コース制の学び

コース制の学び

新構想:Advanced Science

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

中学1年次

 

「科学の楽しさを体感」

 

自然現象に関連する原理や科学的思考を、観察・実験を通して体感的に学習し、自然科学に対する興味関心を高める。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「科学探究の基礎を体験」

 

継続的な観察・観測と調べ学習を通して、実験器具の使用法、情報の収集法、データの整理法、さらに発表スキルの基礎を学び、レポートを作成する。

 

 

 

中学3年次

 

「科学探究の基礎を習得」

 

1・2年で培った基本的な科学的知識と探究力をもとに、背景の調査、課題の発見、目標設定、実験計画、データ整理、発表まで、一連の研究活動を主体的に行う。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学1・2年生:実力テストが実施されました。

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

5日

2015

中学1・2年生と高校2年生は実力テストを受験しました。加えて、午後には中学1・2年生を対象に、英語力を総合的に測定する「GTEC(ベネッセコーポーレーション)」も実施されました。本校での英語学習効果が測られると同時に、今後の大切な資料となります。そのことを理解している中学生たちは、必死に問題に取り組んでいました。また、高校2年生が受験した「全統マーク高2模試(河合塾)」は、受験本番に向けて重要な志望校判定が行われること、そして今後の学習課題をあぶりだせることから、生徒が全力で受験するのはもちろん、教員側も様々な方法で応援してきました(冬休みや放課後に講習を実施した科目もありました)。昼休みに入ると、該当する参考書のページを確認してみたり、「先生が言っていた方法を試してみた!」「問6(の答え)は...だよね?」など、お弁当を食べながら反省会が始まっていました。

どちらも今後の学習の成果と現在の課題を見出し、今後の学習につなげる大切な機会となりました。結果が出るのは約1ヵ月後です。

R0251433.JPGR0251438.JPGR0251445.JPGR0251442.JPGR0251444.JPGR0251443.JPG

「新生、文京学院シンポジウム」:Advanced Science/理数キャリア

[ カテゴリ:Advanced Science ]

10月

20日

2014

第1部 基調講演「理数女子の将来性と展望」では、信州大学全学教育機構長で工学博士の村上好成教授に、大学教育における教養教育の流れや、現在の大学が抱える様々な課題に精力的に取り組まれている教育改革について、お話しいただきました。理系女子の研究者である奥様との子育てのエピソードも交えながら、これまでは困難も多かった理工系女性研究者を取り巻く環境が、ここ数年大きく注目度があがって、今まさに急に明るく開けてきているのだという先生の言葉が印象に残りました。

第2部 パネルディスカッション「理系女子の活躍を支える学校教育~文京学院のSSHがめざすところ~」では、SSHの立ち上げから実際の指導に深く関わっていただいている併設大学保健医療技術学部の樋口桂准教授に、本校のSSH指導教員2名、そして村上先生にもパネリストとして加わっていただき、本校のSSH活動について語っていただきました。SSH指定から3年目のこれまでの活動を通して、大きく成長してきた生徒たちの様子を紹介しながら、将来の女性サイエンティストの活躍に大いに期待したくなる、そんな語らいの場となりました。

DSC01894.JPG     DSC01898.JPG     DSC01921.JPG

DSC01932.JPG     DSC01945.JPG     DSC01942.JPG

中学1年生:科学塾* 数学講座

[ カテゴリ:Advanced Science ]

10月

10日

2014

001.JPGのサムネイル画像放課後の時間を使って、数学講座が行われました。数学講座では、高校入試問題や、少し難しい問題にチャレンジします。受講生は全員、中学1年生です。今回の内容は「指数法則」でした。気になる皆さんの反応は、非常に良し!難しい問題にも果敢に挑戦し、答えることができていました。すごいですね。これからも皆さんの数学の力に期待しています。

*「科学塾」についてはこちら

中学1年生:Advanced ScienceとSports Scienceの取り組み

[ カテゴリ:Advanced Science ]

09月

29日

2014

中1ファンデーションプログラムのひとつとして、学園祭でこれまでの取り組みの成果を発表しました。
アドバンストサイエンスとスポーツサイエンスでは、グループにわかれ、それぞれの研究テーマを発表しました。非常に中身の濃いアカデミックなプレゼンがたくさんありました!
10月26日の説明会のときに、作品を展示しますのでご期待ください。

ADVANCED SCIENCE (アドバンストサイエンス)コース

IMG_3592.JPG

①メントスガイザーの炭酸水を変えてみた
②扇風機のプロペラを変えて風力をみる
③大きなシャボン玉を作るには?
④水溶液を混ぜてみる
⑤アードウルフの生態・食べ物を調べる
⑥科学手品
⑦カエルについて
⑧葛西臨海公園の生物
⑨銀河系の近くにある大マゼラン・小マゼラン銀河について
⑩いろいろなものを振るとどうなるか
⑪夏の星座と星の誕生
⑫電卓でできる数学マジック
⑬円周上の点を結ぶ弦による円の分割
⑭不可能立体
⑮砂糖について

SPORTS SCIENCE(スポーツサイエンス)コース

①栄養素の種類と働きについて
②疲労について・疲労回復のためのアイシングについて
③人間の身体はいくつの骨と筋肉からできているか
④足を速くするためにはどこを鍛えればよいか(運動に使う筋肉)
⑤人間はなぜ汗をかくのか(その汗はなぜ臭いのか)
⑥「シャウト効果」の検証実験について
⑦スポーツをするために普段からどのような食事をすればよいか
⑧なぜ腹筋は割れるのか
⑨走るとなぜ呼吸があらくなるのか
⑩朝食の重要さについて

文京ジュニアSSH in 妙高

[ カテゴリ:Advanced Science ]

08月

11日

2014

今年の「文京ジュニアSSH in 妙高」には、中学1年~3年の28名が参加しました。
8月8日から11日までの3泊4日で、国立妙高青少年自然の家に宿泊し、様々なプログラムを行います。

 8月8日(金)  妙高での最初のプログラムは「源流体験」です。
川の水温を手で感じながら実際に温度計で測ってみたり、植物や地層についての話を聞いたりしながら、川をさかのぼっていきます。小さなトレイを使って水中生物を調べたときは、みんな一生懸命探していました。2、3人の生徒が土管くぐりにも挑戦しました。全身ずぶ濡れになりながらも楽しそうでした。

IMG_1046.JPG IMG_1053.JPG IMG_1076.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 8月9日(土)  今日は「火山学習」です。バスで近くの温泉街や登山口へ向かいます。みんなで草笛にも挑戦しました。
妙高山は火山活動によってできた山で、温泉も豊富に湧いています。道路も温泉の成分で赤く変色していて、脇の側溝には温泉のお湯が流れています。

IMG_1112.JPG IMG_1123.JPG

 

 

 

 

 

 

 

山道を歩きながら、惣滝の滝壺へ向かいます。1時間ほどのトレッキングでしたが、みんな頑張って歩きました。道々、溶岩が固まってできた岸壁が目の前に広がり、火山活動のすごさを実感できます。滝の横の崖では、火砕流の固まった地層と、溶岩流の固まった地層の違いがよくわかりました。落差80mの滝は迫力十分です。滝のすぐそばで食べたお弁当はとてもおいしかったです。山の中の秘湯では足湯体験、山歩きの疲れも吹き飛びます。

IMG_1203.JPG IMG_1265.JPG IMG_1274.JPG

 

 

自然の家に戻ってからは、宿舎裏の地層にある火山岩をみんなでハンマーで砕き、それを岩石カッターで切断して切断面の観察をしました。火山灰を顕微鏡でみると、成分の結晶をみることができました。
夜は「星の学習」です。残念ながら雨天で、屋外での観測はできませんでしたが、星のスライドをみたり、宇宙旅行のシミュレーションアプリで、月面や惑星の探索を体験しました。

IMG_1297.JPG IMG_1306.JPG IMG_1309.JPG IMG_1321.JPG IMG_1339.JPG IMG_1348.JPG

 8月10日(日)  今日は「藤巻山登山」です。途中の道々で、妙高の植物や虫などについて観察をしながら歩きます。登山道に入ってからは、急な坂もあって上るのもなかなか大変です。
山の尾根で休憩も挟みながら、「ブナ林の保水力」についての実験も行いました。雨の降った後でしたが、それでも腐葉土に多くの水が吸収されることを学びました。
ついに頂上、944.9mの藤巻山山頂です。みんな頑張って登りきりました。
夜は、今回体験したことを各自がまとめて、最終日に発表する準備です。疲れもあったと思いますが、みんな遅くまで一生懸命取り組んでいました。

IMG_1381.JPG IMG_1409.JPG IMG_1425.JPG IMG_1434.JPG IMG_1405.JPG IMG_1449.JPG

 8月11日(月)  今日は「学習のまとめの発表会」です。自分たちでまとめたことを、一人ずつみんなの前で発表しました。9月になったら、学園祭での発表にも取り組みます。内容の濃い3泊4日の活動でした。

IMG_1504.JPG IMG_1459.JPG IMG_1478.JPG

前の5件 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23
資料請求