資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

新構想:Sports Science

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

中学1年次

 

「探究の扉を開く」

 

SSH指定校としての活動期間に本校が確立した「疑問 → 仮説 → 検証」の科学的手法を用い、スポーツに関わる様々なテーマに取り組む。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「探究力を創る」

 

テーマ毎に分かれた「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」に所属し、グループ研究を通して「探究の技法」を学ぶ。

 

 

 

中学3年次

 

「探究をカタチにする」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」の指導を受けながら、個人研究や中学卒業研究の作成に取り組む。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学2年生:校外学習 横浜で「空間力」の旅

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

10月

7日

2015

「校外学習」において、中学2年生は横浜へ行ってきました。1年次の都電の旅から1年後の班別行動です。当日は、桜木町駅に現地集合、現地解散です。全体で博物館を見学した後、およそ4時間半のグループ行動です。地理や総合学習の授業で準備してきた計画がようやく実現しました。
本校が大切にしている「空間力」とは、地理的な方向感覚を身につけ、さらにその土地の現在と過去をつなげる力です。地図を読みながら行動するという慣れない作業に、戸惑った生徒も多かったようです。計画を立てる段階から、自分たちの行動をイメージすることに苦労していました。
なかにはアクシデントで計画通りに回れない班もありましたが、全員無事に"帰還"を果たし、充実した横浜の旅になりました。

PA073284.JPGPA073272.JPGのサムネイル画像PA073275.JPGのサムネイル画像

 

中学3年生:校外学習

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

10月

7日

2015

校外学習にて中学3年生は鎌倉に行きました。総合学習「鎌倉まるわかり・大研究(国語・数学・理科・社会・家庭科の教科別にわかれて研究を行いました)」の成果を校外学習で確認しました。まずは、円覚寺にて座禅をご指導いただき体験実習。その後、班別自主研究に出かけました。天候にも恵まれ、参加者全員が有意義な一日を過ごし、多くのことを学びました。今後は事後のポスター制作を行います。

中学1年生:文女祭発表

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

10月

3日

2015

9月26日、27日は中学1年生にとって初めての文女祭でした。コース別に分かれて準備を進め、当日の発表を迎えました。人前で発表をする経験が今まであまりなく、不慣れな部分もありましたが、教員が思っている以上の力を発揮した部分も多くありました。コース別で行った反省会で挙がったものについては、これからの活動に生かしたいと思います。

【各担当者より】

中学1年生グローバルスタディーズコースは、「ようこそ東京」というテーマで、外国の方へ紹介したい身近な東京について調べ、日本語と英語でポスターを作り、発表しました。学園祭当日はたくさんの保護者や来校者の方が発表を見てくださいました。緊張しましたが、充実した学園祭になりました。事後の反省会では、「来年はもっと練習してから発表に臨みたい。」「原稿はしっかり暗記したほうがよい。」「発表の回数を増やし、より多くの方に部屋にきていただきたい。」などの前向きな意見が出ました。(中1グローバススタディーズ担当)

CIMG1560.JPGCIMG1562.JPG

アドバンストサイエンスでは、夏休みの課題研究(内容:グミの膨張実験)をグループごとに少しずつ発展させた研究発表を行いました。目的、理由、手順、予想、そして実験結果をまとめたポスターが仕上がりました。発表は、練習を重ねるにつれ、上達する様子が見られました。生徒たちの熱心な取り組みは教員の想定をはるかに上回る素晴らしいものでした。学園祭を終えての話し合いでは、もっと発表練習をしたかった、もっと計画的に早めに動けるようになりたい等の意欲的な発言がありました。今後、これらの内容を更に深めながら、情報収集方法や表現方法を学んでいきます。(中1アドバンストサイエンス担当)

IMGP4220.JPGIMGP4225.JPG

スポーツサイエンスコースでは、無意識にセーブしている力を大きな声を出すことによって引き出す『シャウト効果』についての発表を行いました。学園祭準備日にはスポーツに関わる先生以外にも発表を見て頂き、アドバイスしてもらいました。限られた時間の中での準備ではありましたが、発表はとても堂々としており、来場者の方からも「わかりやすくまとめられていました。」、「順序立てて説明をしていました」などの評価をいただきました。しかし、まだ原稿を見ながらの場面も多く、今後、改善できればと思います。(中1スポーツサイエンス担当)

IMGP4226.JPGIMGP4216.JPG

 

中学2年生:文女祭にてコース別発表

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

09月

30日

2015

9月26日・27日に行われた文女祭では、中学2年生はコース別に調べまとめたことを発表しました。グローバル・スタディーズコースは「アジア・アフリカを知ろう」、アドバンスト・サイエンスコースは「メンデルの園プロジェクト」、スポーツサイエンスコースは班ごとに「スポーツ選手は本当にメンタルが強いのか」、「身体の柔軟性について」、「朝食と睡眠が身体に与える影響」などのテーマで研究発表を行いました。コースによっては、ポスター展示の他、その場で生徒自身による発表を行い、多くのお客様に聞いていただきました。

P9262972.JPGのサムネイル画像P9252845.JPGのサムネイル画像P9263014.JPGのサムネイル画像P9263013.JPGのサムネイル画像P9263004.JPGのサムネイル画像P9263009.JPGのサムネイル画像

国際教養大学 Dr. Patrick Doughertyのモデルレッスン

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

09月

30日

2015

中学1年生から高校3年生まで、どのコース、クラスにおいても、英語の授業の質を上げていく方法の一つとして、本校の英語の教員は、秋田にある国際教養大学のパトリック・ドーティー教授 の指導法をワークショップという形で定期的に学んでいます。教授は、当大学の英語集中プログラムの主任教授であり、英語力育成のリーダーです。そのノウハウを本校の英語の教員が身につけ始めています。
3ヶ月前、教授は本校の授業を数多く見学し、指導法や教材を作成しました。初対面の中学1年、高校1年の生徒に、自作の教材でモデルレッスンを行い、その様子を英語の教員が参観しました。国際教養大学で行なわれている英語授業の文京学院バージョンです。生徒にとっては一回だけの体験でしたが、最初は緊張していた雰囲気が、徐々にコミュニケーションの場に変化して行きました。
本校では英語の多読も行なっており、SGH(アソシエイト)校として新たな英語教育を行なう場でありたいと考えています。

DSC00492s.jpgDSC00503s.jpgDSC00508s.jpg

前の5件 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17
<