コース制の学び

コース制の学び

中学 コース横断型の学び

 

Bunkyo Blog

中学1年生:実力テスト(とお昼の様子)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

9日

2015

雨が上がり、すごしやすい一日になりました。中学1年生も他の5学年と同じく、実力テストの一日。教科は理科、社会、国語、数学の4教科です。 集中して取り組んだせいか、4時間目の数学が終わったときには、大きく伸びをする姿も見られました。
今日のお昼は、クラスごとに教室でお弁当を食べました。明日からは給食が始まります。入学祝いメニューのちらし寿司、楽しみです。(中1学年代表 丸山 記)

IMGP9801.JPGIMGP9817.JPGIMGP9807.JPG

中学3年生対象:Spring Seminar

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

03月

10日

2015

高校入学を前に、今日から5日間、中学3年生を対象としたSpring Seminarを行っています。国語、数学、英語の3教科について、中学校の復習と高校のための準備をしています。高校入学後すぐに実力テストもあるので、みんな真剣に取り組んでいます。授業は、普段の授業担当者以外に、高等学校所属の教員も担当します。このような、中高間での連携、長期休暇の有効活用も中高一貫校の魅力のひとつです。

IMGP7911.JPGIMGP7914.JPGIMGP7929.JPGIMGP7931.JPGIMGP7934.JPGIMGP7935.JPG

 

中学校:「英語暗唱コンテスト」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

12日

2015

本日3・4時間目に、本部棟のジャシーホールにおいて「第53回 中学英語暗唱コンテスト」が行われました。本校では英語の暗唱に力を入れており、毎年冬休みの宿題として教科書の1レッスンの暗唱があります。そして、冬休み明けの授業で暗唱発表、その後の学年予選を経て、今年度は27名が本選に出場しました。
本選出場者は練習に練習を重ね、表現にも工夫を凝らし、見事な発表ができました。特に3年生が発表した「キング牧師の演説」は迫力があり、会場からは感嘆の声があがりました。学年が上がるにつれて、英語レベルの向上は言うまでもなく、本校生徒の発表をする際の“自信”を感じることのできるコンテストになりました。

P1050735.JPGP1050734.JPGP1050901.JPG

*高等学校「Speech Contest」の記事へ

中学1・2年生:実力テストが実施されました。

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

5日

2015

中学1・2年生と高校2年生は実力テストを受験しました。加えて、午後には中学1・2年生を対象に、英語力を総合的に測定する「GTEC(ベネッセコーポーレーション)」も実施されました。本校での英語学習効果が測られると同時に、今後の大切な資料となります。そのことを理解している中学生たちは、必死に問題に取り組んでいました。また、高校2年生が受験した「全統マーク高2模試(河合塾)」は、受験本番に向けて重要な志望校判定が行われること、そして今後の学習課題をあぶりだせることから、生徒が全力で受験するのはもちろん、教員側も様々な方法で応援してきました(冬休みや放課後に講習を実施した科目もありました)。昼休みに入ると、該当する参考書のページを確認してみたり、「先生が言っていた方法を試してみた!」「問6(の答え)は...だよね?」など、お弁当を食べながら反省会が始まっていました。

どちらも今後の学習の成果と現在の課題を見出し、今後の学習につなげる大切な機会となりました。結果が出るのは約1ヵ月後です。

R0251433.JPGR0251438.JPGR0251445.JPGR0251442.JPGR0251444.JPGR0251443.JPG

「空間力」プロジェクト(その3)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

31日

2015

IMG_0041.JPGのサムネイル画像

高校での国内研修の行程を自分たちでプロデュースする「空間力」プロジェクト。いよいよ、行程立案のための調査がはじまりました。今年度は、基本的な経路、つまり宿泊地や宿泊地の移動順は変えずに、研修旅行のテーマに応じた訪問地を各チームで調査・選定していきます。

研修旅行の学習テーマは、

(1)環境と産業

(2)自然

(3)歴史と文化

(4)戦争と平和

の4つです。これらのテーマをまんべんなく学ぶことができるような行程をつくるのは、プロの旅行会社でも難しいと聞きます。今日は教室で、旅行会社の方からいただいた資料を中心に、教科書などに登場する九州各地の情報を参考にして、各チームで話し合いを進めました。これから発表会までの間、図書館やコンピュータ実習室も利用しながら、調査とプレゼンテーション資料の作成を進めていきます。二つの作業をほぼ同時進行で、うまくこなしてゆけるでしょうか。2月後半の発表会が楽しみです。

(「空間力」プロジェクト その2)

前の5件 34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44
資料請求