コース制の学び

コース制の学び

新構想:Sports Science

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

中学1年次

 

「探究の扉を開く」

 

SSH指定校としての活動期間に本校が確立した「疑問 → 仮説 → 検証」の科学的手法を用い、スポーツに関わる様々なテーマに取り組む。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「探究力を創る」

 

テーマ毎に分かれた「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」に所属し、グループ研究を通して「探究の技法」を学ぶ。

 

 

 

中学3年次

 

「探究をカタチにする」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」の指導を受けながら、個人研究や中学卒業研究の作成に取り組む。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学1年生:授業が始まりました。

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

10日

2015

いよいよ今日から授業が始まりました。
各授業でのオリエンテーション、少し緊張気味の様子でした。英語の時間は2分割で行います。14人の少人数授業、今日から早速英語で自己紹介してもらいました。給食の時間には3年生の先輩が配膳の指導に来てくれました。おかげで初めての配膳もスムーズでした。
5、6時間目の生徒会オリエンテーションでは、生徒会の仕組みを学び、その後、部活動の発表を見学しました。どの部活も楽しそうで、迷い始めてしまった生徒や、2つの部活に入りたいなんていう声も出ていました。来週からは仮入部期間に入ります。(中1学年代表 丸山 記)

201504010 (2).JPG201504010 (4).JPG201504010 (8).JPG201504010 (5).JPG201504010 (7).JPG201504010 (3).JPG

 

中学1年生:実力テスト(とお昼の様子)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

04月

9日

2015

雨が上がり、すごしやすい一日になりました。中学1年生も他の5学年と同じく、実力テストの一日。教科は理科、社会、国語、数学の4教科です。 集中して取り組んだせいか、4時間目の数学が終わったときには、大きく伸びをする姿も見られました。
今日のお昼は、クラスごとに教室でお弁当を食べました。明日からは給食が始まります。入学祝いメニューのちらし寿司、楽しみです。(中1学年代表 丸山 記)

IMGP9801.JPGIMGP9817.JPGIMGP9807.JPG

中学校:「英語暗唱コンテスト」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

12日

2015

本日3・4時間目に、本部棟のジャシーホールにおいて「第53回 中学英語暗唱コンテスト」が行われました。本校では英語の暗唱に力を入れており、毎年冬休みの宿題として教科書の1レッスンの暗唱があります。そして、冬休み明けの授業で暗唱発表、その後の学年予選を経て、今年度は27名が本選に出場しました。
本選出場者は練習に練習を重ね、表現にも工夫を凝らし、見事な発表ができました。特に3年生が発表した「キング牧師の演説」は迫力があり、会場からは感嘆の声があがりました。学年が上がるにつれて、英語レベルの向上は言うまでもなく、本校生徒の発表をする際の“自信”を感じることのできるコンテストになりました。

P1050735.JPGP1050734.JPGP1050901.JPG

*高等学校「Speech Contest」の記事へ

中学1・2年生:実力テストが実施されました。

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

02月

5日

2015

中学1・2年生と高校2年生は実力テストを受験しました。加えて、午後には中学1・2年生を対象に、英語力を総合的に測定する「GTEC(ベネッセコーポーレーション)」も実施されました。本校での英語学習効果が測られると同時に、今後の大切な資料となります。そのことを理解している中学生たちは、必死に問題に取り組んでいました。また、高校2年生が受験した「全統マーク高2模試(河合塾)」は、受験本番に向けて重要な志望校判定が行われること、そして今後の学習課題をあぶりだせることから、生徒が全力で受験するのはもちろん、教員側も様々な方法で応援してきました(冬休みや放課後に講習を実施した科目もありました)。昼休みに入ると、該当する参考書のページを確認してみたり、「先生が言っていた方法を試してみた!」「問6(の答え)は...だよね?」など、お弁当を食べながら反省会が始まっていました。

どちらも今後の学習の成果と現在の課題を見出し、今後の学習につなげる大切な機会となりました。結果が出るのは約1ヵ月後です。

R0251433.JPGR0251438.JPGR0251445.JPGR0251442.JPGR0251444.JPGR0251443.JPG

「新生、文京学院シンポジウム」:Sports Science/スポーツ科学

[ カテゴリ:Sports Science ]

11月

15日

2014

創立90周年を記念して、グローバル、サイエンスと実施してきたシンポジウムもいよいよ最終回。3回目のテーマは「スポーツサイエンス・スポーツ科学」です。
第1部 基調講演「スポーツ科学 未来への跳躍」では、早稲田大学スポーツ科学学術院教授で副学術院長である医学博士の内田 直 先生にお話いただきました。会場のジャシーホールは在校生に保護者の皆様、受験生も参加してくれ、ほぼ満員の大盛況。スポーツの持つ魅力、関心の高さに驚きでした。実際のトップアスリートの知の力、スポーツの歴史などをわかりやすくお話いただき、スポーツの持つグローバル性をパレスチナ問題にも触れながらとてもわかりやすく伝えていただきました。参加した生徒たちも、スポーツ科学とは何なのかがとてもよく理解できたようです。

20141101シンポ (3).JPG     20141101シンポ (4).JPG     20141101シンポ (27).JPG

第2部 パネルディスカッション「スポーツが与えてくれたもの」では、本校の卒業生3名が登壇しました。
競泳で、ロサンゼルス五輪出場、アジア大会金メダリストの杉田 直美さん、バレーボールで、春高バレー、インターハイ準優勝、ユニバシアード日本代表、VリーグNECレッドロケッツで主将を務めた長谷川 暁子さん、新体操で、インターハイ個人総合優勝、世界選手権団体・個人日本代表の横田 実美さん、世界にはばたき活躍した3名の卒業生を迎え、前半は、世界のトップを目指していた当時の苦労や、厳しい練習を通して得たもの、スポーツが与えてくれたものなど、なかなか直接聞くことができない貴重な体験談をお話しいただきました。後半は、「女性とスポーツ」をテーマに、近年華々しい活躍が目立つ一方で、指導者、意思決定機関に女性が少ない現状について課題を挙げるなど、これからのスポーツ女子のあり方やスポーツ科学の有用性について考えました。2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、「スポーツ」を観る、考える着眼点が広がったのではないでしょうか。

20141101シンポ (13).JPG     20141101シンポ (36).JPG     20141101シンポ (37).JPG

20141101シンポ (29).JPG     20141101シンポ (35).JPG     20141101シンポ (40).JPG

前の5件 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23
資料請求