コース制の学び

コース制の学び

新構想:Advanced Science

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

中学1年次

 

「科学の楽しさを体感」

 

自然現象に関連する原理や科学的思考を、観察・実験を通して体感的に学習し、自然科学に対する興味関心を高める。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「科学探究の基礎を体験」

 

継続的な観察・観測と調べ学習を通して、実験器具の使用法、情報の収集法、データの整理法、さらに発表スキルの基礎を学び、レポートを作成する。

 

 

 

中学3年次

 

「科学探究の基礎を習得」

 

1・2年で培った基本的な科学的知識と探究力をもとに、背景の調査、課題の発見、目標設定、実験計画、データ整理、発表まで、一連の研究活動を主体的に行う。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学1年生:「数楽」の授業

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

9日

2015

中学1年生の数学では「正負の数」の計算を学んでいます。100マス計算を繰り返して日々鍛えてきた計算スキルですが、今日はトランプでそのスキルを大活用しました。

一見単なるババ抜きのようですが、ルールが少し異なります。このババ抜きでは、クラブとスペード(黒)を正の数、ハートとダイヤ(赤)を負の数とします。そして、3枚組み合わせて0になったら、捨ててよし、とします。例えば、ダイヤのK(13)とハートのQ(12)、そしてダイヤのA(1)、またはクラブの3、スペードの2、そしてハートのなどの組み合わせがあれば「やったね!」ということになります。
皆互いに教えあい、確認しあいながら、とても楽しそうに学んでいました。

以上、本日の「数楽」についてでした。

(広報部 西山 記)

IMGP1573.JPGIMGP1574.JPGIMGP1575.JPG

中学1年生:英語の授業

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

8日

2015

中学の英語の授業は全クラス2分割で行っております。中1はまだLesson1の初歩的な内容ですが、登場人物を自分に置き換え、自分のこととして英語で対話、発表を行っています。発表のときはみんな生き生きしています。

IMGP1548.JPGIMGP1549.JPGIMGP1554.JPG

中学1年生:上皿てんびんの使い方(理科)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

28日

2015

上皿てんびんを使って、身近なものの質量をはかりました。「分銅は手でさわらない。はかろうとするものより少し重い分銅から皿にのせる。つりあったときは、針が左右に等しくふれる。」などの注意点をしっかり理解して、上手に使うことができるようになりました。後片付けの注意点にも気をつけて、行うことができました。

DSC01065.JPGDSC01066.JPGDSC01064.JPG

中学1年生:池の中の小さな生き物(理科)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

27日

2015

池の中の小さな生き物を、顕微鏡を使って観察しました。「ニョロニョロしている生き物がいるよ」、「ミジンコがいるよ」、「竹のような形の生き物がいるよ」など、発見したときの歓声が、理科室のあちらこちらで聞こえてきました。顕微鏡の使い方がどんどん上手になっていきます。

DSC01058.JPGDSC01059.JPGDSC01062.JPG

中学2年生:細胞の観察~動物と植物の比較

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

27日

2015

本日、オオカナダモの細胞と自分の頬の内側の細胞を顕微鏡で観察しました。自分の細胞を始めて観た人が多かったのではないでしょうか?植物の細胞と動物の細胞の共通点、違う点を見つけることはできましたか?

DSC01043.JPGDSC01044.JPGDSC01045.JPGDSC01046.JPGDSC01051.JPGDSC01052.JPG

前の5件 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23
資料請求