コース制の学び

コース制の学び

新構想:Global Studies

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。

 

 

 

中学1年次

 

「身のまわりにある見えないバリアを考える」

 

私たちが暮らす身近な東京の街から、日本語を解さない外国人観光客や障がいのある方が直面する「バリア」を抽出。誰しもが暮らしやすい社会についてアイディアを出し合う。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「世界各国の多様な生活様式に目を向ける」

 

世界各国の「暮らし」について学びながら、グローバル社会が持つ多様性を知る。

 

 

 

中学3年次

 

「グローバル社会で果たすべき役割について考える」

 

数多くの職業・キャリアに触れながら、社会そして世界でどのような役割を果たすべきかを考える。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学3年生:(地歴)イラストで知識を再確認

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

7日

2016

中学3年の地歴の授業で、日清戦争・日露戦争について学習しました。今日の松組の授業では、学んだことをどれだけ理解できているか、黒板にイラストを描きながら再確認しました。
残念ながら時間が足りず、三国干渉のイラストなど一部途中になってしまったものもありましたが、全員で協力して一連の流れをイラストにすることができました。
お互いに友達が書いたイラストを見ながら、内容を再確認できました。

(教科担当 加藤 記)

P5075673.jpgP5075678.jpgP5075679.jpg

中学生:創作ダンス発表会

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

03月

19日

2016

今回で26回目を迎えるこの創作ダンス発表会は、中学3年生が、1年間体育の授業において取り組んできた、表現活動の成果として実施しています。クラスの発表会を経て、その中から表現したい内容(主題)がよく伝わった作品を選考し、中学生全員が鑑賞する機会を持っています。
作品を創り上げるには、主題を明確にするところからスタートし、あれこれと意見を出し合いながらグループのメンバーと協同し、気持ちを込めて表現するまで、約5ヶ月間の期間を要します。その他にも、音楽を編集したり、衣装を決めたりと、大変な取り組みになりますが、完成したときは、苦労が充足感に変わります。

今回の最優秀賞は和太鼓や歌舞伎など、日本の芸能の繊細かつ力強いところを表現した「大和」、優秀賞は「光と影-本当の自分を求めて-」、「天使と悪魔~人間の感情~」でしたが、出場作品すべてに工夫が感じられ、素晴らしい発表になったと思います。

鑑賞していた1・2年生は、中学3年生になったら取り組みます。楽しみですね!

(広報部 西山 記)

P3051895.JPGP3051967.JPGP3051982.JPG

 

中学1年生:成績優秀者の表彰

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

03月

4日

2016

1月に実施した実力テストの成績優秀者の表彰の様子です。成績上位の生徒5名には「成績優秀者賞」を、9月の模擬試験から大きく成績を伸ばした生徒5名には「努力賞」を校長先生からいただきました。「次は自分が…」と、これまで以上に勉強に励んでくれることを期待しています。

(中1学年代表 丸山 記)

IMGP0785.JPGIMGP0803.JPGIMGP0815.JPG

 

中学3年生:創作ダンス

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

20日

2016

中学3年生は、体育の時間の週1回を創作ダンスの時間としています。後期では、グループに分かれて、曲選びや振り付けに取り組んでいます。各クラスから選出されたグループのみが出場できる創作ダンス発表会(3月5日土曜日実施)に向けて、作品も完成に近づきつつあります。

(中3体育担当 記)

IMGP0683.JPGIMGP0689.JPGIMGP0692.JPG

中学1年生:ファンデーションコース別発表②

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

18日

2016

先週のスポーツ・サイエンスコースに引き続き、アドバンスト・サイエンスとグローバル・スタディーズのポスター発表を行いました。
後期の総合学習の取り組みとして、アドバンスト・サイエンスは研究の基礎を学ぶためにデータ分析の練習を行いました。それぞれが興味のある分野でアンケートを行い、それが適切なアンケートであったのか検証した結果を発表しました。将来、科学者になるための基礎とも言える深い内容でしたが、身近な話題を取り上げているので、他のコースの生徒たちも楽しく発表を聞くことが出来ました。
一方、グローバル・スタディーズの生徒たちは日本文化と外国文化の相違点と類似点を調べて比較するポスターを作り、日本語と英語で発表しました。英語の発表は少し緊張していましたが、発表を聞いた生徒たちからは「発音がきれい」というコメントがたくさん寄せられました。

(中1学年 アドバンストサイエンス・グローバルスタディーズ担当 記)

IMGP0555.JPGIMGP0623.JPGIMGP0658.JPGIMGP0554c.jpgIMGP0616.JPGIMGP0579.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
資料請求