コース制の学び

コース制の学び

新構想:Sports Science

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

中学1年次

 

「探究の扉を開く」

 

SSH指定校としての活動期間に本校が確立した「疑問 → 仮説 → 検証」の科学的手法を用い、スポーツに関わる様々なテーマに取り組む。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「探究力を創る」

 

テーマ毎に分かれた「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」に所属し、グループ研究を通して「探究の技法」を学ぶ。

 

 

 

中学3年次

 

「探究をカタチにする」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」の指導を受けながら、個人研究や中学卒業研究の作成に取り組む。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学1年生:「文京の日」の様子

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

11月

7日

2015

1時間目から4時間目まで多くの保護者の方が授業参観にご来校くださいました。生徒たちは最初は緊張した面持ちでしたが、授業の活動に夢中になるに連れ、見学者がいることを忘れて一所懸命取り組んでいました。本校オリジナルの比例神経衰弱(数学)や光の反射の実験(理科)は3クラスとも大変盛り上がりました。技術家庭ではリバーシブルバッグを作成中です。菊組のみんなは意外(?)とミシンの扱いが上手です。

(中1学年代表 丸山 記)

CIMG1622.JPGCIMG1629.JPGCIMG1625.JPG

「YOKOSO」プロジェクト

[ カテゴリ:Sports Science ]

11月

4日

2015

11月4日(水)は、東京都が主催する、オリンピック・パラリンピック教育推進事業「夢・未来」プロジェクトが本校で実施されました。この事業は、2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会を踏まえて、生徒たちが実際にオリンピックに出場された選手と直接交流することにより、オリンピック・パラリンピックの理念や価値を理解し、スポーツへの関心を高め、夢に向かって努力したり、困難を克服する意欲を培い、進んで平和な社会や共生社会の実現に貢献できるようになることを目的としています。

本校へは、元体操競技アテネ・北京オリンピックに出場し活躍された、大島杏子さんが来校されました。3時間目の講演会では、中学生全員と高校1年生のスポーツ科学コースの1年杉組の生徒が、 オリンピックへの道のり、困難を乗り越えたご経験など、貴重なお話しを聴くことができました。大島杏子さんのご講演内容は、「困難から逃げないように」というメッセージが込められており、 生徒たちの心に響いたのではないかと思います。生徒全員の、大島さんをまっすぐに見つめる表情がとてもよく、始めから最後まで聴き入っていました。質問の内容も、今、実際に直面している問題が多く、それらの質問に対し、的確にわかりやすくお答えいただきました。
4時間目は、中学2年生の4クラスが「マット運動」の実技指導を受けました。授業の最後に基本的な演技をご披露いただき、後方倒立回転跳び(バク転)の連続に「ワーッ」と大きな声が上がりました。そして最後は、中学2年生のスポーツサイエンスコースの2年松組の生徒たちが、大島さんを囲んで一緒に給食を食べました。大島さんを少し身近に感じながら、時間を共有することができました。

現在中学2年生は体育で「平均台」の授業を受けています。高さ120cm、幅10cm、長さ5mの平均台の上を歩くだけでも大変な生徒たちは、体操競技の選手としてオリンピックに出場することの大変さを感じたことでしょう。
2020年まであと5年、生徒たちの中からオリンピック選手が出るかも知れません。選手としてではなくても、大会ボランティアなどいろいろな携わり方があり、大会を支える分野にも目を向けて欲しいと思います。今日のご講演・体験が、積極的にオリンピック・パラリンピックの目的について考えて行くきっかけになることと思います。

yokoso1.JPGyokoso2.JPGyokoso3.JPG

中学2年生:横浜校外学習ポスターコンクール(クラス投票)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

10月

31日

2015

横浜校外学習を終えて、各班はそれぞれの研修テーマに沿った「横浜観光案内」ポスターを作成してきました。全ての班が完成したので、コンクールが始まりました。
まずはクラス内投票で代表ポスターを選出しました。それまで見なかったお互いの力作や斬新なアイデアに、驚きや感嘆の声が多数上がりました。この後は、各クラスの代表作品を校内に展示し、先生方も参加しての学年コンクールを行います。残念ながら今回選ばれなかった作品も、力作ぞろいでした。

(中2学年社会科 加藤 記)

PA300026.JPGPA300028.JPGPA300030.JPG

中学2年生:講演会「世界の子どもたち」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

10月

29日

2015

PA283488.JPGのサムネイル画像

PA283487.JPGのサムネイル画像

本日、総合学習の時間に「世界の子どもたち」と題して、児童労働や子どもの貧困に関するお話を伺いました。
今回お話してくださったのは、本校併設大学の文京学院大学大学院の堀内先生です。生徒たちは、自分達の生活とのあまりの違いに驚いていました。

以下はある生徒の感想です。

「私たちは普段、『学校に行くのが当たり前』という生活になれています。日本ではそれが普通のことだからです。でも少し視野を広げ、世界ではどうなのかと考えてみると、キレイで安全な水を飲め、1日3食しっかりと食べられ、働かずに学校に行けるというのはとても幸せなことなのだと、今日改めて感じました。日本ではもう戦争は起きていないし、私も見たことがないのでかなり前の出来事としか受け取っていませんでしたが、世界ではまだ戦争が起こっている場所もあり、私と同じ年くらいの子どもたちが『銃』を持っているということを知り、とてもおどろきました。私はこれからも募金などをし、少しでも力になれたらと思いました。」

(中2学年担任 加藤 記)

中学1年生:ファンデーションプログラム「情報検索」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

10月

28日

2015

本日の総合授業は3コース合同で「情報検索」について学びました。
まず、インターネット、書籍、TVなどのメディアで情報を集める上でのメリットとデメリットを話し合いました。大人では思いつかないような、生徒ならではの意見がたくさん出て私たちを驚かせました。
そして、自分で適切なキーワードを考え検索する実践編です。『ジャガイモの芽の毒の成分』や『あるCMに使われている曲』を調べました。皆、試行錯誤しながら解答にたどり着いていました。
今後は、情報源の信憑性と参考文献の引用の仕方について学んでいく予定です。

(広報部 西山 記)

IMGP5942.JPGIMGP5943.JPGIMGP5940.JPG
IMGP5961.JPGIMGP5967.JPGIMGP5951.JPG

前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
資料請求