資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

新構想:Global Studies

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。

 

 

 

中学1年次

 

「身のまわりにある見えないバリアを考える」

 

私たちが暮らす身近な東京の街から、日本語を解さない外国人観光客や障がいのある方が直面する「バリア」を抽出。誰しもが暮らしやすい社会についてアイディアを出し合う。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「世界各国の多様な生活様式に目を向ける」

 

世界各国の「暮らし」について学びながら、グローバル社会が持つ多様性を知る。

 

 

 

中学3年次

 

「グローバル社会で果たすべき役割について考える」

 

数多くの職業・キャリアに触れながら、社会そして世界でどのような役割を果たすべきかを考える。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学1年生:礼法の時間

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

16日

2015

中学1年生は初めて礼法の時間がありました。『ふくさ』、『懐紙』、『お花包み』など、今はどう使うのかわからない道具もありましたが、これからの1つ1つ礼法の先生から教えていただきます。中学卒業までの3年間、礼法の時間を通して、日本が世界に誇ることのできる美しい所作を身につけていきます。

*本校の伝統教育についてはこちらをご覧ください

P1060544.JPGP1060543.JPGP1060542.JPG

中学1年生:初めての英会話

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

15日

2015

CIMG1143.JPGCIMG1142.JPG

今日は、初めての英会話の授業がありました。

ネイティブスピーカーの先生方による英語での説明に、みんなドキドキです。ネームタッグには苗字を書けばいいのか、名前を書けばいいのか...?担当のMr.Jonesに「さぁ、はやく!カウントダウンするよ。10, 9, 8 ...」。みんな笑いながらも焦ってしまいました。これから2週間は、2名の先生方によるティームティーチングが行われ、3週目からは2分割授業が始まります。

(中学1年学年代表 丸山 記)

 

中学2年生:Global Studiesの取組み

[ カテゴリ:Global Studies ]

04月

11日

2015

CIMG3710.JPGCIMG3712.JPG

昨年度は、「日本の紹介」をテーマに研究・発表をおこなった中学2年Global Studiesコースの生徒たち。2年生になった今年は、「アジア・アフリカを知る。自分の考えを持つ。」というテーマで研究・発表を行います。

本日は、アジアを知る第一歩として、「中国についてどれだけ知っているか」という授業を行いました。用意されたのは、中国についての17の質問。「中国人で知っている人物は誰?」「食べ物は?」「文化は?」「知っていることは?」などです。
回答した後に、グループになって意見交換し、それぞれが持っている情報を共有しました。そのなかには、「一人っ子政策」、「PM2.5」、「人口が世界で最も多い」など、Global Studiesコースを選んだ生徒たちだけあって、多種多様な情報が飛び交いました。次回は、実際に中国の方に来ていただき、交流する予定です。

Global Studiesコースの生徒として、今、世界で何が起きているのか。日本では何が起きているのか。そして自分は何がしたいのかなど、より広い視野と考え方を育んでくれることを期待し、様々な取り組みが行われます。

*本日は健康診断が行われたため、体操着を着用して授業を行っています。

(中学2年 Global Studiesコース担任 野田 記)

 

中学1年生:授業が始まりました。

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

10日

2015

いよいよ今日から授業が始まりました。
各授業でのオリエンテーション、少し緊張気味の様子でした。英語の時間は2分割で行います。14人の少人数授業、今日から早速英語で自己紹介してもらいました。給食の時間には3年生の先輩が配膳の指導に来てくれました。おかげで初めての配膳もスムーズでした。
5、6時間目の生徒会オリエンテーションでは、生徒会の仕組みを学び、その後、部活動の発表を見学しました。どの部活も楽しそうで、迷い始めてしまった生徒や、2つの部活に入りたいなんていう声も出ていました。来週からは仮入部期間に入ります。(中1学年代表 丸山 記)

201504010 (2).JPG201504010 (4).JPG201504010 (8).JPG201504010 (5).JPG201504010 (7).JPG201504010 (3).JPG

 

中学1年生:実力テスト(とお昼の様子)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

9日

2015

雨が上がり、すごしやすい一日になりました。中学1年生も他の5学年と同じく、実力テストの一日。教科は理科、社会、国語、数学の4教科です。 集中して取り組んだせいか、4時間目の数学が終わったときには、大きく伸びをする姿も見られました。
今日のお昼は、クラスごとに教室でお弁当を食べました。明日からは給食が始まります。入学祝いメニューのちらし寿司、楽しみです。(中1学年代表 丸山 記)

IMGP9801.JPGIMGP9817.JPGIMGP9807.JPG

前の5件 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
<