資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

新構想:Advanced Science

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

中学1年次

 

「科学の楽しさを体感」

 

自然現象に関連する原理や科学的思考を、観察・実験を通して体感的に学習し、自然科学に対する興味関心を高める。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「科学探究の基礎を体験」

 

継続的な観察・観測と調べ学習を通して、実験器具の使用法、情報の収集法、データの整理法、さらに発表スキルの基礎を学び、レポートを作成する。

 

 

 

中学3年次

 

「科学探究の基礎を習得」

 

1・2年で培った基本的な科学的知識と探究力をもとに、背景の調査、課題の発見、目標設定、実験計画、データ整理、発表まで、一連の研究活動を主体的に行う。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

ジュニアSSH 妙高高原自然体験教室

[ カテゴリ:Advanced Science ]

08月

10日

2016

文京Jr.SSHの活動の一環として行っている、『妙高高原自然体験教室』。
今年度は8月7日~8月10日の3泊4日の日程で21名の参加がありました。

1日目は妙高高原の4種類の温泉を巡ってその成分を調べたり、夜は満点の星空の下、星空観察を行いました。 月明かりひとつ無い夜空では、星の瞬きや天の川、人工衛星などもはっきりと観察できました。 ペルセウス座流星群の極大日が近かったので、流れ星も1時間に4~5個流れ、そのたびに大きな歓声が上がっていました。

CIMG4978.JPG CIMG4989.JPG IMG_1988.JPG

2日目はイモリ池ビジターセンターで、鎌を使った葦(ヨシ)刈り体験を行いました。3年生は沖縄でサトウキビを刈った 経験を生かし、黙々と作業を進めていました。館長の春日さんからは田舎の生徒より手際が良いとお褒めの言葉を頂きました。 池のミズバショウの生息域を守るために、定期的にこの作業を行っているそうです。刈ったあとにはミズバショウを植えました。

IMG_2060.JPG IMG_2066.JPG IMG_3316.JPG

3日目の午前は火山学習です。地層を見たり、火山岩をハンマーで割って顕微鏡で観察しました。
午後は源流体験を行いました。生い茂った山の中に流れる川に入り、カワゲラ、カゲロウ、ゲンゴロウなどを捕獲し観察しました。 去年は1匹しか捕れなかったプラナリアも10匹以上見つけることができました。みんなずぶ濡れになりながら楽しんで学習できました。 夕方には火を自分たちで起こしての、バウムクーヘン作りです。火の扱いに慣れていない生徒が多く、みんな苦戦していましたが完成した バウムクーヘンは格別の味でした。

CIMG5037.JPG CIMG5043.JPG IMG_3478.JPG

最終日は今まで学んだことをレポートにまとめて発表です。温泉や動植物、昆虫など、各班独自の視点で妙高高原についての発表を行いました。 妙高青少年自然の家所長の伊野さんや、4日間お世話になった水澤さんにも発表を見ていただき、様々なアドバイスをいただきました。
この3泊4日の経験は、生徒たちを逞しく成長させました。身のまわりのものに目を配り、興味をもって接することがいかに大事かを学ぶことができた4日間でした。 次年度もプログラムを変えて妙高高原で実施する予定です。みなさん、楽しみにしていてください。

CIMG5004.JPG CIMG5075.JPG CIMG5078.JPG

中学2年生:アドバンストサイエンスコース 東京大学 地震講座

[ カテゴリ:Advanced Science ]

08月

4日

2016

8月4日の東京大学オープンキャンパスで、地震研究所が施設公開及び公開実験がありました。
中2のASコースの研究テーマは地震ということもあり、希望生徒を募り参加してきました。

まずは栗田教授による実験講義「地震発生プロセスを実感する」です。
ステンレス容器とすき焼き鍋に70℃に熱したべっこう飴を入れ、氷水に入れて観察しました。
固まりかけたべっこう飴を岩盤に見立て、温度低下による体積の変化の違いから、微小な割れ目を発生させる実験です。目と耳で観察を通してその特徴・原因を考察し、地震発生との共通点を探りました。

e5e67ca45e16d91240ad16d4ee4ec020c476c4e2.JPG DSC02210.JPG DSC02217.JPG

続いて,地震計博物館で地震計の展示について説明を受けました。
地震研究所で設計、製作されたものも多く、現代の高感度地震計も見学・体験することができました。

DSC02193.JPG DSC02223.JPG DSC02225.JPG

最後は学生の皆さんの実験を見て回りました。
津波伝播実験,液状化実験,カルデラの形成実験,バネとブロックによる地震再現実験,水あめ火山噴火実験などを見学、体験しました。どの実験装置も工夫されていて、地震について理解を深めることができました。

DSC02236.JPG DSC02237.JPG ad9b3d7800d2b5fcd54568f80cfcf0fbbc842dab.JPG

研究者の生の声を声を聴き、質問することができたのは何よりの経験でした。文化祭での発表に向けて、それぞれのテーマごとに調査、研究を進めていきます。

中学2年生:アドバンストサイエンスコース課題研究⑤

[ カテゴリ:Advanced Science ]

07月

5日

2016

いよいよ地震についての調べ学習が始まりました。
まず、生徒に地震から連想するキーワードをあげさせました。命、プレート、火災発生のメカニズム、液状化現象、帰宅困難、通信不具合、更には動物の異常行動など、色々なワードが出てきました。その後は各自で調べたいと思ったワードの下に名前マグネットを貼り、テーマを決定しました。テーマ決定後は、iPadとPCを用いて調べ学習です。

夏休み中もこの調べ学習を継続して行います。  

(中2学年 サイエンス担当 富樫 記)

DSC02158.JPGDSC02159.JPGDSC02162.JPGDSC02163.JPGDSC02169.JPGDSC02173.JPG

中学1年生:アドバンストサイエンス

[ カテゴリ:Advanced Science ]

06月

30日

2016

ファンデーションステージのアドバンストサイエンスコースを選択した生徒達が、探究活動をおこないました。今年度のファンデーションステージの大きなテーマは、『東京』です。東京の自然、環境などについて、理科的・数学的視点を養います。今日は、各グループ、「どうして?」をキーワードに探求テーマを決定しました。

DSC01254.JPGDSC01248.JPGDSC01253.JPG
DSC01258.JPG

中学2年生:アドバンストサイエンスコース課題研究④

[ カテゴリ:Advanced Science ]

06月

22日

2016

前回の「パスタタワーコンテスト」の結果についてアドバンストサイエンスコース担当教員が講評を行いました。
講評を受けて、更に気付いたことや反省点を班ごとに話し合い、発表しました。すじかいで強度を高める、土台の粘土を厚くする、パスタの長さが均一になるよう整えるなどの改良点が挙げられました。
構造と強度についての学びをいかし、今後は『地震』に関することがらについて調査を始めます。

DSC02232.JPGDSC02241.JPGDSC02247.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
<