トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

2012年7月アーカイブ

面接対策講義

07月

9日

2012

土曜日に前期期末考査が終わりました。ホッと一息、と言いたいところですが、3年生にとっては受験に向けた大切な期間の始まりでもあります。40を超える種類の夏季講座がその皮切りとなります。
看護師など医療系の進路を目指す理数クラスの生徒を対象に、面接対策講義が行われました。講師は東京保健医療大学の鈴木先生です。極めて実践的な内容で、入室前の心構えに始まり、本番さながらの面談練習となりました。
 
「男性の看護師が増えていることについて意見を聞かせてください」「担当する患者が命を絶ちたいと言ってきたらどう答えるか」など、専門の先生ならではの質問が次々と投げかけられます。受験生役以外の参加者は、面接官役を受け持ちます。こうすることで、受験生が面接官に与える印象などを客観的に探ることができるのです。
3時間に及んだ講義は参加した生徒にとって非常に有意義なものになりました。

チュラボーン・サイエンス・ハイスクール来校

07月

8日

2012

タイのチュラボーン・サイエンス・ハイスクール(CSHS)の先生方とタイ教育省関係者が来校しました。この学校は、タイ王妃により創立され、タイ全土に12校ある理科教育に特化した学校で、「プリンセス・チュラボーン・カレッジ」と呼ばれています。
 
今回、日本のSSH校と提携する目的でCSHSの4校の校長や関係者が来日され、4日間で名古屋、静岡、東京の4校を訪問、その最後の訪問校として本校に来校されました。今後、SSHに指定された本校と、科学教育において生徒や教員の交流など、包括的な協力関係を結ぶことになります。本校の取り組みについてのプレゼンテーションに続き、校舎・授業を熱心に見学されました。その後、協定書の調印式が行われました。
 
調印式に先立って行われた、併設中学の帰国生によるタイ語のスピーチには大きな拍手がわいていました。来校いただいた関係者の皆さまは、過密スケジュールの最終日にも関わらず、今回の来校を大変喜んでいただけたようでした。
これからも、本校は国内外のさまざま大学や高校と協力・連携をはかり、互いに高めあっていくことになります。これこそがSSH校であることの大きなメリットと言えるでしょう。
 

資料請求