受験生サイト
トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

生徒会総務役員が日本赤十字社に訪問しました

01月

31日

2015

昨年9月に行った『文女祭』。生徒会で企画した『文京祭オリジナルクリアファイル』と実行委員で企画した『31アイス』の利益額97,941円を東日本大震災の義援金として日本赤十字社に寄付をしました。

4年前の生徒会総務役員が、少しでも被災地の力になりたいと考え始まった企画です。4年経過しましたが、復興にはまだまだ時間がかかります。

赤十字本社では、現在の被災地の状況などを教えていただきました。それを受けて、生徒会長は今後も被災地のことを忘れずに、生徒会活動を通してできる支援を継続していきますと話していました。

写真は、日本赤十字本社に寄付しているものと文女祭当日の『文京祭オリジナルクリアファイル』と『31アイス』の販売状況です。

P1300535.JPG     P1300537.JPG     DSC00968.JPG     DSC00997.JPG

高校3年生:進路決定者対象の「教養講座」

01月

30日

2015

教養1.jpg

教養2.JPG

AO入試や推薦入試によって、すでに進路が決定している高校3年生は、色々な知識を身につけたり、マナー講座など、普段の授業では行われない内容を学んでいます。
そのうち、1月30日は、国立博物館及び国立科学博物館の見学・レポート作成の講座を行いました。じっくりと見学し、中には時間が足らなかった人もいました。 そしてこの日は、雪。気温も低く、寒い1日でした。しかし、さすが女子高生。靴下がびしょびしょに濡れて寒かったですが、元気いっぱいでした。

ある日の放課後。

01月

23日

2015

文京学院の放課後の様子です。

DSC02391.JPG2年理数クラスの教室では、海外修学旅行を間近に控えた生徒たちが、マレーシアの文化等について調べた内容のポスター制作に追われていました。しかし、プレゼンテーションにかけては多くの場数をこなしている理数クラスです。テキパキと作業を進めていました。他クラスの生徒も、国内、海外を問わず、「事前学習」として修学旅行の渡航先の文化・歴史などについて調べ学習を行っています。

 

 


DSC02398.JPG非常に冷たく、時折強い風が吹く校庭では、サッカー部と軟式テニス部の生徒が練習に励んでいます。風邪などひかなければいいな、などというこちらの心配をよそに、いつも通り大きな声が聞こえてきました。

 

 

 

 

DSC02395.JPG

ホール前では、生徒会の生徒たちが雛壇の設置中でした。「曲がっている気がする」「これはどっちだ」などと話しながら、和気藹々とした雰囲気のなか、歴史ある貴重な雛飾りを大切に、ひとつひとつ並べている様子が印象的でした。

 

 

 

 

DSC02390.JPG選択教室では、高校2年 英語クラスの希望者が、先日のセンター試験(日本史)の解説講義を受けていました。来月5日には高2全クラスを対象に河合塾の模擬試験が実施されます(中学1・2年生は英語力を総合的に測る「GTEC」を受験)。今日の講義は、センター試験を振り返るとともに、模試対策にもつながります。

校舎の様々な場所で、様々な生徒が、様々なことに一生懸命取り組む。本校では、放課後も大切な学校生活の一部になっています。

クリーンキャンペーン

01月

23日

2015

高校生徒会主催のクリーンキャンペーンを行いました。昨日の雨の影響でかなり寒い朝でしたが、参加生徒は通学路と校内に分かれて丁寧に掃除をしていました。進学棟では高校入試が行われます。受験生のみなさんに気分良く受験会場に向かってもらいたいという思いからか、いつも以上に丁寧に掃除をしている生徒も見受けられました。

DSC01208.JPG     DSC01214.JPG     DSC01218.JPG

DSC01210.JPG     DSC01212.JPG     DSC01219.JPG

高校2年生・修学旅行の事前学習発表会

01月

22日

2015

高校2年生は2月末に国内と海外に分かれて修学旅行に行きます。昨年の11月から訪問する場所に関して、班ごとに分かれて事前学習を行い、レポートにまとめました。今日はそのレポートの発表会です。各班が調べてきた情報を共有し、修学旅行に向かいます。

DSC02385.JPG     DSC02388.JPG     DSC02384.JPG

国際交流委員:異文化理解

01月

21日

2015

長期留学を終え、ニュージーランドから帰国した生徒を招き、異文化理解のための会合を開催しました。
書籍やインターネットからも多くの情報を得ることができますが、実際に現地で生活をし、経験した人物の話や資料は、具体的で「リアル」です。参加した生徒たちは、彼女の話やプレゼン資料に興味津々の様子でした。また、近くニュージーランドへ長期留学が決まっている1年生も参加。まさに「他人事ではない」といった様子で話に聞き入っていました。
こうした会合を通して、本校の生徒は現地に行けずとも、異文化について知識を増やしています。

*本校の語学研修・留学についてはこちらから

IMG_2201.JPG     IMG_2204.JPG     IMG_2203.JPG

日々の積み重ね:ペン習字提出日

01月

10日

2015

今日はペン習字の提出日です。13:30までに所定の部屋に提出します。これから、各担任ならびに学年代表による点検を経て、2月に「富士賞」というかたちでその努力が報われることになります。生徒のものだけでなく、保護者の方や教員が提出したものもあります。専用の用紙は、1枚0.05mmに満たないものですが、600枚を超えると3cmにもなります(なかには1000枚を越える生徒もいます!)。
「日々無心でやってきたことが、ある日、かたちとなってあらわれる」。本校の教育を表す大切な取り組みのひとつです。

DSC02382.JPG     DSC02379.JPG     DSC02377.JPG

高校バレーボール部よりお礼

01月

9日

2015

P1160129.JPG

春の高校バレー全国大会では、たくさんの皆様に応援に来ていただきました。本当にありがとうございました。 大声援を力に、選手たちも躍動しました。
初戦で対戦した古川学園はインターハイ、国体の両大会でベスト4入りを果たした実力校です。今大会も優勝候補の一角であり、戦前の予想では「金蘭会に挑戦するのは古川か鹿児島女子か」などと評されておりました。文京の勝利はまさに選手と応援が一体となった『チーム文京』としての勝利であり、試合の解説をされた元全日本選手の大林素子さんからも「今大会のベストゲームでは」とおっしゃっていただいた程でした。
その余勢を駆って翌日の試合に臨みましたが、対戦した鹿児島女子も古川と匹敵する強豪です。「鹿児島の実力選手は鹿女子に送ろう!」と県内中学校先生方が有望選手を鹿児島女子に送る体制が整っており、ここ数年の全国大会では安定して上位進出を果たし、全国制覇まであと一歩という戦いを続けています。前日の勢いがあればという悔しい試合ではありましたが、文京の長内選手、富澤選手の両エースの徹底マークに、田原選手のトス回しも力を発揮できず、敗れてしまいました。
その後、鹿児島女子は金蘭会(大阪)とフルセットの死闘、すべて25-23という2点差のゲームで最後に力尽きました。準決勝の組み合わせは 金蘭会-東九州龍谷(大分)大阪国際滝井-柏井(千葉)となりました。
文京の新チームは翌日より始動しました。2月1日には早速、東京都の新人大会が行われます。下級生主体だった文京の新チームが有利になるかと思いきや、成徳・共栄・八王子も全て下級生が主体のチームだったため戦力ダウンはありません。
ますます熾烈になる戦いが続きますが、何とかがんばっていきたいと思います。今後もバレーボール部をよろしくお願いいたします。(バレーボール部コーチ 天野)

始業式

01月

8日

2015

DSC02367.JPG     DSC02372.JPG     DSC02375.JPG

始業日です。1時間目の始業式では、佐藤校長のお話に先立ち、この冬に活躍した生徒・団体への表彰式が行われました。文京生は文化系・体育系を問わず、色々な分野で活躍しています。全校生徒の前で表彰された生徒たちは少し照れくさそうでしたが、とても誇らしげでした。

【本日表彰された内容】

校内運針競技会
・アニメーション神戸主催 Webアニメコンテスト(株式会社リオ ポテンシャル賞)
・Microsoft Office Specialist Word2007(6名)
・長崎がんばらんば国体 馬術リレー競技(5位)
・剣道部 東京都高等学校第二支部剣道大会(個人戦1年生の部 3位/団体戦1年生の部 3位/団体戦2年生の部 3位)
・新体操部 高体連主催 秋季新人大会(団体競技の部 公式戦 4位/オープン戦 3位)
・東京都高等学校吹奏楽連盟主催 東京都高等学校アンサンブルコンテスト(管打八重奏 銀賞)

表彰式に続いて、佐藤校長からは、人権運動家のマララ・ユスフザイさんのスピーチに触れながら、目標を持つことの大切さについて話がありました。一人ひとりが気持ち新たに、素晴らしい1年を送ってくれることを期待しています。

高校バレー部初戦突破!

01月

6日

2015

20150107バレー.JPG

高校バレーボール部が、全日本バレーボール高等学校選手権大会(通称 春高バレー)の初戦を突破しました。強豪として知られる宮城県の古川学園との対戦でしたが、接戦を制することができました。
応援の様子

明日は、10時50分から鹿児島女子と対戦します。本日の試合の模様は、フジテレビにて24:45~放送されます。ぜひ、ご覧下さい! ⇒ 試合結果

「クリスマス講座」

12月

24日

2014

街はクリスマス一色ですが、教室では高校2年生の希望者が英語、国語(古文)、日本史・世界史の講座で勉強中です(12月24~26日午前中)。1月18日の「センターチャレンジ(センター試験同日に行われる試験)」ならびに2月5日の河合塾マーク模試に向けたセンターレベルの講座です。より専門的な解法を扱っています。本番は再来年ですが、高校2年生の段階で目標とする大学に求められる得点率をクリアすることが目標です。特別講座ならではの緊張感と充実感が得られる3日間です。無料講座であることを気遣ってか、講座終了後に教員に手作りのクッキーやチョコレートを振舞ってくれる生徒も。これもクリスマス講座ならでは、でしょうか。クリスマスにも関わらず頑張った皆さんの努力は、必ず実ると信じています。体調に気をつけつつ、充実した冬休みを送ってください。

DSC02345.JPG     DSC02356.JPG     DSC02357.JPG

DSC02361.JPG     DSC02358.JPG     DSC02346.JPG

終業日:全校で大掃除

12月

22日

2014

DSC02341.JPGDSC02342.JPG

本日は終業日です。午前中は通常通りに授業を行い、午後はLHRと大掃除を行いました。
LHRでは成績表やクラス通信とあわせて、各教科から課される宿題が手渡され、悲鳴ともとれるような声が教室から聞こえてきました。
その後、整美委員が中心となって、大掃除にあたりました。毎日放課後に教室・担当箇所を清掃しているとはいえ、クラス一丸となってやってみると、意外とほこりなどが溜まっている場所もあるものです。雑巾やクリーナーを使ってぴかぴかになるまで頑張りました。これで気持ちよく新年を迎えられますね。皆さん、ご苦労様でした。
本日から来年1月7日まで冬休みです。高校3年生は受験直前、下級生は課題や「センターチャレンジ」など模擬試験へ向けての実力養成、バレー部の皆さんは「春高」に向けての練習と、それぞれが目標を掲げ、実りある冬休みになることを期待しています。

クリスマスキャンペーン

12月

20日

2014

中間試験②が終わった翌週に、高校生徒会総務役員のみなさんがクリスマスキャンペーンを行いました。ウッドデッキと本部棟の1階通路にイルミネーションを、図書館前と職員室入口にクリスマスツリーを設置しました。クリスマスの雰囲気を味わえる、普段の学校とはまた違った雰囲気になっています。

DSC01179.JPG DSC01182.JPG DSC01183.JPG DSC01184.JPG

国際交流委員:「ポットラックパーティ」

12月

19日

2014

DSC02307.JPG

本校には、短期、中期、長期の様々な語学研修、海外留学プログラムがあります。その内、姉妹校であるニュージーランド オタゴ女子高校で約1年の留学を修了した生徒が帰国し、本日より復学しました。本日は、彼女を囲んで、国際交流委員会の同志が「ポットラックパーティ」を開きました。potluckとは「料理を持ち寄る」という意味です。参加した生徒たちは一人ひとりが手作りの外国のお菓子を持ち寄り、食の異文化を体験しました。

その種類を紹介します。

1)カジュール:日本語では「なつめやし」。ドバイから送られてきたものを持ってきてもらいました。断食の後に食べるものだそうです。味は干し柿そのもの。
2)レモンバー:アメリカ滞在経験のある生徒が作ってくれました。アメリカ並みの甘さかと思いきや、それほど甘すぎず。
3)クリスピー:こちらも上記生徒たちが作ってくれました。
4)フラップジャック:イギリスの伝統菓子で、国際交流委員長の手作りです。
5)フレンチトースト:フランスからの長期留学生が本場のフレンチトーストを作ってくれました。冬にホットココアと一緒に食べるそうです。

これらに加えて、ニュージーランドから帰国した生徒からのお土産も並び、インターナショナルかつアットホームなパーティになりました。

①カジュール.jpg        ②レモンバー.jpg        ③クリスピー.jpg        ④フラップジャック.jpg        ⑤フレンチトースト.jpg

 

高1「Sports Day」

12月

12日

2014

高校1年生のスポーツデー。「普段の体育授業ではできない種目を体験しよう」ということで、アイススケートに挑戦。
高田馬場にある「シチズンプラザスケート場」と千駄ヶ谷にある「明治神宮アイススケート場」の2箇所に分かれ、前半の時間を初級・中級・上級に分かれてインストラクターの先生のレッスン、後半は、自由滑走でレッスンの成果を発揮しました。今年は、このスケートのために、予習と称して事前にスケート場で練習した人達が続出。とても力が入っており、自由滑走のときには、初めての人でも、スイスイとすべることができるようになっていました。
しかし...テレビで見ている、浅田 真央さんや羽生 結弦 君のようにジャンプやスピンなど、華麗に舞うことがどんなに難しいか、よくわかりました。氷の上に立ち、前に進むだけの人がほとんどでしたから。

003 (3).JPG     005 (2).JPG     008.JPG

中学バレー部新人戦大会準優勝

11月

28日

2014

11月23日(日)は東京都中学校バレーボール新人大会の最終日でした。

◎準々決勝
本校 2(25-22、25-20)0 共栄学園中

◎準決勝
本校 2(15-25、25-14、25-18)1 実践学園中

◎決勝
本校 1(23-25、25-19、17-25)2 北沢中
 
先週に引き続き、高校バレー部の先輩たちの大声援を力に、何とか決勝まで進出することはできましたが
残念ながら優勝することはできませんでした。

今後は、関東・全国大会へとつながる来夏の都大会の優勝を目指し、今まで以上に一生懸命練習したいと思います。

都大会最終成績はこちらをご覧下さい。

また、新年1月5日(月)より「春の高校バレー」全国大会が開幕となります。
今度は中学バレー部が大応援団を編成し、高校生を精一杯応援します。皆様もぜひ東京体育館までお越し下さい!

 

受験生応援キャンペーン

11月

25日

2014

高校生徒会では、センター試験まで2ヶ月を切り、受験に向けてラストスパートをかけている高校3年生を応援するため、1,2年生の各クラス,部活動・同好会,そして先生方に、桜の花びらに切り取った紙に応援メッセージを書いてもらいました。その花びらを、桜の木を描いた紙に貼り付けていき、高校3年生の校舎である進学棟に掲示しました。
高校3年生のみなさん、本番までもう少しです。後輩や先生がたの応援を力に代えて、最後までがんばってください。

DSC01135.JPG    DSC01134.JPG    DSC01138.JPG    DSC01142.JPG

平成26年度「校内運針競技会」

11月

21日

2014

Speech Contestの熱気冷めやらぬ19日の放課後、進学棟内BAL Studioにおい、伝統の「校内運針競技会」が開催されました。中高各クラスの代表2名が、日ごろの運針の成果を競います。規定時間内で、どれぐらい縫えるかだけでなく、その美しさも審査対象です。「始め」の声がかかるまでの雰囲気とはうって変わって、競技中は静粛そのもの。まさに「針の落ちる音が聞こえるほど」です。また、今回は創立90周年を記念して、在校生保護者と卒業生も参加、観覧されました。お母様、卒業生の腕の見せ所といったところでしょうか。
5、6時間目には英語でのスピーチやプレゼンテーションが行われ、その30分後には運針競技会が行われる(両方に出場した生徒もいました)。英語教育と伝統教育という本校の特色が表れた1日となりました。

DSC02181.JPG     DSC02190.JPG     DSC02184.JPG

高等部高校2年生・修学旅行の事前学習

11月

20日

2014

PB190524.JPGPB190525.JPG

 高等部高校2年生は、来年の2月末に修学旅行に出発します。
海外(マレーシア)と国内(九州)の選択性になっていますが、基本的な流れは同じです。現地に行く前に、現地のことを詳しく調べてから現地を訪れます。そして、現地で体験したことを事前学習に上乗せして、更なる知識を身につけて帰ってきます。コンピューター実習室では、国内(九州)に行く生徒たちが、11のテーマに別れて調べ学習を開始しました。来月までにそれぞれのテーマに関するレポートを作成し、修学旅行のしおりに掲載することになります。
文京生だけが持つガイドブック作りを目標として、みんな楽しみながらも真剣に作成しています。

第42回「Speech Contest」

11月

19日

2014

第42回「Speech Contest」が開催されました。「暗唱部門」「スピーチ部門」「海外帰国生スピーチ部門」に加え、90周年である今年から「プレゼンテーション部門」を新設しました。更に、学園長である島田先生の名前を冠した「The Shimada Prize」が総合優勝者に贈られることになりました。この本選に出場するまでに、第二次予選が行われたこともあり、どの部門も例年以上に高いレベルの発表になりました。

DSC02100.JPGDSC02110.JPGDSC02111.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

高校1年生が対象である「暗唱部門」は、夏休みの間に指定された英文を暗記し、9月からクラス予選が行われました。各クラスの代表者が第二次予選に進み、ここで勝ち抜いた5名が今日の本選に臨みました。
「スピーチ部門」「海外帰国生スピーチ部門」は夏休みに原稿を書き上げ、原稿審査を受けます。ここで選ばれた生徒が第二次予選、本選と進みます。さすがにレベルの高いコンテストとなりますが、特に海外帰国生のスピーチは圧巻で、会場からは歓声ともため息ともとれるような声があがっていました。

DSC02114.JPGDSC02131.JPGDSC02138.JPG

そして新設「プレゼンテーション部門」では、1年英語クラスから2組、2年理数クラスから1組が出場。初年度ということもあり、見る側も期待が高まります。そして見事その期待に応えてくれる内容・完成度でした。1年英語クラスからは、スターバックスコーヒーのロゴについて調査し、その魅力をテレビのレポート形式で発表した組、Hip-Hopダンスの発祥とその時代背景について実際のダンスを交えて発表した組が登壇。例年のSpeech Contestとは一味ちがう雰囲気に、会場は大いに盛り上がりました。そしてSSHの取組みとして日ごろプレゼンテーション能力を養っている理数クラスからの出場組は、"Euglena - the solution for food shortage -"と題し、ミドリムシとその発酵についての研究過程について発表。理数クラス以外の生徒は、改めて彼女たちの研究レベルの高さに驚いていました。

DSC02142.JPGDSC02145.JPGDSC02146.JPG

例年以上に本校の特色が反映された今年のSpeech Contest。来年もレベルの高い、そして個性的なコンテストになることが期待されます。

DSC02104.JPGDSC02160.JPGのサムネイル画像DSC02172.JPG

前の20件 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20