コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:スポーツ科学

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校2年生:実験中(スポーツ科学コース)

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

17日

2016

昨年度に引き続き、ポスターセッション(研究・実験・考察などを大判ポスターにまとめ、その内容を口頭で発表すること)とパワーポイントでプレゼンテーションを行うため、各グループでテーマに沿って研究を進めています。
2年目に入り、ポスターの作成や実験までの準備(同意書をつくる・各クラスや担任の先生・運動部の顧問の先生方へお願いに行く)、また実験内容など、昨年の経験が生かされ、成長しているのが感じられます。
今年度は、被験者に先生方や中学1年生から高校2年生までの生徒を募り協力してもらっています。ネイティブスピーカーの先生方にも協力してもらうために、英語で口頭説明やアンケート内容など英文で作っていますが、・・・英文の間違いを指摘され、あわてて直す場面も・・・。これも勉強です。
また、SSHとしての活動で用いている足型測定器やサーモグラフィなどの機器をお借りし、昨年よりも良いポスターができるようにしていきたいです。

4745a73e85d1c56939298cbf43b909b69858cb1a.JPGd4ced85a09c087b5dccbe3ff48cec5ab8df2edbe.JPG

高校1年生:「スポ学講座」

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

11日

2016

今回の「スポ学講座」は、プロのトレーナー稲垣宗員さんによる実技指導がメインの講義でした。プロのトレーナーである前に、1人の人として、どのようなことを心がけているかという話から始まり、近い将来、どのような仕事をしても、人と関わらない仕事は存在しないので、その時に、自分がどのような人間か分かってもらうことが大切だ!と熱く語ってくださいました。ストレスとイージーミスの関係性を楽しいゲームを通して教えてくれました。また、身長を1センチ伸ばすためのストレッチを教わり、2人1組でトライしてみると、なんと本当に伸びていた!そのほか、背骨の矯正とメンタルトレーニングについて勉強しました。この二つは、どのような競技でも共通していることなので、自分の競技にいかしてほしいと思います。

以下、トレーナー志望の生徒の感想です。
【私がイメージしていたトレーナーの仕事は、怪我を治したり、筋力トレーニングをしたりすることです。しかし、今回、稲垣さんのお話を聞いていて感じたことは、対人関係がメインになってくるということです。そのため、普段からコミュニケーションをとることが大切だと感じました。また、猫背改善プログラムや腹式呼吸の方法など、トレーナーの仕事は幅広いことも知りました。】

CIMG3240.JPGCIMG3237.JPGCIMG3234.JPG
CIMG3252.JPGCIMG3236.JPGCIMG3233.JPG

高校2年生:ローラースケート競技 アジア選手権大会3位

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

5日

2016

1c21995aa0a1369b5bcbe2d55fa5bd3aa491e6e6.jpg

bc680d29fb03deb738ac777132732fe8e4b77a28.jpg

高校2年スポーツ科学コースの生徒が、中国で行われたローラースケートアジア選手権大会に日本代表として出場しました。
3000mと5000Mmリレーで3位に、個人種目で500mスプリントで6位に入賞し、メダルと賞状と共に帰国しました。9月に行われた世界選手権では、思ったより力を発揮できず、残念な思いをしましたが、今回このアジア選手権でうれしい結果となりました。


ローラースケートだけでなく、日々の学習、在籍コースで行うスポーツ科学研究と、限られた時間を効率良く使い、頑張っている生徒の一人です。今後も国内大会が続きますが、変わらず文武両道を体現し続けてくれることを期待しています。

 

高校1年生:第3回スポ学講座「ヒトの足について」

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

10月

28日

2016

足関節と足部の構造をはじめ、一般的な内反捻挫の知識について、基本的な知識を教えていただきました。
また、足の第二指の関節を意識することにより、理に適った歩き方ができることは、知っているようで知らなかった知識でした。
メモを取ったり、質問したり、充実した講座になりました。
コミュニケーション能力が高いスポーツ科学コースの生徒たちは、積極的に自分の足を動かしたり、友達の足の動きを確認したり、お互いに学び合いました。
(スポーツ科学コース担当 山田記)
P1000145.JPGP1000148.JPGP1000146.JPG
 

高校1年生:スポ学講座

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

10月

13日

2016

10月8日(土)に高校1年生スポーツ科学コースを対象とした「スポ学講座」を行いました。
今回のスポ学講座は、了徳寺大学の山際まどか先生をお招きしてのテーピング講座です。 完成したばかりのBAL2にて、テーピングの理論を学んだ後、友達の足をモデルにして足関節をサポートするテーピングに挑戦。これで捻挫しても大丈夫!?

CIMG3100.JPGCIMG3124.JPGCIMG3115.JPG

 

前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
資料請求