コース制の学び

コース制の学び

新構想:Advanced Science

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

中学1年次

 

「科学の楽しさを体感」

 

自然現象に関連する原理や科学的思考を、観察・実験を通して体感的に学習し、自然科学に対する興味関心を高める。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「科学探究の基礎を体験」

 

継続的な観察・観測と調べ学習を通して、実験器具の使用法、情報の収集法、データの整理法、さらに発表スキルの基礎を学び、レポートを作成する。

 

 

 

中学3年次

 

「科学探究の基礎を習得」

 

1・2年で培った基本的な科学的知識と探究力をもとに、背景の調査、課題の発見、目標設定、実験計画、データ整理、発表まで、一連の研究活動を主体的に行う。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学3年生:幼稚園学習体験 第1日目

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

07月

13日

2015

午前中、中学3年生の菊組・松組の希望者28名が文京学院大学文京幼稚園にて幼稚園学習体験を行わせていただきました。園児との学びを一緒に体験した後に幼稚園の先生方と質疑応答の時間もあり、有意義な経験をさせていただきました。

P7130054-s.JPGP7130085-s.JPGP7130041-s.JPG

 

中学2年生:博物館見学

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

07月

8日

2015

昨日期末テストを終えた中学2年生。本日は、「博物館見学」を行いました。昨年は科学博物館でしたが、今年は東京国立博物館を見学します。
前半は、学芸員の方から博物館のお仕事について教えていただきました。通常の見学では見ることができない舞台裏の様子に何度も驚きました。特に、大きな仏像を奈良から運ぶときの写真にはビックリしました!1時間のグループ見学では、前半に写真を見せていただいた般若の能面を、わくわくしながら探しに行く子も。
短時間ではありましたが、それぞれお気に入りの文化財を見つけ、博物館の楽しさを体験することができました。

(中2学年担任 加藤 記)

P7080818_200pix.jpgP7080819_200pix.jpgP7080814_200pix.jpg

07月

1日

2015

P7010020.JPG

中学3年生は、本日2時間目の「総合的な学習の時間」に、キャリア教育の一環として卒業生2名による「私の選択-将来の仕事と職業について」の講話を聴きました。

実際に社会人として働いている卒業生の話を聞くことで、自分の将来やどんな職業に就きたいのかなど、考えるきっかけになったのではないかと思います。今はまだ自分の将来を漠然としか捉えられていないのだと思いますが、先輩の話の中には、在学中に経験したことが、現在就いている仕事に活かされていたり、うまくいかなかった時に中・高時代に身につけたことが克服するきっかけになったりなど、具体的な話を聴くことができました。きっと「今、取り組んでいることって、結構大切なんだ...」と感じ取ってくれたに違いありません。
後期には企業訪問を体験します。

(キャリア教育支援部長 沢柳 記)

中学1年生:ファンデーションプログラムがスタート。

[ カテゴリ:Advanced Science ]

07月

1日

2015

中学校1年生の「ファンデーションステージプログラム」では、いよいよ3コースに分かれての活動が始まりました。
Advanced Scienceコースでは、文京学院大学教授の樋口先生による『おかし』についての授業でスタートをきりました。樋口先生も生徒も大好きな『おかし』ですが、一体何でできているのでしょうか?

樋口先生:「クッキーって何でできているの?」
生徒:「小麦粉・卵・バター?」       

この答えが出るまでにも結構時間がかかりました。いつも食べている(?)ものですが、その内容は意外に知らないものです。
生徒はグループで話し合いながら様々なおかしの主な成分を予想し、プリントに書き込みました。グミ、ハイチュー、キャラメル、ジャイアントカプリコ、ハッピーターン、マシュマロ、かっぱえびせん、ようかん...。「キャラメルは作ったことがある!」と言いつつも、なかなか材料が思い出せません。グミとハイチューに、「ねっちょり成分」と書いているグループもいました。「ねっちょり成分」とは...!?

記入の後は、おかしの食品表示をコピーしたものを見ながら予想を確認しました。砂糖、水あめ、麦芽糖、乳糖、ゼラチン、グルテン、植物油脂、でんぷん、ミルクパウダー、カカオマスなど等。見慣れない名称のものが沢山ありました。
最終的に「グミ」に着目し、様々なグミの食品表示を見比べてグミを作るのに必要な材料を考えました。宿題は調べ学習をしてグミのレシピを調べること、ゼラチンと寒天の違いを調べること、ゼラチンとは何かを調べること等です。

次回は7月7日。調べたことを利用して実際に皆でグミを作ります。グミの“グミグミ”感のもととなるものは一体何なのでしょう。そして“グミグミ”した噛み応えのあるグミは果たして作れるのでしょうか。

IMG_5207.JPGIMG_5210.JPGIMG_5215.JPGIMG_5218.JPGIMG_5221.JPG

中学3年生:減数分裂の観察(理科)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

06月

18日

2015

ムラサキツユクサのツボミを使って、減数分裂の観察をしました。観察したことによって、前回の細胞分裂のときとの違いが理解できました。レポート用紙にスケッチをして、提出します。

DSC01126.JPGDSC01129.JPGDSC01140.JPG

前の5件 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
資料請求