾講師の柴田 卓也 先生が本校で教鞭をとってくださっていますが、小論文に関しては、大槻 先生と他スタッフが講座、小論文や志望理由書の添削指導を担当してくださっています。現役塾講師による決め細やかな小論文指導が、校内で受けられるということで、毎年好評を博している講座です。添削指導は、繰り返し繰り返し行われることが必要かつ効果的であるため、放課後、自分の教室で、プロフェッショナルなスタッフの指導が受けられるメリットは極めて大きいものです。

本日は、豊富なご経験から、受験“0期生”として、この時期に何を考え、何を読み、何をすればいいのかを、熱く語ってくださいました。AO入試を始め、推薦受験は一般入試に比べて早い時期に始まります。参加した生徒たちは、先生のお話に耳を傾けつつ、必死にメモをとっていました。

DSC02679.JPGDSC03117.JPGDSC03114.JPG

前の5件 20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
資料請求