資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

新構想:Sports Science

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

中学1年次

 

「探究の扉を開く」

 

SSH指定校としての活動期間に本校が確立した「疑問 → 仮説 → 検証」の科学的手法を用い、スポーツに関わる様々なテーマに取り組む。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「探究力を創る」

 

テーマ毎に分かれた「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」に所属し、グループ研究を通して「探究の技法」を学ぶ。

 

 

 

中学3年次

 

「探究をカタチにする」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」の指導を受けながら、個人研究や中学卒業研究の作成に取り組む。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学1年生:試験前の自習タイム

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

18日

2018

 来週、22日から初めての中間案考査が始まります。文京では自習の習慣を身につける目的で、6時間目終了後に学年全員で自習の時間を過ごします。自習時間は、毎回定期考査1週間前に2回ほど行ないます。
 16日(水)の自習時間を利用して、試験勉強の取り組み方を高校1年生の先輩から話してもらいました。あるクラスでは「山はかけなかったんですか?」などとするどい?(本音の)質問も出ましたが、「大事だと言われたところは全部やります」ときっぱり。先輩たちの本気の応対に中1の顔も真剣になっていきました。18日(金)は自分の用意した科目に取り組んでいました。
IMGP1196.JPGIMGP0928.JPGIMGP0921.JPG
IMGP0918.JPGIMGP1198.JPGIMGP0920.JPG

中学1年生:探究の技法①

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

16日

2018

中1の総合学習の授業が始まりました。「探究の技法」ということで、「世界一受けたい授業」に出演されたこともある、文京学院大学教授・樋口桂先生から授業を受けました。
これから、自分の関心のあるテーマを見つけ、「探究」の結果を文女祭(学園祭)で発表します。

IMGP0908.JPGIMGP0906.JPGIMGP0910.JPG

中学1年生:コース別研究の仕上げの発表会

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

23日

2018

中学1年生が後期の総合学習の時間に取り組んできた「探求の技法」を駆使した研究の成果発表会をコースごとに行いました。

後期の各コースの大テーマは、

Global Studiesでは「世界で活躍した女性たち」、
gs1-s.JPGgs3-s.JPGgs2-s.JPG

Advanced Scienceでは「音階の科学」、
as3-s.JPGas1-s.JPGas2-s.JPG

Sports Scienceでは「朝食をとることの効果」、でした。
ss2-s.JPGss1-s.JPGss3-s.JPG

研究成果発表会では仲間の前で緊張しながらも、自分たちが調べたり実験を行った結果を模造紙や画用紙にまとめ、熱心に説明していました。

朝日学生新聞社主催 「親子で走り方教室」

[ カテゴリ:Sports Science ]

02月

27日

2017

本日、朝日学生新聞社主催「親子で走り方教室 ~0.5秒タイムを縮める走り方~」が本校で開催されました。

「体育の家庭教師」として知られる水口高志先生による走り方教室で、午前は5歳~小学2年生、午後は小学3年生~6年生までを対象に行われました。
始めに、体育館にて腕の振り方や太ももの使い方、股関節を柔軟に使う方法、つま先での地面の蹴り方など、走る上で大切な身体の使い方を学びました。保護者の方も、お子さんのフォームチェックなどで練習に加わり、楽しそうに参加されていました。
授業の最後には、校庭に移動し、実際に陸上競技会等で使われるタイマーで50メートル走の測定を行いました。参加した子どもたちは、走り終えた直後に自分の記録が示されたタイマーの横に立ち、笑顔で写真撮影をしていました。

とても穏やかな天候の中、多くの子どもたちが「楽しかった~」と言いながら帰宅する様子が印象的でした。

IMGP3180.JPGIMGP3161.JPGIMGP3204.JPG
IMGP3257.JPGIMGP3247.JPGIMGP3274.JPG

中学3年生:地方創生プロジェクト探究学習③

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

25日

2017

中学3年生の公民の授業で取り組んできた「地方創生プロジェクト探究学習」が、いよいよ終盤に入りました。4クラス中、3クラスで発表が終わりました。これまで各グループごとに担当地域の地方創生の取り組みについて調べ、パワーポイントやポスターにまとめてクラス発表を行いました。作成したポスターや画像・動画をスクリーンに表示して発表した班もありました。

パワーポイントを初めて作成する生徒も多くいましたが、熱心に取り組んでいました。相手に伝わりやすいようにまとめ、理解した上で伝えることの大切さと難しさを実感することができたことでしょう。

今後の研究活動などに活かしてほしいと思います。

(教科担当 加藤 記)

P1201639.jpgP1211642.jpgP1211646.jpgP1241651.jpgP1241652.jpgP1251655.jpgP1251659.jpgP1251661.jpgP1251664.jpgP1251670.jpgP1251672.jpgP1251673.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
<