資料請求バナー
トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

文女祭

09月

29日

2012

 今年も待ちに待った「文女祭(あやめさい)」の日がやってきました。

 放課後遅くまで準備をしてきた飾り付けや模擬店が日の目を見る日です。
天候が心配されましたが、無事にテープカットを迎えることができました。

 校舎の中はいつもと大きく雰囲気が変わります。
威勢のいい声で自分たちの模擬店をアピールしたり、様々な教室で研究展示が行われています。

 部活動が盛んな文京らしく、校舎の至る所で部活動ごとの演技や発表会が行われています。
校庭では空手部、新体操部、サッカー部などが演技・紅白戦を行い、ホールでは演劇部や
文京マーチングユース部による発表会・演奏会が開かれます。
またイラスト部がその場で好きな画を書いてくれる会場はお子様に大人気でした。

 にわかに校庭周辺に大勢のお客様が集まり始めます。
文京マーチングユース部によるドリルの演技が始まりました。
在校生も教室の窓から声援を送ります。今年の演技も大変素晴らしく、大きな歓声が沸いていました。

 2日目は台風が接近したため、予定を1時間繰り上げることになりました。
急な予定変更にも関わらず、学園祭実行委員を中心に全員が臨機応変な対応をし、混乱なく無事に閉門を迎えることができました。
教室や校庭の片づけが済むと、在校生徒だけが参加できる後夜祭が始まりました。
こちらも予定を短縮して行われましたが、後夜祭プロジェクトの凝りに凝った演出と、教員の演技力(?)によって、大いに盛り上がりました。

ご来場くださった皆様。天候が危ぶまれるなかご来場いただき誠にありがとうございました。おかげさまで、今年の文女祭も大盛況のうちに幕を閉じ、高校生活にまたひとつ素敵な思い出が加わりました。

そしてその陰には、人知れず準備をし、当日には文字通り休むことなく飛び回った学園祭実行委員の皆さんの存在があります。苦労もあったと思いますが、今後様々なところで今回の経験が生きるはずです。本当にお疲れさまでした。

 
 文女祭を陰で支えていた、生徒会総務役員を中心に文女祭実行委員。
そんな実行委員の活動をお伝えします。

 文女祭前日の準備日。研究展示に使用するパネルや暗幕などを準備していました。

 準備で少し疲れているところを見計らって、「31アイスクリーム」を販売していました。 朝の開店準備からみなさん楽しみにしていたためか、販売のアナウンスと同時に長蛇の列が。 あっという間に完売しました。

雨の降っていない時間帯を利用して先生方も準備を。 入り口となるエントランスの準備も着々と進めていました。

 文女祭1日目。
前日は雨のため準備ができなかった装飾をしていました。 入り口には看板とテープカットの準備を。

 開門前、実行委員は最後の打ち合わせです。 生徒会長が最後の確認事項を伝えています。

 文女祭スタート。お客様が入ってきました。
お客様が記帳し終わるのを待っているところを1枚。

アイスは今日も人気です。 売れ行き好調のようです。

 入試相談のお客様を学校案内するのを待っているところを1枚。
本部では生徒会役員が文女祭限定ファイルの販売をしていました。

校庭では放送担当の委員と先生方が奮闘中でした。

 こちらは陰で支えている実行委員をさらに陰で支えている委員が昼食を運んでいました。 中学生徒会では推理ゲームを行っていました。

 2日目の閉門後、在校生は待ちに待った後夜祭。
台風接近のため短縮バージョンとなりましたが、後夜祭担当の委員が大いに盛り上げていました。 盛り上がった文女祭。それを支えてくれた生徒会役員と実行委員のみなさん、お疲れ様でした。
また来年、新たなスタッフで楽しい時間を作りましょう。

 

<