資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

新構想:Global Studies

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。

 

 

 

中学1年次

 

「身のまわりにある見えないバリアを考える」

 

私たちが暮らす身近な東京の街から、日本語を解さない外国人観光客や障がいのある方が直面する「バリア」を抽出。誰しもが暮らしやすい社会についてアイディアを出し合う。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「世界各国の多様な生活様式に目を向ける」

 

世界各国の「暮らし」について学びながら、グローバル社会が持つ多様性を知る。

 

 

 

中学3年次

 

「グローバル社会で果たすべき役割について考える」

 

数多くの職業・キャリアに触れながら、社会そして世界でどのような役割を果たすべきかを考える。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

「アフリカを知ろう」の準備を行いました。

[ カテゴリ:Global Studies ]

06月

3日

2015

中2学年Global Studiesコースが本日の総合学習の時間に行ったのは、前回の「中国を知ろう」に続き、「アフリカを知ろう」の準備でした。アフリカに関する絵本を60冊集め、図書館で読書をし、感想を書きました。

『風をつかまえたウィリアム』(さ・え・ら書房、2012年)を読んだある生徒の感想です。
「家に帰っても電気がなくて暗くて寝るだけだし、お金がなくて画工にもいけないし、食べるのも一日一回の暮らしにくらべたら、自分たちは学校にも通えてる、電気も食べ物もある暮らしができていて幸せだと思いました。」

7月にはケニア出身の留学生が話をしに来てくださる予定です。自分たちがアフリカやケニアに持っているイメージと同じか、どう違うのか、今から楽しみです。

(中2学年 Global Studiesコース担任 記)

P6030785_220pix.JPGP6030803_200pix.JPGP6030809_200pix.JPG

中学1年生:ファンデーションステージプログラム

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

30日

2015

水曜日から、中学1年生の総合学習にてファンデーションステージプログラムが始まりました。今回を含め、最初の3回は、全員一緒に「探求の技法」の基礎を学びます。特別講師として文京学院大学 保険医療技術学部教授の樋口 桂 先生にお越しいただきました。
研究を「プレゼント選び」に擬えた説明はとても分かりやすいものでした。「自分のしあわせ」マッピングでは個性的なマップが出来上がりました。5人の代表生徒にしあわせマップを提示して発表してもらいましたが、人によってしあわせの形はさまざまなのだと、改めて実感しました。

(中1学年代表 丸山 記)

DSC03954.JPGDSC03955.JPGDSC03964.JPGDSC03953.JPGDSC03992.JPGDSC04001.JPG

獣医保健衛生領域で研究者として働く

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

28日

2015

中学2・3年生を対象に「獣医保健衛生領域で研究者として働く」をテーマに日本獣医生命科学大学 獣医学部助教 塩川 舞 先生による進路講演会が行われました。生徒は熱心に聴き、今後の進路を考える上でのヒントをたくさん頂くことが出来ました。
次の文章は中学3年生の感想文です。

「今日の講義でこのような職種があるのかと思いました。私もウイルスや遺伝子には興味があり、研究職にも興味があります。研究したい分野は違えども、いろいろな形で様々な視点から一つのことを研究できるのだと思いました。やはり、そのものへの思いが強ければつらい事があっても乗り越えられるのだと思います。自分の進路は、自分で考えたその道を極められるような人になりたいと強く思いました。」

P5270736.JPGP5270756.JPGP5270768.JPG

中学2年生:Global Studiesコースの取り組み

[ カテゴリ:Global Studies ]

05月

20日

2015

本日の中学2年生の「総合学習の時間」は、コース別学習を行いました。

Global Studiesコースは、「世界を知ろう」をテーマに、中国出身の趙亮(チョウ・リョウ)さんからお話を伺いました。中国と一口に言っても、とても広く様々な場所があること、私たちがもっている中国に対するイメージは正しいのか、といったことを、写真などを使って楽しく教えていただきました。
所謂「爆買い」についてや食生活など、多岐に渡るお話を聞かせていただきました。その都度、たくさんの驚きの声や、歓声が上がりました。

最後に、Global Studiesコースの生徒たちに向けて、趙さんが大切にしていることを教えてくださいました。

1.広い視野を持つこと
2.角度を変えて考えること
3.理解すること
4.もう一歩踏み込んで考えること  

このメッセージを聞いた、ある生徒の感想です。
「趙さんは特に、『理解すること』を守ってほしいと言っていました。受け入れることはしなくても良いけど、否定してはいけないと言っていました。私は今日学んだことを大切にしていきたいです。これからも世界とふれ合っていきたいです。」

「広い視野で角度を変えて物事を見る」ことを体験した1時間になりました。

P5200473.JPG_2_220pix.jpgP5200489.JPG_2_220pix.jpgP5200537.JPG_2_220pix.jpg

キャリア教育:防災講話

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

20日

2015

IMGP1664.JPG

本日1時間目、中学生全学年を対象に「防災講話」を実施しました。目的は、地震だけではなく、災害や事故に対し、どのように自分の身を守ることができるか。日常起こりうる災害を想定し、考える時間としています。

数日前も震度5強、ネパールではM7.8の大きな地震があり、多くの方が被害にあいました。いつ・どこで遭遇するかわからない災害に対する心構えを持つことは、とても大切なことです。 講話の中で話された、スイスの保険会社「スイス・リー」がまとめた「自然災害リスクの高い都市ランキング世界616都市中、第1位はなんと東京・横浜であることには、みんな愕然としていました。 最近発生した大きな地震、火山活動、台風など、自然災害が非常に多くなっているだけに、常に「自助」の構えを持つことが、いざと言う時に、自分の身を守ることに繋がるのだと思います。

今回の講話を日常に活かし、生活を送って欲しいと願っています。

前の5件 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22
<