資料請求バナー
トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

高校3年生:刺し子の中間点検

10月

30日

2015

本校の伝統教育の一つである「運針」。91年前、本校創立者である島田依史子が「女性が自立して生きていくために」と、お裁縫の学校として本校の歴史が始まりました。
毎週金曜日の朝間時間は運針の時間です。ホームルームで全員が運針を行います。高校3年生は「刺し子」に取り組んでおり、本日はその中間点検の日です。運針係が全員分の布を回収し、進捗状況を確認します。着々と進めてきた生徒、ラストスパートをかける生徒、と進度はそれぞれのようですが、皆一様に真剣に取り組んでいました。

(広報部 松崎 記)

R0010017.JPGR0010018.JPGR0010019.JPG

<