資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

高等学校の学び:学習活動

地歴・公民

高校1年生(国際教養):【日本史A】英語で学ぶ第二次世界大戦2

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

12月

22日

2018

先日一回目を行った「英語で学ぶ第二次世界大戦」の授業の第二回目を行いました。

前回出したquestionsに、ネイティブの先生方がAnswersを提示してくれたり、グループで答えを考えたりしました。

Questionsを書く際に、英語で書くことに挑戦してくれた人も多くいました!

"What was the aim of America in the Battle of Midway?"

"The US and Japan have the different anniversary days for the end of the WWⅡ. What do you think about the difference?"

もっと深く考えるには時間が足りませんでしたが、限られた時間の中でグループで考え、発表することができました。

また授業後のアンケートでは、90%の生徒が「楽しかった」と回答し、96%の生徒が「Listeningの技能を使えた」と感じたと回答していました。そして98%の生徒が、「第二次世界大戦を多様な視点で考えることに役立った」と感じてくれました。

生徒自身も、事前に提示した目標に対してどれくらい達成できたかを測るルーブリックに回答し、この2時間で「何ができるようになったか」を振り返りました。

新年以降は、日本語で戦争、そして戦後の日本について学んでいきます。

IMG_9920.JPGIMG_9917.JPGIMG_9933.JPGIMG_9921.JPGIMG_9922.JPGIMG_9925.JPGIMG_9949.JPGIMG_9929.JPGIMG_9943.JPG

 

高校1年生(国際教養):【日本史A】英語で学ぶ第二次世界大戦

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

12月

15日

2018

高1国際教養コースTクラスの「日本史A」の授業において、ネイティブスピーカーの教員とのコラボ企画として、特別授業を行っています。

1時間目は日本人教員と第二次世界大戦について大筋や地理を確認し、2時間目の前回はネイティブスピーカー教員によるレクチャーを受けました。

英語を「学ぶ」のではなく、英語を「使って学ぶ」ことを目的として、2時間目の終わりには、日本とアメリカでの視点の共通点・相違点を考え、次回に向けて日本語と英語で質問を考えました。

最終回の次回は、生徒からの質問を考えながら、1つの出来事を異なる視点で捉えるとはどういうことか学びます。

IMG_1263.JPGIMG_1275.JPGIMG_1282.JPGIMG_1299.JPGIMG_1300.JPGIMG_1307.JPGIMG_1315.JPG

地歴

[ カテゴリ:地歴・公民 ]

04月

10日

2014

地歴

1
<