資料請求バナー
トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

高校3年生:「誕生学」

09月

15日

2016

本校では、所謂「学習」以外にも、様々な「学び」を経験します。そのうち、特に大切にしているものの一つが「キャリア教育」です。それは必ずしも職業と直結するものとは限りません。本日5・6時間目、高校3年生はキャリア教育の一環として、「誕生学」を学びました。これは数年前から継続して行なっているものです。6時間目は、数名ずつのグループを作り、ワークシェアに発展。また、ご好意により、スタッフがお子さん(生後2か月)を連れてきてくださる場面もあり、会場からは優しい歓声が上がっていました。

(高3学年代表 田島 記)

20160914-2.JPG20160914-3.JPG20160914-1.JPG

追加記事 (キャリア支援部 沢柳 記)

9月14日(水)、高校3年生は総合学習の時間に「誕生学:命を生み出す女性の力」と題し、誕生学アドバイザーである長谷部しのぶ先生にご講演いただきました。
近い将来、高校を卒業し、社会人になる高校3年生が、女性として豊かで幸せな人生を送るためのヒントをいただきました。
高校を卒業すると、学生であっても半分おとな扱いされ、自律的な行動が求められます。
命を生み出す存在として、自分のこころと身体をどのように大切にするか考えるきっかけになったことでしょう。
講演会の後は、母親となった生活をイメージするワークショップを行いました。
助産師さんと、キャリアと出産を両立させているお母さんと2ヶ月の赤ちゃんもゲストとして登場したため、より一層具体的なイメージをもつことができたのではないかと思います。

可愛らしい生後2ヶ月の赤ちゃんを目の前に、「一生懸命育てたのに、中高生の時期に反抗されたりして悲しくないのかな・・・?」など、
自分がどのように育てられ、ここまで成長したのかを想像したであろう質問もありました。
育てられた側、育てる側の狭間で、いろいろなことを感じたのでしょう。

受験を目前にした時期ですが、その先の将来について考え、本当の意味でつけておくべき「力」は何かを考える機会になったはずです。
自分自身を大切に、邁進して欲しいと願っています。

DSC01191.JPGDSC01192.JPG

<