資料請求バナー
トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

皇太子殿下にご報告

08月

13日

2014

本校サッカー部の近藤沙耶さん(3年)、後藤梨帆子さん(3年)が、8月8日、都立園芸高校にて行われた「皇室ご交流会」に出席しました。東京で行われた競技、テニス、バレーボール、体操、新体操、なぎなた、相撲、女子サッカーを代表して、二人が皇太子殿下への説明役に選ばれました。試合会場等での礼儀や、挨拶、明朗さが評価され、「文京学院の生徒なら大丈夫!」と、大役を命じられました。近藤さんは、女子サッカーについての説明を、後藤さんは、皇太子殿下からのご質問に答えました。彼女たちは、2020年の東京オリンピックを何らかの形で支える人材になることでしょう。

都庁のホームページ

近藤さんが皇太子殿下へお伝えした言葉

選手として一生懸命練習に励んで来ました。インターハイに出場するという夢には届きませんでしたが、補助役員として参加することが出来、誇りに思います。今日まで、共に闘ってきた仲間達の勇姿を見て、感動すると共にこれからも練習に励んでいこうと思います。女子サッカーが盛んになることを願うと共に大会を運営してくださった皆様に感謝しています。

後藤さんと皇太子殿下のやり取り

皇太子殿下;補助役員はどうでしたか?

後藤さん;私達は警備を担当しました。選手の皆さんが安全に競技出来るように一生懸命サポートしました。

皇太子殿下;サッカーは何年間やっているのですか?

後藤さん;10年以上やっています。

皇太子殿下;補助役員で大変だった事はなんですか?

後藤さん;炎天下の中で立っての作業が大変でした。

皇太子殿下;それは大変でしたね。私も家族3人で行きましたよ。

後藤さん;はい。存じております。

<