資料請求バナー
トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

教育実習

06月

7日

2010

教育実習生の実習が始まりました。3週間(養護教諭は4週間)に渡る実習を通して、教員としての知識・技能を実践的に身につけます。
 
実習は担当教員の授業をはじめ、様々な先生方の授業を見学・研究することから始まります。見学後は担当教員との反省、打合せが行われます。
在学中にお世話になっていた先生と、当時とは異なる立場で接することは新鮮でありながらもどこか懐かしくもあります。いつ戻ってきてもお世話になった先生方があたたかく迎えてくれるのが私立学校の魅力のひとつです。
 
実習の山場は「研究授業」と呼ばれる授業です。在籍大学の教授の他、多くの先生方に授業を見学してもらう授業です。
その授業を前に、担当教員と綿密な打合せが行われていました。
 
研究授業の様子です。これまでの見学・研究、担当教員との打合せ等を経て、総合的に授業を評価されます。
堂々とした授業進行の様子に、これまでの実習の成果が表れていました。
 
担当教員も心配そうに授業を見学しています。
ですが、授業が進むにつれ、徐々に安堵の表情に変わっていきます。
 
たくさんの卒業生が母校に戻ってきて、成長した姿を見られることは私達教員にとって何よりの幸せです。
皆さんが教員として自立できることを教員一同応援しています。

実習、お疲れ様でした。

<