コース制の学び

コース制の学び

新構想:Global Studies

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。

 

 

 

中学1年次

 

「身のまわりにある見えないバリアを考える」

 

私たちが暮らす身近な東京の街から、日本語を解さない外国人観光客や障がいのある方が直面する「バリア」を抽出。誰しもが暮らしやすい社会についてアイディアを出し合う。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「世界各国の多様な生活様式に目を向ける」

 

世界各国の「暮らし」について学びながら、グローバル社会が持つ多様性を知る。

 

 

 

中学3年次

 

「グローバル社会で果たすべき役割について考える」

 

数多くの職業・キャリアに触れながら、社会そして世界でどのような役割を果たすべきかを考える。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学3年生:地方創生プロジェクト調べ学習3

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

27日

2016

中学3年生の公民の授業で続けてきた調べ学習(これまでについては地方創生プロジェクト調べ学習1地方創生プロジェクト調べ学習2をご参照ください)も、ついに発表の日を迎えました。
各クラス、発表の日はチャイムが鳴る前から班ごとに準備と練習をし、時間をかけて準備してきたことに対して情熱と責任を感じていることが伝わってきました。また、発表には学年や教科を超えた先生方も見学に来て下さいました。オーディエンスは、「1.発表内容」「2.ポスター」「3.発表の仕方」について、ワークシートを用いてチェック&コメントをします。クラス全体が真剣に取り組んだ濃い1時間となりました。

(社会科 加藤 記)

65979696c23ba7e774799897a43f88cbfb113673.pngaaafcb2c52f9c61af3aca9abf068de67c61549f8.png9f29840ca5806eb0f9557664e9c9fe14bb702d28.png3b6ab4989df57a8b9cf42c71ff188cbfe499ee4c.png0ea4175559fbef9a656141e2d00119f957e7d718.png8e3d70f263139ef2927f5c1afd9669c8e4121b16.png

中学1年生:誕生学

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

25日

2016

20160125jr12.JPG

本日2時間目の「総合的な学習の時間」は、「自分自身のココロとカラダ、未来を考えよう!」と題し、誕生学アドバイザーの長谷部しのぶ先生からお話を伺いました。
話は人類の始まりである36億年前から始まり、あなたのはじまりは「自分の誕生日-38週前=受胎した日」、受胎して1~2週目は針で刺した穴の大きさくらいである0.4mm前後、ということで、ハート型にカットした千代紙に針で穴を開けた紙をかざして見てみると「ワ~ッ、小さ~い」という声があがりました。こころも身体も急激に変化している、今、この時期を第二次性徴と言いますが、『未来に自分のいのちをつなぐ力』がはじまったということです。自分のいのち、相手のいのち、未来のいのちを大切に守って欲しいと思います。いのちを守る力には、愛・知恵・知識・勇気・思いやり・やさしさ・人生力...たくさんありますね。生まれる力を発揮して、今、存在しているあなたや私はすごいと思います。心が生きると書いて「性」という字になります。いつか、いのちを繋ぐことを考えて、自分自身のことを知り、性について考え、着実に成長して欲しいと願っています。
講演会の終盤には、3ヶ月の赤ちゃんとお母さん、妊娠をしていらっしゃる先生をゲストに、出産をご経験してのことや妊娠中のことなど、貴重なお話しを伺うことができました。「自分はどうだったのかな~」ときっと考えてみたことでしょうね。

(キャリア教育支援部 沢柳 記)

中学3年生:地方創生プロジェクト調べ学習2

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

22日

2016

地方創生プロジェクト調べ学習1では、資料読み取り・コンピューターでの調べ作業を行いました。その調べ作業で抽出した資料を用いて、ポスター作成を進めてきました。
この授業は3クラスで同時進行しており、全てのクラスで選ばれた地域もあります。つまり同一地域を3クラスの異なる班が調べている場合もあるのですが、それぞれのポスターは全く異なります。生徒たちが重要視するポイントも異なれば、それを表現するためのアイデアも異なることがよく分かります。
時間をかけてじっくり取り組んできましたが、これまでたくさんの新しいアイデアが生まれ、工夫が生まれてきました。
いよいよ次は発表会です。

(社会科 加藤 記)

P1165207.JPGP1165196.JPGP1165197.JPGP1165214.JPGP1165213.JPGP1165201.JPGP1165212.JPGP1225226_2.jpgP1225229.JPG

中学3年生:SSH・SGH研究発表会に参加しました。

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

15日

2016

本日放課後、BALスタジオにて行われました「SSH・SGH 中学生対象研究発表会」のポスター発表と口頭発表を中学3年生も聞かせて頂くことができました。主に、高等学校進級後、理数キャリアコースを目指している生徒が参加しましたが、高校生の発表を熱心に聴き、高校生活への夢と希望を膨らませていました。また、この仲間に自分が加わるのだという自覚が芽生えたようです。

(中3学年代表 関口 記)

poster session1.JPGposter session2.JPGposter session3.JPGposter session4.JPGposter session5.JPGposter session6.JPG

中学3年生:地方創生プロジェクト調べ学習1

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

13日

2016

中学3年生(文理クラス)の公民の授業では、地方創生プロジェクトの調べ学習を進めています。3~4人の班ごとに、これまでに成功を収めてきた地域を1つ担当し、書籍とインターネットを用いて調査・まとめ・発表します。大人向けのビジネス書を参考文献にしているため、資料から読み取り、理解しまとめるのも一苦労です。来週末には、ポスターを完成させ、クラス内プレゼンテーションを行う予定です。
各班で「すごい!」や「へぇ~こんなことやってるんだ」などと言った声が上がっています。その感動や発見を、クラスのみんなに上手く伝えられるよう、各班の工夫がポイントです。

(中3学年 加藤 記)

PC083904.JPGPC083905.JPGPC083907_2.JPGP1125185.JPGP1125187.JPGP1125189.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
資料請求