資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

新構想:Sports Science

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探究活動」


 

スポーツ活動、探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に拡げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になることのひとつです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに拡げていきます。

 

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

「スポーツ・サイエンス・ラボ」

 

 

各学年でスポーツをテーマにした探究活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になります。

 

 

 

中学1年次

 

「探究の扉を開く」

 

SSH指定校としての活動期間に本校が確立した「疑問 → 仮説 → 検証」の科学的手法を用い、スポーツに関わる様々なテーマに取り組む。

中学1年次は「ファンデーションプログラム」として探究活動を開始し、高等学校進級後の学びにつながるユニークな活動(実験・観察・研究発表会)に参加します。

 

 

 

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

 

「探究力を創る」

 

テーマ毎に分かれた「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」に所属し、グループ研究を通して「探究の技法」を学ぶ。

 

 

 

中学3年次

 

「探究をカタチにする」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅠ」の指導を受けながら、個人研究や中学卒業研究の作成に取り組む。

 

 

 

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

 

「探究力を磨く」

 

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を行う。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「探究を深める」

 

前半はスポーツを「支える」人たちの現場を学ぶ(企業研究フィールドワーク)。後半は「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」のサポートを受けながら、他コースの活動とも連携し、校内外での研究発表を目指す。

 

 

 

高校3年次

 

「多様な進路の実現」

 

コースの特徴である、文理にわたる幅広い選択科目が、多様な大学・学部を目指すことを可能にする。

 

 

 

【想定進学先】

 スポーツ科学系・体育系
 看護・理学療法等の医療系(併設大学を含む)
 外国語、経営等の文系学部

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

 

一人ひとりの探究活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは「身体」「こころ」「栄養学」「スポーツ」の4つ。活動は校内だけにとどまらず、大学・企業等からも各分野のエキスパートをお招きし、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

中学3年生:地方創生プロジェクト調べ学習2

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

22日

2016

地方創生プロジェクト調べ学習1では、資料読み取り・コンピューターでの調べ作業を行いました。その調べ作業で抽出した資料を用いて、ポスター作成を進めてきました。
この授業は3クラスで同時進行しており、全てのクラスで選ばれた地域もあります。つまり同一地域を3クラスの異なる班が調べている場合もあるのですが、それぞれのポスターは全く異なります。生徒たちが重要視するポイントも異なれば、それを表現するためのアイデアも異なることがよく分かります。
時間をかけてじっくり取り組んできましたが、これまでたくさんの新しいアイデアが生まれ、工夫が生まれてきました。
いよいよ次は発表会です。

(社会科 加藤 記)

P1165207.JPGP1165196.JPGP1165197.JPGP1165214.JPGP1165213.JPGP1165201.JPGP1165212.JPGP1225226_2.jpgP1225229.JPG

中学3年生:SSH・SGH研究発表会に参加しました。

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

15日

2016

本日放課後、BALスタジオにて行われました「SSH・SGH 中学生対象研究発表会」のポスター発表と口頭発表を中学3年生も聞かせて頂くことができました。主に、高等学校進級後、理数キャリアコースを目指している生徒が参加しましたが、高校生の発表を熱心に聴き、高校生活への夢と希望を膨らませていました。また、この仲間に自分が加わるのだという自覚が芽生えたようです。

(中3学年代表 関口 記)

poster session1.JPGposter session2.JPGposter session3.JPGposter session4.JPGposter session5.JPGposter session6.JPG

中学3年生:地方創生プロジェクト調べ学習1

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

13日

2016

中学3年生(文理クラス)の公民の授業では、地方創生プロジェクトの調べ学習を進めています。3~4人の班ごとに、これまでに成功を収めてきた地域を1つ担当し、書籍とインターネットを用いて調査・まとめ・発表します。大人向けのビジネス書を参考文献にしているため、資料から読み取り、理解しまとめるのも一苦労です。来週末には、ポスターを完成させ、クラス内プレゼンテーションを行う予定です。
各班で「すごい!」や「へぇ~こんなことやってるんだ」などと言った声が上がっています。その感動や発見を、クラスのみんなに上手く伝えられるよう、各班の工夫がポイントです。

(中3学年 加藤 記)

PC083904.JPGPC083905.JPGPC083907_2.JPGP1125185.JPGP1125187.JPGP1125189.JPG

中学生:British Hills 異文化体験英語プログラム(最終日)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

26日

2015

British Hills最終日を迎えました。朝はとても寒く、みぞれがちらつく朝でした。最後のレッスンは初日のレッスンで書き始めたスピーチの発表です。緊張しながらも、先生からアドバイスされたように、身振り手振りを入れたり、速さに気を付けたり、メモを見ないように目線に気を付けたりと、緊張しながらもみんな堂々としたスピーチで驚きました。
レッスン後には、Closing Ceremonyが行われ、先生から1人ずつに『修了証』が授与されました。また、先ほどのスピーチの中で優れた生徒3名がみんなの前でスピーチを披露しました。
British Hillsでの最後の食事を済ませて、バス、新幹線を乗り継ぎ、異文化体験プログラムは終了しました。この体験を通じて、生徒の英語への興味関心が一層高まり、これからも意欲的に学習に励んでくれることでしょう。

IMGP9621.JPGIMGP9409.JPGIMGP9453.JPG
IMGP9512.JPGIMGP9469.JPGIMGP9665.JPG
PC254600.JPGPC254619.JPGPC254628.JPG

中学生:British Hills 異文化体験英語プログラム(2日目)

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

25日

2015

British Hillsでの2日目は、Team Challenge、Mosaic Art、Cooking shortbreadの3つのプログラムをグループ別に取り組みました。
Team Challengeでは、スプーンの上にボールを乗せてのリレーやしっぽとり、二人三脚と馴染みのあるものありましたが、英語を聞いて実際に行動するとまたひと味違う感じで、生徒は楽しくチャレンジしていました。
Mosaic Artでは、何も書かれていないコースターの上に、細かいタイルを並べて、イメージした絵柄を作成しました。Cooking shortbreadでは、さすが女の子という感じで、手際よく上手にショートブレッドを作り上げ、とても感心でした。Mosaic Artで製作したコースターとCooking shortbreadでのショートブレッドはお土産として持ち帰ります。
この日は、初日に渡されたBH£(ブリティッシュヒルズポンド)を使って、各自でのランチでした。フィッシュ&チップスを食べている生徒やスペシャルメニュー(イギリス風の鍋)を注文している人など、自分で注文し、お金を支払うという貴重な体験をしました。
夕食はチキンライスにクリスマスチキンとクリスマスイブらしいメニューで、少しリラックスしながら、楽しい時間を過ごしました。
夕食後は、Christmas Carol Nightに向けて、歌の練習を行い、本番に備えました。
Christmas Carol Nightでは、British Hillsの方によるハンドベルの演奏あり、全員での合唱ありと、素敵なクリスマスイブでした。

IMGP8969.JPGIMGP9061.JPGIMGP8876.JPG
IMGP9050.JPGIMGP9161.JPGIMGP9245.JPG
PC244541.JPGPC244584.JPGPC244508.JPG

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
<