科学教育

科学教育

科学探究プログラム

今日の探究活動

2022.07.01

高校生:「Online Science Fair 2022」(閉会式)

2022.07.01

高校生:「Online Science Fair 2022」(課題研究活動)

2022.07.01

高校生:「Online Science Fair 2022」(大学特別講義)

2022.07.01

高校生:「Online Science Fair 2022」(PCSHS-P校教員の授業)

2022.07.01

高校生:「Online Science Fair 2022」(初日の活動)

2022.07.01

高校生:「Online Science Fair 2022」(開会式)

2022.06.17

中学校・高等学校:「探究スーパーレクチャー:幻の始祖鳥を追え!」

2022.05.27

高校2年生(理数キャリアコース):「探究実践Ⅰ」

2022.05.27

中学校・高等学校:「国立科学博物館見学会」を行いました。

2022.02.03

高等学校:「科学交流プログラム」(4)

2022.02.03

高等学校:「科学交流プログラム」(3)

2022.02.03

高等学校:「科学交流プログラム」(2)

2022.02.03

高等学校:「科学交流プログラム」(1)

2022.01.08

高等学校:「Online Science Fair 2021」(6)

2022.01.08

高等学校:「Online Science Fair 2021」(5)

2021.12.23

高等学校:「都内SSH指定校合同発表会」

2021.12.08

高等学校:「Online Science Fair 2021」(4)

2021.12.08

高等学校:「Online Science Fair 2021」(3)

2021.12.06

高等学校:「Online Science Fair 2021」(1)

2021.05.31

高等学校:「数学塾」

2021.05.24

「ミニエッグドロップコンテスト」

2021.03.06

令和2年度「高等学校研究成果報告会」

2021.02.27

「Online Science Fair 2020」Meetでの交流の様子

2021.02.25

英語による「学際数理探究」

2021.02.20

「Online Science Fair 2020」英語100秒プレゼンテーション

2021.02.20

「Online Science Fair 2020」文化交流

2021.02.13

「Online Science Fair 2020」コマ大会

2021.02.13

「Online Science Fair 2020」研究発表

2021.02.13

「Online Science Fair 2020」開会式

2020.10.02

GiS(女子生徒を中心とした科学系交流会)の企画が始動

2020.08.29

2020科学知講座『先輩の研究から学ぶ課題研究の手法の1例』

2020.08.21

2020科学知講座『課題研究で使う計測機器を自作してみよう』

2020.08.21

2020科学知講座『日常のなかの「問い」をみつめよう』

2020.08.19

学際数理探究特別授業「数学的モデリング」

2020.07.14

高校1年生:「学際数理探究」Egg Drop コンテスト

2020.02.08

学祭数理探究「変わりゆく北極を考える」

2020.01.11

タイ研修プログラム2019 8日目 最終日

2020.01.10

タイ研修プログラム2019 6日目・7日目

2020.01.08

タイ研修プログラム2019 5日目

2020.01.07

タイ研修プログラム2019 4日目

2020.01.06

タイ研修プログラム2019 3日目

2020.01.05

タイ研修プログラム2019 2日目

2020.01.04

タイ研修プログラム2019 1日目

2019.12.22

サイエンスキャッスル2019関東大会

2019.12.22

東京都SSH指定校合同発表会

2019.12.21

タイ派遣プログラム 直前発表会・結団式

2019.12.21

親子で体験!Super Science Laboratory 2019

2019.12.15

高校生科学技術チャレンジJSECで「審査委員奨励賞」を受賞

2019.12.08

IWRC2019 ペットボトルロケット・プロジェクト

2019.08.28

科学知 「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」2日目

2019.08.27

科学知 先端科学講座 IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座

2019.08.27

科学知 「日常のなかの「問い」をみつめよう講座」

2019.08.25

工学院大学わくわくサイエンス祭 科学教室 TA参加

2019.08.25

科学知 先端科学講座 「遺伝医学と生命倫理講座」

2019.08.24

科学知 先端科学講座 「遺伝子解析実験講座」

2019.08.23

学際数理探究 特別授業 2日目

2019.08.22

学際数理探究 特別授業

2019.08.10

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2019.08.03

しけんかんにゆきをふらせよう -親子で体験!SSラボ2019-

2019.07.27

つくって発見!スマホde顕微鏡 -親子で体験!SSラボ 2019-

2019.07.13

ポリドロンであそぼう! 親子で体験!SSラボ 2019

2019.06.11

スーパーレクチャー2019「古生物の進化を探る!」

2019.04.23

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 6日目

2019.04.19

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 2日目

2019.04.18

タイ PCSHS-P来校 2019科学交流プログラム

2019.02.23

第4回東邦大学−GNU先端化学に関する合同シンポジウム

2019.01.11

タイ研修プログラム2018 Science Fair

2019.01.07

タイ研修プログラム2018 3日目

2019.01.06

タイ研修プログラム2018 2日目

2019.01.05

タイ研修プログラム2018 開始

2018.12.24

サイエンスキャッスル2018 関東大会

2018.12.23

平成30年度 東京都内SSH指定校合同発表会にて

2018.12.22

タイ研修プログラム 壮行会

2018.12.22

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2018

2018.12.18

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!2」

2018.12.15

「その成果はいかに?」~平成30年度研究成果報告会~

2018.11.25

スリー・ツー・ワン・ゼロ「発射」~ペットボトルロケットプロジェクト~

2018.11.17

日本音響学会 音楽音響研究会

2018.11.06

SSH卒業生 追跡アンケートのお願い

2018.11.04

第5回SWR in 都立戸山高校への参加

2018.10.20

あつまれ!理系女子 東京大会 10/27

2018.10.06

ペットボトルロケットプロジェクト(第2弾)

2018.09.09

ペットボトルロケット "Intelligent Water Rocket Competition 2018"

2018.08.26

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2018.08.25

科学知「遺伝子解析実験講座+遺伝医学と生命倫理講座」

2018.08.21

理数キャリア夏期勉強会特別授業 Arduino講座

2018.08.07

科学知「日常の中の「問い」をみつめよう講座」

2018.08.05

科学知「比較解剖で理解する脊椎動物のからだ講座」

2018.08.04

文京アカデミー 子どもアカデミア 理科実験教室

2018.07.29

科学知「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」

2018.07.14

親子で体験!SSラボ さんすうだいすき!

2018.06.09

TJ-SSF2018 フィールドワーク

2018.06.08

TJ-SSF2018 研究発表・サイエンスラリー

2018.06.07

TJ-SSF2018 歓迎式・研究発表

2018.06.06

TJ-SSF2018へ出発

2018.06.05

フランス人化石研究者 特別講義

2018.04.21

タイ PCSHS-P 来校 サイエンスフェア

2018.04.20

タイ PCSHS-P 来校 高1化学実験授業

2018.04.10

平成29年度の研究成果発表会 表彰報告

2018.03.16

「SSH 学際科学特別授業」 アメリカ大使館員を招いて

2017.12.24

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー(SSラボ)

2017.12.23

サイエンスキャッスル2017関東大会参加

2017.12.23

平成29年度スーパーサイエンスハイスクール東京都内指定校合同発表会

2017.12.09

SSH・SGH研究成果報告会

2017.12.05

12月9日(土)午後 SSH・SGH研究成果報告会開催

2017.12.05

高校1年生:「サイエンスアゴラ2017」に出演!

2017.11.26

IWRC 2017 めざせ!人工衛星打ち上げ

2017.11.08

SSプレカレッジⅡ(SSPⅡ) 最終発表会

2017.09.15

映画「ドリーム」試写会 アメリカ大使館からの招待

2017.09.05

あつまれ!理系女子 東京大会 10月28日

2017.07.08

小笠原研修フィールドワーク事前学習 1日目

2017.06.09

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!」

2017.04.25

PCSHS-P、KVIS 科学交流6日目

2017.04.24

PCSHS-P、KVIS 科学交流5日目

2017.04.22

PCSHS-P、KVIS 科学交流3日目

2017.04.21

PCSHS-P、KVIS 科学交流2日目

2017.04.20

タイの生徒来校 科学交流1日目

2017.04.14

T-J サイエンスフェア2017

2017.03.20

平成28年度 第12回関東近県SSH校合同発表会への参加

2017.03.18

親子で体験SSラボ「イチゴのひみつ」

2017.02.05

TSS第5回生徒研究成果合同発表会

2016.12.24

親子で体験!SSラボ 「静電気」

2016.12.18

Intel (R)Genuino 101 Competition

2016.12.14

WAW!2016 国際女性会議

2016.11.21

サイエンスキャッスルゼミ・出張ミニプレゼン道場

2016.11.21

サイエンスアゴラのトークセッションに参加

2016.11.13

プレゼン道場へ参加してきました

2016.11.06

理系女子のためのシンポジウム

2016.10.20

集まれ!理系女子 10/29

2016.08.20

夏季勉強会&特別講義

2016.08.11

SSH生徒研究発表会

2016.08.06

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/6

2016.08.05

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/5

2016.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 04

2016.07.30

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 03

2016.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 02

2016.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2016.07.20

グローバル環境科学 フィールドワーク事前学習 六義園実習

2016.07.09

グローバル環境科学 小笠原でのフールドワーク事前学習

2016.06.23

サイエンスコロキウム 第2回タイ・セミナー

2016.06.11

第5回 エッグドロップコンテスト

2016.04.19

タイ PCSHS-P 5日目

2016.04.18

タイ PCSHS-P 4日目

2016.04.16

タイ PCSHS-P 3日目

2016.04.15

タイ PCSHS-P 2日目

2016.04.14

タイ PCSHS-P 来校 1日目

2015.12.26

タイ研修 6日目

2015.12.25

タイ研修 5日目

2015.12.24

TJ-SSF2015 4日目

2015.12.23

TJ-SSF2015 3日目

2015.12.22

TJ-SSF2015 2日目

2015.12.21

TJ-SSF2015 1日目

2015.12.20

TJ-SSF Thailand-Japan Student Science Fair 2015 へ出発!

2015.12.20

「人類働態学会地方会」にて優秀発表賞を受賞しました。

2015.12.12

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.20

東京理科大学 清水克彦教授の特別授業

2015.11.13

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.01

The 2nd Symposium for Women Researchers 第2回SWR(第6回SSH女子交流会)

2015.10.31

集まれ!理系女子 第7回女子生徒による研究発表交流会

2015.09.25

文女祭(あやめさい):マジカル・サイエンス・ツアー!

2015.08.29

女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(WAW! 2015)

2015.08.28

「遺伝子診断がもたらす未来とは?」 SSH先端科学講座

2015.08.23

工学院大学 わくわくサイエンス祭

2015.08.20

さくらサイエンス ノーベル賞科学者の講演と国際交流

2015.08.18

理数キャリア 特別授業 2日目

2015.08.17

理数キャリア 夏季勉強会/特別授業1日目

2015.08.10

Jr.SSH in 妙高

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9PM

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9AM

2015.08.08

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 サイエンス・クッキング

2015.08.06

SSH生徒研究発表会

2015.08.01

小笠原自然体験教室(4)

2015.07.31

小笠原自然体験教室(3)

2015.07.30

小笠原自然体験教室(2)

2015.07.29

小笠原自然体験教室

2015.07.18

親子で体験!SSラボ はなびのしくみをさぐろう!

2015.07.10

グローバル環境科学 フィールドワーク実習

2015.07.07

中学1年生:アドバンストサイエンス 課題研究活動報告

2015.06.20

エッグドロップコンテスト

2015.06.10

『恐竜の進化を探る!』 スーパーレクチャー

2015.06.06

卵の科学  学際科学

2015.05.30

「小笠原自然体験教室」の事前学習

2015.05.30

SSラボ(1):Mはかせ から の しれい。ブラックボックスの なぞ が とけるかな?

2015.05.09

10日 TBS 18時30分

2015.04.21

タイ PCCP 最終日目

2015.04.20

タイ PCCP 4日目

2015.04.18

タイ PCCP 3日目

2015.04.17

タイ PCCP 2日目

2015.04.16

タイ PCCP来校

2015.04.15

PCCP歓迎準備

2015.04.08

SSH説明会

2015.03.28

つくば科学研究コンテストで受賞

2015.02.14

平成26年度SSH研究成果報告会開催

2015.01.07

タイ PCCPサイエンスフェア

2015.01.05

タイ PCCP訪問

2014.12.09

スーパーレクチャー 『古生物学への誘い』

2014.11.15

理数クラス3年生が「JSEC 2014」の最終選考に

2014.11.08

タイ派遣生徒 事前プログラム(第1回目)

2014.11.01

タイ派遣生徒・説明会

2014.10.25

『理系女子フェア2014×講談社Rikejo』に参加

2014.10.24

「納豆菌が口内環境に与える影響の研究」が優秀賞を受賞!

2014.09.22

日本水産学会秋季大会参加(会場:九州大学箱崎キャンパス)

2014.08.24

高校1年・理数クラス わくわくサイエンス祭に参加

2014.08.18

高1・高2理数クラス 夏期勉強会

2014.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その4

2014.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その3

2014.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その2

2014.07.27

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2014.07.18

SSクラブ 東京海洋大学 特別講座

2014.07.09

数学特別授業(数論)

2014.07.01

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー

2014.06.28

人類働態学会でのポスター発表

2014.06.21

第3回~エッグドロップコンテスト~

2014.06.16

グローバル環境科学 小笠原事前学習

2014.06.14

卵の科学 ~加熱調理を中心に~

2014.06.07

親子で体験!SSラボ 第1回

2014.06.05

「グローバル環境科学」 小笠原自然体験 

2014.05.31

SS国際情報 校外特別研究活動 希少植物の残る里山に行こう

2014.05.31

学際科学 エッグドロップ装置の開発(3)

2014.05.23

コミュニケーション英語II

2014.05.17

SSコミュニケーション授業内容

2014.05.17

学際科学 エッグドロップ装置の開発(2)

2014.05.10

学際科学 エッグドロップ装置の開発

2014.04.30

情報セキュリティー講座(高校1年SS国際情報)

2014.04.25

タイ PCCP 六義園・浅草観光

2014.04.24

タイ PCCP 工学院大学へ

2014.04.23

タイ PCCP 清水建設での体験

2014.04.22

サイエンスフェアー タイ・PCCP

2014.04.21

タイ PCCP校来校

2014.03.30

日本水産学会春季大会参加 金賞・奨励賞に輝く

2014.03.22

SSH学際科学公開授業

2014.01.03

1月の活動

2013.12.01

12月の活動

2013.11.01

11月の活動

2013.10.06

10月の活動

2013.09.13

9月の活動

2013.08.25

7・8月(夏季休業中)の活動

2013.06.23

6月の活動

2013.05.20

5月の活動

2013.04.27

4月の活動

2013.03.23

3月の活動

2013.02.09

2月の活動

2013.01.27

1月の活動

2012.12.08

12月の活動

2012.11.18

11月の活動

2012.10.14

10月の活動

2012.09.30

9月の活動

2012.08.29

8月の活動

2012.06.16

6月の活動

2012.05.27

5月の活動

2012.04.28

4月の活動

9月の活動

09月

13日

2013

2013年9月12日・13日 国際形態科学シンポジウムに参加
 

 第28回国際形態科学シンポジウムが9月10日~13日、朱鷺メッセ(新潟県)で開催され、本校生徒6名が参加しました。
 同シンポジウムは、1971年にメキシコで開かれたのが始まりで、数年ごとに世界各国で開催されています。日本では2度目の開催となりました。参加者は約140名。国内の医学部系の研究者ほか、イタリア、ポルトガル、ブラジル、トルコなど15カ国の研究者による国際的な学会です。
 

 

 

 

 
      本校の生徒はポスターセッションに参加。、『サメとヒトとの比較解剖学』の研究成果を英語で堂々と説明しました。日本の高校生の参加に、国内外の研究者たちの注目が集まり、本校ブースは常に大人気。質問だけではなく「胸びれの神経比較、血管と腕神経との関係を調べても面白いのでは」などのアドバイスもありました。

  生徒たちは、カラーの英語の自己紹介文が入った名刺を参加者と積極的に交換。海外の大学のみならず、東京医科歯科大学、新潟大学、島根大学、順天堂大学など医学部の先生とも知り合うことができました。
 
そして、なんと「ポスター特別賞」を受賞しました。
   
   同シンポジウム参加にあたり、樋口桂准教授(併設大学保健医療技術学部)、棚橋信雄先生(高校SSH担当)と、アンドレイ・ステファナ先生らが研究指導を強力にサポート。生徒たちへの的確な指導、海外の研究者との橋渡しなどが功を奏しただけでなく、内容的にも他の発表者と遜色がなく研究上、示唆に富むものであったことからポスター特別賞の受賞が実現しました。
  「学会としても新しい流れを取り込みたいという思いが感じられ、会長を始め運営委員などから多くの面で生徒たちに目をかけていただきました。私たち教員が場所を提供すれば、生徒たちはいくらでも喰らいつき努力して成長していきます。様々なチャンスに積極的にチャレンジさせる必要性を強く感じました」(引率教員コメント)
2013年9月 SSH高校2年生履修 学校設定科目「SSプレカレッジⅠ」
 
前期は、物理1回、化学3回、生物3回、数学1回の計8回の実験を無事終えることができました。生徒たちはもうiPadの使い方にも慣れ、データ集計にも慣れました。それを上手に活用して、大学生張りのレポートを仕上げています。後期は、前期で身に付けた実験方法の定着と、実験に対するアプローチや応用力を身につけることができる実験を実施してゆきます。ぜひこの授業を通して、理数系大学へ進学するための力をしっかりと身につけさせていきたいと思います。
写真は、9月6日に行われた物理分野「接触する2物体間にある物体の動き出す直前の力と物体にはたらく垂直抗力との関係を求める」実験です。

 

7・8月(夏季休業中)の活動

08月

25日

2013

2013年7月17日 東京大学工学部 染谷・関谷研究室訪問
 
羽毛よりも軽く柔らかい電子デバイス、生体内への埋め込みも可能なインプランタブル・フレキシブルデバイスを開発し、ロボット用電子人工皮膚開発の研究に取り組んでいる東京大学の染谷・関谷研究室を訪問し、生体調和エレクトロニクスの最前線に触れることができました。また、最先端研究に携わる研究者の講義を受けることで、生徒たちは、今後の研究活動や自身のキャリアを考えました。
参加人数は、高校1・2年生理数クラス希望者15名+特進クラス希望者2名。
 
2013年7月25日~30日 国際科学技術交流 ペッチャブリー校(タイ)訪問
 
2012年、タイ王国のサイエンス・スクールであるプリンセス・チュラボーン・カレッジ12校の一つ、ペッチャブリー校(PCCP)と連携協定を結びました。今夏、同校の招待に応じて、7月25日~7月30日の期間に3名の教諭がペッチャブリー校を訪問しました。現地到着後、大歓迎の中、サイエンス・スクールとして特に重要な理科(物理)・数学・情報・英語の4科目について研究授業を行いました。
 
2013年7月29日~8月3日 小笠原研修旅行
グローバル環境科学の重要な学習機会となる「小笠原研修旅行」が無事に行われました。天候にも恵まれ、研修全体としては大成功といえるものでした。また、参加生徒たちも口々に「また行きたい!」と連呼するぐらいすばらしい体験でした。船の乗船時間は往復で50時間という旅でしたが、学習できた内容は、だからこそ学べた大自然のすばらしさ!大地に育まれた貴重な生態系と、海に潜む壮大な自然の美しさやその神秘を目に焼きつけ、記録も残してきました。事後学習では学園祭発表用にポスター作りをします。
参加生徒 高校1年生希望者25名
   
 
2013年7月30日  神戸理化学研究所・計算科学研究機構訪問 7/29~8/3
 
夏休みを利用して遠方の先端科学施設に行くことができました。今回の目的地は、京都大学山中教授がノーベル賞に輝いた「IPS細胞の研究」に取り組む神戸理化学研究所発生・再生科学研究センターと、世界で有数の高速スーパーコンピュータである「京」を有する計算科学研究機構の施設です。各施設の協力により、丁寧な解説を受けながらの最先端の研究を行う施設の見学をすることができました。
参加人数は、高校2年生理数クラス希望者3名。
 
2013年8月7・8日  H25年度 全国SSH校生徒研究発表会
 
場所:パシフィコ横浜
今年度は、6月に校内選考会を行い、選考会にエントリーした本校のSSクラブ5チームの中から、1年次の学校設定科目『学際科学』で扱った“エッグドロップ”から発展した研究を進めている4名が「空気抵抗における速度の多段階増加」という発表テーマでSSH校生徒研究発表会へ参加しました。当日参加ブースには、本校1・2年生の理数クラス生徒はもちろんのこと、海外参加校を含め、多くのSSH校が見学に訪れ、活発な議論を行うことができました。(写真右上下)
また、前日の海外招聘校歓迎レセプションにも参加し、国内外の研究仲間と親交を深めました。(写真左下)
 
 
2013年7月13日  第3回 親子で体験!SSラボ 『いちごの秘密』
2013年8月9日   第4回 親子で体験!SSラボ 『おいしく学ぼう クッキングサイエンス』
   
第3回開催のSSラボは『いちごのひみつ!』
身近な植物の観察をルーペや顕微鏡を使い観察力や比較しながら考える力を育てる目標とした講座で、いちごの解剖を行いました。写真上
参加親子40組 本校生徒TA7名

第4回開催のSSラボは『おいしく学ぼう!クッキングサイエンス』
「アイスクリ―ムの秘密」「ビタミンCたっぷりゼリーを作ろう」をテーマに、アイスクリームの種類の違いを実際に食べ比べ、アイスクリームは、何からつくられているかを考えてから、アイスクリーム作りに挑戦しました。また、野菜・果物中のビタミンCを測定、果汁入りのゼリー作りに取り組み、型抜きしたゼリーを手作りアイスクリームのトッピングにして楽しみました。写真下
参加親子33組 本校生徒TA17名
 
2013年8月24・25日  夏季特別講座 科学知の技法 脊椎動物のからだ講座
 
ミクロからマクロまで、幅広く生物学的な研究手法を学ぶことができる実験講座を実施しまし。固定済み「ブタ・サメ」の標本を肉眼解剖学的手法で系統的に解剖して、比較解剖学的に臓器の配置やつながりを確認しながら、形態から見た脊椎動物の系統進化を探るものです。受講後には、摘出した標本は持ち帰って教材としてご活用できるようにしました。
参加者 他校高校生18名 他校教員11名

 

 

6月の活動

06月

23日

2013

2013年6月1日 グローバル環境科学SSクラブ活動「首都大学 可知先生特別講座」
 
学校設定科目「グローバル環境科学」の実践活動である「小笠原研修旅行」対象者に行われた特別講座で、今年度は「 グリーンアノール」に代表されるの外来種の問題や小笠原諸島特有の生態系などのレクチャーが行われた。今年度は25名が受講。世界遺産でもある小笠原の自然について、研修旅行前に知るべき事項は、この講座を通して学習します。小笠原研修旅行期間(7/29~8/3)と、その後の事後学習期間の学習を通して研究グループごとのテーマ研究を行い、研修成果公開用のポスター作りを行い、その成果であるポスターは9月28日・29日開催の文女祭(学園祭)で公開する。
 
2013年6月15日  「エッグドロップ・コンテスト」
 
「落とした卵を割らない方法」を題材に、班活動で問題解決探求の思考過程を学ぶ、学校設定科目の最終段階に待ち受けるのが、このエッグドロップコンテストです。今年度は都立戸山高等学校、県立熊谷西高校を加えた3校がその作品の出来栄えを競いました。参加人数は文京学院1年生理数クラスが36名、SSH連携校戸山高校16名、熊谷西高校生徒46名の計98名です。当日はまず、工学院大学 塩見誠規先生より、「衝撃吸収のメカニズム」について講演を受け、その後、コンテストに使う装置を作成し、午後コンテストを実施しました。
 
2013年6月15日  第2回 親子で体験!SSラボ 『さんすうだいすき!ポリドロンで遊ぼう』
5月に開催されたSSラボの第2弾は、本校数学科教員による「さんすうだいすき!ポリドロンで遊ぼう」です。当日は親子そろって数学の不思議な世界を体験しました。この「ポリドロン」は図形を学ぶ算数教材で、多面体や展開図について理解を深めるものです。
参加した31組親子の皆さんは楽しいさんすうの世界を満喫することができました。
本校の高校生もTAとして7名参加しました。
 
2013年6月22日  SSH先端科学講座 「再生医療研究の最前線!」

東京大学との共同企画で再生医療に関する実践講座が開講されました。内容は、①実験「ブタ眼球の解剖実習」と「角膜移植のデモンストレーション」 ②講義「角膜の再生医療研究とは?」③ディスカッション「再生医療の期待と現実」の3部構成で実施されました。
参加生徒は対象は、高校3年生 26名
講師:東京大学医学部附属病院 角膜移植部 部長 山上聡 東京大学医学部附属病院 眼科/TE部(角膜再生プロジェクト)特任研究員 横尾誠一
企画:東京大学医学部附属病院 眼科・視覚矯正科 特任助教片野尚子


 

 

5月の活動

05月

20日

2013

2013年5月 SSクラブ活動「蝶のさなぎの完全変体の研究」
 
生徒が自主的に研究活動を続けるSSクラブでは、多数の研究成果が出てきています。右の写真はギフチョウの研究を続けるSSクラブの活動風景です。校内に餌となるミカンの木を植え、すでにさなぎの変体サンプルを複数観察。ある時期のさなぎの体が「・・・」なことに!!この結果はぜひ学園祭のSSH研究コーナーへお出での上、ご確認ください。まさに生命の不思議を探求中です。今後も幅広い分野の研究成果をお知らせできると思います。
 
2013年5月18日 第1回 親子で体験!SSラボ 「ソーラーカーをつくろう!」
 

当日は、20組の親子が来校しました。まずは光やソーラー発電の仕組みなどについて学んだあと、ソーラーパネルを用いた電気工作で、ソーラーカー作製に挑戦。できあがった作品を校庭で元気よく走らせました。勢いよく走るソーラーカーが、日陰に入ると止まることなどを実体験しました。部品の接触や車軸の位置を直して、最後は全員一列で競争です。

 

 

 
 
2013年5月 タイとのSkypeを開始
 
 昨年度に教育連携協定を結んだタイ・チュラボーンサイエンスハイスクール・ペッチャブリの学校との打ち合わせをSkypeで実施しました。昨年12月に訪問したときにお会いした先生方と、Skypeを通して再会できました。この7月のタイ訪問や今後の交流計画について、直接やりとりをすることができました。今回は教員が試験的に実施しましたが、今後は生徒同士の日常的な交流に活用していく予定です。
 

 

4月の活動

04月

27日

2013

2013年4月 SSH高校2年生履修 学校設定科目「SSプレカレッジⅠ」開講
 
本科目は以下の設定目的に準じて行われ、大学研究に対応できる生徒育成を目指して開講されました。
1. 高校1・2学年で扱われる理数科目(物理・化学・生物・数学)の教授内容の展開として、各科目の必須実験・観察を行い、教授内容の習得に努める。
2. 理数系大学入学後、大学生が最初に苦戦する『実験レポート』の書き方とその習得を行う。
3. 様々な自然現象に触れ、自己の興味・関心を発見し、授業を通して、自己の進路について考える。

4月は生物分野・化学分野で実施しました。
 

 
2013年4月 SSH高校1年生履修 学校設定科目「学際科学」
 
 いよいよSSHの授業がスタートしました。広い視野を持って科学的検証を進める学際科学(学校設定科目)の授業風景です。授業の流れの説明を聞いた後は、すぐにグループ討議。広いフリースペースのあるBALStudioでは、机のレイアウトも簡単にかえられます。先生から教わるのではなく、とにかく自分たち考えることを求められる授業。科学的検証を行うというのはどういうことなのか、授業を行いながらひとつひとつ学んでいきます。

 
 


 
2013年4月27日 SSH参観授業
 
 今日のSSHの授業は保護者の方の参観授業をかねて行われました。保護者の方も実際のSSHの授業がどのように行われるのか大変興味を持っていたようで、大変大勢の方が参観にいらしていただきました。前期のテーマは「エッグ・ドロップ」。教室の中で実際の卵を使って高いところから落としてみると・・。大勢の保護者の方の熱い視線を感じながら、発表するのもちょっと緊張します。これからの授業展開が楽しみです。
 
 
 
2013年4月 新高1理数クラス SSHオリエンテーション
 
 これから始まるSSHの活動について、新1年生へのオリエンテーションを行いました。先生方からの説明の後で、先輩の2年生達が昨年度に取り組んだ課題研究の内容について、ポスター発表の形式でプレゼンしてくれました。
 

 

前の5件 41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51
資料請求