コース制の学び

コース制の学び

新構想:Sports Science

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

中学1年次

 

「探究の扉を開く」

 

SSH指定校としての活動期間に本校が確立した「疑問 → 仮説 → 検証」の科学的手法を用い、スポーツに関わる様々なテーマに取り組む。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「探究力を創る」

 

テーマ毎に分かれた「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」に所属し、グループ研究を通して「探究の技法」を学ぶ。

 

 

 

中学3年次

 

「探究をカタチにする」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」の指導を受けながら、個人研究や中学卒業研究の作成に取り組む。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学3年生:パワーポイントによる発表練習

[ カテゴリ:Sports Science ]

06月

22日

2016

20160622sports.JPG

「総合学習の時間」にパワーポイントを使用した発表を練習しました。中学2年生でポスター発表を行なった自主研究の内容を、改めてパワーポイントにまとめ直しての発表練習です。 スライドを完成させるだけではなく、完成させたスライドを使って分かりやすく説明することを課題にして取り組みました。どうしても発表原稿に気を取られてしまいますが、下を向かずに発表できるように皆さんがんばっていました。 今回の発表を活かして、今年度の自主研究の内容はパワーポイントで発表することを目標にして活動を続けます。

中学2年生:スポーツサイエンスコース『筋肉について』

[ カテゴリ:Sports Science ]

06月

22日

2016

IMGP2734.JPGのサムネイル画像

中学2年生のスポーツサイエンスコースでは、3回に渡り、「上腕二頭筋」、「三角筋」、「大腿四頭筋」、「大殿筋」・・・などなど、トレーニングについて話しをする際に出てくるであろう筋肉の場所と名前について学習をしました。


難しい漢字も出てくるため、覚えるのが大変だったようですが、最後にはお互いに問題を出し合い、学習内容の確認を行いました。

 

 

IMGP2733.JPGのサムネイル画像これからは、9月の文女祭での発表に向けて、探究活動に入ります。

 

中学2年生:オーストラリアからのお客様

[ カテゴリ:Sports Science ]

05月

14日

2016

オーストラリアのスポーツ研修プログラムのコーディネーターであるターニャ・ファーガソンさんが中2のスポーツサイエンスクラスを訪問しました。高校2年次のオーストラリア研修旅行では、きれいなビーチでスポーツし、姉妹校の生徒とスポーツ交流もできるというお話にみんな目を輝かせていました。また、ターニャさんの英語の質問に答えられた人はかわいいオーストラリア土産のご褒美をいただき、大満足でした。「間違えは気にせずに、勇気を出して話すことが大事だよ。」というターニャさんのメッセージが伝わったようです。

(中2学年代表 丸山 記)

IMGP1795.JPGIMGP1781.JPGIMGP1796.JPG

中学3年生:(地歴)イラストで知識を再確認

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

05月

7日

2016

中学3年の地歴の授業で、日清戦争・日露戦争について学習しました。今日の松組の授業では、学んだことをどれだけ理解できているか、黒板にイラストを描きながら再確認しました。
残念ながら時間が足りず、三国干渉のイラストなど一部途中になってしまったものもありましたが、全員で協力して一連の流れをイラストにすることができました。
お互いに友達が書いたイラストを見ながら、内容を再確認できました。

(教科担当 加藤 記)

P5075673.jpgP5075678.jpgP5075679.jpg

中学生:創作ダンス発表会

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

03月

19日

2016

今回で26回目を迎えるこの創作ダンス発表会は、中学3年生が、1年間体育の授業において取り組んできた、表現活動の成果として実施しています。クラスの発表会を経て、その中から表現したい内容(主題)がよく伝わった作品を選考し、中学生全員が鑑賞する機会を持っています。
作品を創り上げるには、主題を明確にするところからスタートし、あれこれと意見を出し合いながらグループのメンバーと協同し、気持ちを込めて表現するまで、約5ヶ月間の期間を要します。その他にも、音楽を編集したり、衣装を決めたりと、大変な取り組みになりますが、完成したときは、苦労が充足感に変わります。

今回の最優秀賞は和太鼓や歌舞伎など、日本の芸能の繊細かつ力強いところを表現した「大和」、優秀賞は「光と影-本当の自分を求めて-」、「天使と悪魔~人間の感情~」でしたが、出場作品すべてに工夫が感じられ、素晴らしい発表になったと思います。

鑑賞していた1・2年生は、中学3年生になったら取り組みます。楽しみですね!

(広報部 西山 記)

P3051895.JPGP3051967.JPGP3051982.JPG

 

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
資料請求