資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

新構想:Global Studies

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。

 

 

 

中学1年次

 

「身のまわりにある見えないバリアを考える」

 

私たちが暮らす身近な東京の街から、日本語を解さない外国人観光客や障がいのある方が直面する「バリア」を抽出。誰しもが暮らしやすい社会についてアイディアを出し合う。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「世界各国の多様な生活様式に目を向ける」

 

世界各国の「暮らし」について学びながら、グローバル社会が持つ多様性を知る。

 

 

 

中学3年次

 

「グローバル社会で果たすべき役割について考える」

 

数多くの職業・キャリアに触れながら、社会そして世界でどのような役割を果たすべきかを考える。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

British Hills異文化体験英語プログラム③

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

25日

2016

British Hillsでの生活も最終日を迎えました。最終日は朝食後にチェックアウトを各自で行い、最後のレッスンに臨みました。
IMGP0663.JPGIMGP0666.JPGIMGP0675.JPG

レッスンでは初日から作り始めたスピーチ原稿を元に全員がスピーチを発表しました。発表前に先生に原稿を添削していただきました。また、声の大きさ、原稿をずっと見るのではなく、周りを見ながらスピーチすること、身振り手振りを使うなどのキーポイントに気を付けながら、練習に取り組みました。ただ原稿を読むのではなく、顔を上げてスピーチする姿に驚きました。抑揚をつけることなど、これからの課題の見つかりました。
IMGP0715.JPGIMGP0735.JPGIMGP0709.JPG
IMGP0745.JPGIMGP0719.JPGIMGP0748-2.jpg

レッスン終了後、Closong Ceremonyが行われ、先生から1人ずつに『修了証』が授与されました。また、最後のレッスンでのスピーチで最も優れた各グループの生徒が全員の前でスピーチを披露しました。きっと緊張したと思いますが、みんな素晴らしいスピーチでした。この3日間で体験、学習した貴重な経験をこれからの学習に生かしてくれることと思います。
IMGP0849.JPGIMGP0837.JPGIMGP0855.JPG
IMGP0871.JPGIMGP1025.JPGIMGP0893.JPG
IMGP1041.JPGIMGP1015.JPGIMGP1053.JPG

British Hills異文化体験英語プログラム②

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

24日

2016

朝、起きるときれいな雪が地面を覆っていて、少し雪も降っていました。そんな天気に生徒は、大喜び!朝食を終えてからレッスンまでの時間で雪の世界を楽しんでいました。
IMGP0345.JPGIMGP0357.JPGIMGP0359.JPG

2日目のレッスンは、『Dance』、『Gel Candle-making』、『Cooking Scones』の3つの体験を通じて学習です。
『Dance』では、いくつかのステップを学び、一緒に体を動かしながら、多くの英語に触れました。運動が得意な生徒はもちろんのこと、得意ではない生徒もとても楽しそうに取り組んでいたのが、印象的でした。
『Gel Candle-making』では、まずイメージを紙に書いてから制作に取り掛かりました。どの作品もとても上手で、生徒のセンスの良さ、器用さに驚きました。ジェルキャンドルはお土産として持ち帰りますので、ご家族の皆様はどんな作品に仕上がったのか、楽しみにしていてください。
『Cooking Scones』は、さすがは女の子です。手際よく材料を混ぜ、生地を作り、型抜きまでとてもスムーズでした。中には、余った材料でアンパンマンなどのキャラクターのスコーンを作る生徒もいました。
IMGP0585.JPGd167a06905e625814a3d4b989d4692082d17ba2f.JPGIMGP0506.JPG
66f5a1e4891f4f1d822d3cabd382b90be6f54492.JPGIMGP0461.JPGIMGP0473.JPG
IMGP0385.JPGIMGP0483.JPGIMGP0404.JPG

今日の昼食は、British Hills Poundsを使って、各自で注文、支払いをする体験をし、フィッシュアンドチップスやクリスマスプレートを堪能していました。また、この日は午後のレッスンまでフリータイムでしたので、Tuck Shopでのお菓子の量り売りに行ったり、お土産を購入したりしました。
IMGP0486.JPGIMGP0503.JPGIMGP0500.JPG

夕食は、クリスマスチキンやペンネ、ポテトやケーキなどをテーブルでシェアするスタイルでしたので、リラックスしながらBritish Hills最後の夕食をいただきました。
夕食後は、明日のスピーチに向けての準備をしたり、gymで体を動かしたり、Loungeでお話をして過ごしました。
異文化体験英語プログラムは、いよいよ明日、最終日を迎えます。
IMGP0650.JPGIMGP0657.JPG

British Hills異文化体験英語プログラム①

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

23日

2016

本日より中学1、2年生の希望者を対象とした異文化体験英語プログラムが福島県にあるBritish Hillsで始まりました。出発する際の東京は、コートを羽織らなくても良い気候でしたが、山の上にあるBritish Hillsは冬らしい寒さで、小雪が舞う様子に生徒はとてもうれしそうでした。
f8a98d2f397bd57a897a31336c2046a3af56ee1e.JPGfa4630c7ce66a80e056dc60c611496ff3838ee3b.JPGIMGP0125.JPG

到着後、チェックインを終え、施設についての説明を受けました。すべて英語での説明でしたので、少し疲れたでしょうか・・・。16時からはさっそく最初のレッスンが行われました。このレッスンでは、最終日に行うスピーチの原稿作りに挑戦しました。わからないところは勇気を出して先生に聞いたり、辞書で引いたりと一生懸命に取り組んでいました。最終日のスピーチが楽しみです。
IMGP0127.JPGIMGP0134.JPGIMGP0143.JPG
IMGP0191.JPGIMGP0195.JPGIMGP0228.JPG
IMGP0251.JPGIMGP0252.JPGIMGP0256.JPG

レッスンの後は、British Hillsのスタッフの方によるハンドベルの素晴らしい演奏を聴くことができ、クリスマス気分を味わいました。夕食前にテーブルマナーの講習で、イギリス式のマナーのレクチャーを受け、ディナーとなりました。お水をもらう時やサーブされた時など食事中に使う英会話も学ぶことができました。
IMGP0261.JPGIMGP0275.JPGIMGP0290.JPG

この日のディナーは、スモークサーモンとポテトのテリーヌから始まり、スープにローストビーフ、デザート、紅茶のコース料理をいただきました。教わったマナーや英語を使いながらもおいしく、そして楽しくひとときとなりました。
IMGP0307.JPGIMGP0318.JPGIMGP0334.JPG

朝は、新幹線が信号トラブルで遅れるというハプニングから始まりましたが、生徒は指示をよく聞く、落ち着いて行動したため、大きな混乱はなく、スタートすることができました。あと2日間、生徒は『英語の世界』を満喫してくれることでしょう。

中学3年生:公民「地方創生プロジェクト探求学習②」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

14日

2016

これまで資料読み込みをしてきましたが、インターネットを使っての調べ学習・プレゼンテーション資料作成に入りました。
今回はプレゼン方法として、パワーポイント資料をつくるか、紙のポスターをつくるかのどちらかを選択できるようにしました。今年新しくできたBAL2には、タブレットPCがたくさんあり、机も移動しやすいため、グループでの探究活動がとてもしやすくなりました。
調べた結果、自分達なりの新しい提案をするのが今回の目標です。

(教科担当 加藤 記)

0c6d64d4ba95221dfff95c6bab3c49c07bc521a4.JPG11a00cb148621ce6fec9cfd8fc5aa277d6a62320.JPGPC141435.JPGPC141436.JPGPC091380.JPGPC091381.JPG

中学3年生:公民「地方創生プロジェクト探究学習①」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

10日

2016

課題解決学習の一環として、地方創生プロジェクトの成功事例をグループで調べています。
まずは本で取り上げられている事例を読み、各班担当地域の取り組みについて知る作業をしました。
今後は、インターネットなどを使って更に調べを進め、最終的には「地方創生にはどのようなことが大切なのか」ということや、「自分たちが調べた地域は今後どのような取り組みをしたら良いだろう」ということを考える予定です。
調べたこと・考えたことは、ポスターやパワーポイントにまとめて発表します。

(教科担当 加藤 記)

PC081375.JPGPC101384.JPGPC101386.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
<