コース制の学び

コース制の学び

新構想:Advanced Science

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

中学1年次

 

「科学の楽しさを体感」

 

自然現象に関連する原理や科学的思考を、観察・実験を通して体感的に学習し、自然科学に対する興味関心を高める。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「科学探究の基礎を体験」

 

継続的な観察・観測と調べ学習を通して、実験器具の使用法、情報の収集法、データの整理法、さらに発表スキルの基礎を学び、レポートを作成する。

 

 

 

中学3年次

 

「科学探究の基礎を習得」

 

1・2年で培った基本的な科学的知識と探究力をもとに、背景の調査、課題の発見、目標設定、実験計画、データ整理、発表まで、一連の研究活動を主体的に行う。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学1年生:理科 「ガスバーナーの使い方」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

06月

21日

2016

中学1年生全員が、マッチを使って、ガスバーナーに正しく火をつけることができるようになりました。
写真は、4種類の白い粉末を加熱している様子です。実験中は、「私がガスバーナーに火をつけたい」という積極的な声が聞こえてきました。

fd0a696c7930405cd98edff1a5e437222b4e51bd.JPGefa432097b95bd80dcf9f40eed2d9d9bf7d22aa7.JPG6ba42924fd82f98559563dad6603719fadbd5b1c.JPG
9ba108465ee10eceafea58ee64cbf5eac998ac81.JPGea15918dbaaf4698dad57a90aa3391f2ec7d49b6.JPG9787b3c97a9803a12e96151d689521763c1c42a1.JPG

中学2年生:アドバンストサイエンスコース課題研究②

[ カテゴリ:Advanced Science ]

06月

1日

2016

アドバンストサイエンスコースの第2回目となる課題研究を行いました。前回に続き、パスタを使って塔を作りました。今回はiPadを使って実際の建築物などを検索しながら、各班改良を加えました。
次回はいよいよパスタタワーコンテストを行います。どれだけ多くの5円玉をどれだけ高い点で支えることができるかを競います。その後は各班の工夫した点などを互いに発表します。

(中2学年 数学科 サイエンス担当 富樫 記)

DSC02134.JPGDSC02136.JPGDSC02143.JPG

中学2年生:アドバンストサイエンスコース課題研究①

[ カテゴリ:Advanced Science ]

05月

18日

2016

中学校2年生アドバンストサイエンスコースの課題研究が始まりました。テーマは『地震』です。テーマは『地震』です。
まずは、建物の構造や強度について学んでいきます。今回は、パスタと粘土で塔を作り、その上に5円玉を乗せ、塔の高さと5円玉の枚数で競いました。各班色々な案が出ました。大人にはない柔軟な発想力で個性あふれる塔を作りました。

(中2学年 数学科 サイエンス担当 富樫 記)

DSC02131.JPGDSC02132.JPG

中学3年生:(地歴)イラストで知識を再確認

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

7日

2016

中学3年の地歴の授業で、日清戦争・日露戦争について学習しました。今日の松組の授業では、学んだことをどれだけ理解できているか、黒板にイラストを描きながら再確認しました。
残念ながら時間が足りず、三国干渉のイラストなど一部途中になってしまったものもありましたが、全員で協力して一連の流れをイラストにすることができました。
お互いに友達が書いたイラストを見ながら、内容を再確認できました。

(教科担当 加藤 記)

P5075673.jpgP5075678.jpgP5075679.jpg

中学生:創作ダンス発表会

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

03月

19日

2016

今回で26回目を迎えるこの創作ダンス発表会は、中学3年生が、1年間体育の授業において取り組んできた、表現活動の成果として実施しています。クラスの発表会を経て、その中から表現したい内容(主題)がよく伝わった作品を選考し、中学生全員が鑑賞する機会を持っています。
作品を創り上げるには、主題を明確にするところからスタートし、あれこれと意見を出し合いながらグループのメンバーと協同し、気持ちを込めて表現するまで、約5ヶ月間の期間を要します。その他にも、音楽を編集したり、衣装を決めたりと、大変な取り組みになりますが、完成したときは、苦労が充足感に変わります。

今回の最優秀賞は和太鼓や歌舞伎など、日本の芸能の繊細かつ力強いところを表現した「大和」、優秀賞は「光と影-本当の自分を求めて-」、「天使と悪魔~人間の感情~」でしたが、出場作品すべてに工夫が感じられ、素晴らしい発表になったと思います。

鑑賞していた1・2年生は、中学3年生になったら取り組みます。楽しみですね!

(広報部 西山 記)

P3051895.JPGP3051967.JPGP3051982.JPG

 

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
資料請求