資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

新構想:Global Studies

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。

 

 

 

中学1年次

 

「身のまわりにある見えないバリアを考える」

 

私たちが暮らす身近な東京の街から、日本語を解さない外国人観光客や障がいのある方が直面する「バリア」を抽出。誰しもが暮らしやすい社会についてアイディアを出し合う。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「世界各国の多様な生活様式に目を向ける」

 

世界各国の「暮らし」について学びながら、グローバル社会が持つ多様性を知る。

 

 

 

中学3年次

 

「グローバル社会で果たすべき役割について考える」

 

数多くの職業・キャリアに触れながら、社会そして世界でどのような役割を果たすべきかを考える。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学校:「英語暗唱コンテスト」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

12日

2015

本日3・4時間目に、本部棟のジャシーホールにおいて「第53回 中学英語暗唱コンテスト」が行われました。本校では英語の暗唱に力を入れており、毎年冬休みの宿題として教科書の1レッスンの暗唱があります。そして、冬休み明けの授業で暗唱発表、その後の学年予選を経て、今年度は27名が本選に出場しました。
本選出場者は練習に練習を重ね、表現にも工夫を凝らし、見事な発表ができました。特に3年生が発表した「キング牧師の演説」は迫力があり、会場からは感嘆の声があがりました。学年が上がるにつれて、英語レベルの向上は言うまでもなく、本校生徒の発表をする際の“自信”を感じることのできるコンテストになりました。

P1050735.JPGP1050734.JPGP1050901.JPG

*高等学校「Speech Contest」の記事へ

中学1・2年生:実力テストが実施されました。

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

5日

2015

中学1・2年生と高校2年生は実力テストを受験しました。加えて、午後には中学1・2年生を対象に、英語力を総合的に測定する「GTEC(ベネッセコーポーレーション)」も実施されました。本校での英語学習効果が測られると同時に、今後の大切な資料となります。そのことを理解している中学生たちは、必死に問題に取り組んでいました。また、高校2年生が受験した「全統マーク高2模試(河合塾)」は、受験本番に向けて重要な志望校判定が行われること、そして今後の学習課題をあぶりだせることから、生徒が全力で受験するのはもちろん、教員側も様々な方法で応援してきました(冬休みや放課後に講習を実施した科目もありました)。昼休みに入ると、該当する参考書のページを確認してみたり、「先生が言っていた方法を試してみた!」「問6(の答え)は...だよね?」など、お弁当を食べながら反省会が始まっていました。

どちらも今後の学習の成果と現在の課題を見出し、今後の学習につなげる大切な機会となりました。結果が出るのは約1ヵ月後です。

R0251433.JPGR0251438.JPGR0251445.JPGR0251442.JPGR0251444.JPGR0251443.JPG

留学生がやってきました。

[ カテゴリ:Global Studies ]

11月

26日

2014

本日は文京学院大学に通っている留学生15名が、中1の「ようこそ東京へ」の発表を見に来てくれました。留学生がゲストとなり、「ようこそ東京へ」の本番です。
中1の生徒は、今日のために一生懸命練習してきました。文女祭では、日本語と英語を交えての発表でしたが、今回はすべて英語で行いました。そのため、生徒たちはより一層、発音練習や表現練習を頑張りました。生徒たちの発表は、4月に英語を始めたとは思えないほど、流暢な発表でした。留学生を前にして物怖じすることもなく、とても立派でした。今週末にでも紹介された場所に行ってみたいというコメントをいただき、生徒たちは喜んでいました。自分たちの英語が通じるという喜びを噛みしめたことでしょう。
今回は保護者の皆様にもご参加いただきました。お忙しいなかご来校いただきありがとうございました。

IMG_0741.JPG     IMG_0747.JPG     IMG_0752.JPG

*「ようこそ東京へ」とは:よく、Globalという単語を耳にすると、外国の文化を理解することが最優先だと考えてしまいます。しかし、異文化理解はまず、自分を理解することから始まります。自分を知って、相手を知るという順番です。そこで、Global Studies選択予定者たちは「ようこそ東京へ」というテーマで研究発表いたしました。文女祭までは、「2020年のオリンピックに多くの外国人観光客がやってくる!東京紹介できるようにしよう!」というテーマでしたが、文女祭以降は、「日本語が通じず、英語しか出来ないお客様が文京に来校します。滞在時間は1時間です。皆さんは、このお客様方をどう『おもてなし』しますか。」というテーマに発展させました。

マレーシアの国際イスラム大学准教授来校

[ カテゴリ:Global Studies ]

11月

18日

2014

PB100026.JPGPB100029.JPGのサムネイル画像本日、マレーシアの国際イスラム大学准教授であるMastura Badzis 先生がお嬢様とともに来校されました。日本の学校教育に大変強い関心を持たれており、将来は日本の教育をマレーシアの学校に取り入れていきたいとのことでした。
午前中は豊島区の駒込小学校で1年から6年までの授業を参観、そして給食を小2のクラスにて体験され、午後に本校を訪問されました。中学1年生の生け花の授業を参観、お嬢様も一緒に生け花体験をされました。放課後には部活動もご覧になり、C.I.P部やテニス部、空手部等の活動を見学されました。今後マレーシアと本校との交流をより深めていきたいと仰っていました。

10月11日(土)創立90周年記念「新生、文京学院シンポジウム」 第1回 来場者の声

[ カテゴリ:Global Studies ]

10月

18日

2014

10月11日(土)に行われたシンポジウムはグローバルスタディーズ(国際教養)の内容を扱い、ありきたりな『グローバル=英語』でなかったことに多くのご来場者の方からご賛同いただきました。『異文化』とは海外だけの事を指すのではなく、自分の身近な相手を理解する姿勢ではないか、自国の文化や歴史を知る事も大切(特に近・現代史)ではないか、若いうちは多くの事にチャレンジして対立したとしてもここから学ぶ事が多くあるなど様々な意見が出ました。私たち主催者も大いに学ぶ事が出来る貴重な機会となりました。


文京のグローバルスタディーズ選択の中学一年生には、英語を話せるということでグローバル人材になれるわけでない事は第一回の授業で伝えてあります。生徒たちは、ちょっと衝撃をうけていたようですが、「それでは、英語を話すイギリス人は全員グローバル人なのでしょうか。」という質問を投げかけ、すぐにそうでないと多くの生徒が気がついてくれました。また、グローバル人は自国のことも知らなければならないという考えから、外国人のお客様を案内するという想定で、東京の見所、食べ物をまとめた『ようこそ東京』の発表(ポスター作成・口頭発表)を行いました。11月26日(水)には、実際に留学生(文京学院大学)に来校いただき、実践を行います。自分たちが一生懸命練習した成果を試す絶好の機会になると思います。

来場者の皆様からのコメントです。

『グローバル化』という言葉があふれ使われている中、単に英語力向上に目を向けがちだったが、自国について勉強し、自分自身を磨く事も同じように大切だと思いました。
コミュニケーションをとる時は、日本人同士でも外国の方とでも、まず自分の考えや意見を持ち相手に伝える事ができる事が一番大切であると改めて気づかされました。
「パネリストを務めた高校3年生の『意思を伝える』ためのモチベーションがなければ英語を知っていても役立たない」という話しは大変よかった。また、「異文化は海外だけではない!」というパネリストの意見に同感です。
グローバル人材に必要な能力で、『考える力』や『コミュニケーション能力』が挙げられており、グローバルに必要な能力が英語だけでないことを改めて気づく事が出来ました。
今回参加したことで、考え方がかわった気がします。女性の方が社会で活躍しているのだと思いました。文京学院の良さを感じ、是非子どもも入学できたらと思います。
漠然と「英語はかっこいい」「海外が憧れ」という気持ちで取りあえず英語を学ぼうとする姿勢に疑問を持っている私にとって、非常に共感できる内容でした。結局語学だけでは何も意味がなく、「それを使って何をしたいのか」ということを考えさせる教育が必要なのではないかと考えさせられた。

多くの方のご参加、ありがとうございました。

前の5件 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
<