トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

前期期末考査

07月

6日

2010

前期期末考査が始まりました。
今年度より夏期休暇前に期末考査を実施しています。
 
前期の集大成となる大事なテストです。
受験を控えている3年生は言うまでもなく、全学年がこれまで学んできたこと知識・技術を充分に発揮して試験に臨みます。
 
「やるときは、やる」。
メリハリがあるのが文京生の特徴です。

教室は「勤勉」な文京生達の熱気で溢れています。

長期留学生 修了式

07月

1日

2010

ベルギーからの長期留学生が10ヶ月の留学期間を終え、修了式が行われました。
 
10ヶ月とは思えないほどの流ちょうな日本語で、「文京生といっしょに過ごした毎日は、本当に本当に楽しくて、一生忘れられない思い出です」と文京での生活を振り返ってくれました。
 
佐藤校長先生から修了書を手渡され、とても満足げな表情の留学生です。

ベルギーに帰国後は、フランス・リール大学で日本語の勉強を続ける予定です。
 
これまでお世話になった先生方も大勢かけつけ、感極まった留学生は涙が止まらなくなってしまいました。今後もたくさんの留学生が文京にやってくる予定です。
 

「Microsoft Office 世界学生大会 2010」日本大会表彰式

06月

21日

2010

「Microsoft Office 世界学生大会 2010」日本大会の表彰式が行われ、本校3年生の芹沢 里江子さんが、高校ワード部門5位に入賞し、表彰されました。
  
「Microsoft Office 世界学生大会」は、世界各国から選出された学生が、ワードやエクセルの利用スキルを競うものです。
参加者はマイクロソフト オフィス スペシャリスト認定試験(MOS/MCAS)合格者の成績上位者から選出されます。
本校では「情報」の授業内で、マイクロソフト オフィス スペシャリスト認定試験合格のための取り組みを行っています。
芹沢さんは2年次にワード分野において、満点という見事な成績で合格し、現在はエクセル分野の合格を目指して勉強中です。
 

スペシャルオリンピックス

06月

20日

2010

 北区十条の東京都障害者総合スポーツセンターで行われたスペシャルオリンピックス日本・東京の夏季地区大会に本校生徒23名がボランティアとして参加しました。
 スペシャルオリンピックスは知的障害のあるアスリートたちのスポーツ大会です。天候が心配されていましたが、当日は快晴で11種目の競技は予定通り実施することができました。
 
朝8時からのボランティア受付です。

さあ、頑張るぞ。
 
開会式の打ち合わせです。スタッフからの指示を真剣に聞きます。
 
大会旗の準備も整いました。
 
プラカードを先頭に選手入場です。
 
開会式も順調に進行しました。
 
いよいよ各競技会場へ移動します。
 
各会場で開会式が行われます。
ここは卓球会場です。
 
審判の方と細かな点を確認します。
 
いよいよ競技開始。真剣なアスリートたちの試合をサポートします。
 
ここはサッカー会場。
入念な打ち合わせをしています。
 
さあ、こちらも競技開始です。
 
素早いサポートで競技もスムーズに進みます。
 
競技スタッフとの息もぴったりです。
 
文京OGの競技スタッフTさんは、自身が高校時代に参加したこのボランティアがきっかけで、大学でも活動を継続しているとのことでした。

ボランティアで参加してくれた生徒のみなさん、本当にありがとう。1日ご苦労様でした。
この夏季地区大会は6月26日(土)にもボーリングが行われ、4名の生徒がボランティアとして参加します。

保護者対象 併設大学説明会

06月

19日

2010

午後は本校の併設校である文京学院大学の保護者対象説明会が開かれました。
 
こちらが文京学院大学です。

東京メトロ南北線・東大前(外国語学部、経営学部、短期大学)と東武東上線・ふじみ野(人間学部、保管医療技術学部)にキャンパスがあります。

写真は東大前の「本郷キャンパス」のものです。
 
高等学校から併設の大学には優先的に入学することができます(「優先入学制度」)。
また、併設大学への合格を確保した状態で、他大学受験をすることのできる併願受験制度も利用することもできるため、安心して大学受験に臨むことができます。
 
暑い中、たくさんの保護者の皆様が説明会に参加して下さいました。ありがとうございました。
 
こちらのホームページ内にあります「文京学院総合TOP」のアイコンから併設大学のホームページにジャンプすることができます。
詳細につきましてはそちらをご参考下さい。

マナー教室

06月

19日

2010

3年生を対象にマナー教室が開かれました。

まもなく本格化する推薦入試に向けて、社会で求められるマナーを「マザーリング&ファミリーナーシング研究所」のたけなか かずこ先生にご教授頂きました。
 
こちらがたけなか かずこ先生です。「マザーリング&ファミリーナーシング研究所」代表として、執筆や講演活動等を通して女性が心身共に健康で生活するために尽力されています。
 
今後、面接試験で活用できるだけでなく、社会人としてより魅力的に振る舞えるようになるお話に、生徒の皆さんも熱心に耳を傾けていました。
 
貴重な講演に、生徒の皆さん同様、先生方も熱心にメモをとっていました。
 
本日の講演の演題通り、生徒の皆さんが「輝く女性」になってくれることを教員一同願っています。

教育実習

06月

7日

2010

教育実習生の実習が始まりました。3週間(養護教諭は4週間)に渡る実習を通して、教員としての知識・技能を実践的に身につけます。
 
実習は担当教員の授業をはじめ、様々な先生方の授業を見学・研究することから始まります。見学後は担当教員との反省、打合せが行われます。
在学中にお世話になっていた先生と、当時とは異なる立場で接することは新鮮でありながらもどこか懐かしくもあります。いつ戻ってきてもお世話になった先生方があたたかく迎えてくれるのが私立学校の魅力のひとつです。
 
実習の山場は「研究授業」と呼ばれる授業です。在籍大学の教授の他、多くの先生方に授業を見学してもらう授業です。
その授業を前に、担当教員と綿密な打合せが行われていました。
 
研究授業の様子です。これまでの見学・研究、担当教員との打合せ等を経て、総合的に授業を評価されます。
堂々とした授業進行の様子に、これまでの実習の成果が表れていました。
 
担当教員も心配そうに授業を見学しています。
ですが、授業が進むにつれ、徐々に安堵の表情に変わっていきます。
 
たくさんの卒業生が母校に戻ってきて、成長した姿を見られることは私達教員にとって何よりの幸せです。
皆さんが教員として自立できることを教員一同応援しています。

実習、お疲れ様でした。

高1・高3 芸術観賞会

06月

5日

2010

今日は芸術鑑賞の日です。1、3年生は、併設大学のホールに於いて、「亀渕 友香&The Voice of Japan」によるゴスペルミュージックを鑑賞しました。
 
ゴスペルを生で聴くというチャンスに恵まれ、開演前から会場は熱気に溢れていました。
 
演奏が始まると、その歌唱力、声量に圧倒されてしまいました。
「やっぱり、生はちがうね・・・」、そんなつぶやきが聞こえてきました。
こちらが亀渕 友香さんです。
歌唱力については言うまでもありませんが、曲間に黒人奴隷の歴史、ゴスペルミュージックから現在のヒップホップに至る黒人音楽の歴史などについてお話もして頂けました。
ただ聴かせるだけでない洗練されたパフォーマンスに、知らぬ間に会場は大盛り上がりです。
黒人音楽の特徴を肌で感じることができました。
曲目が終了しても会場の拍手は鳴りやみません。
2曲のアンコール曲を披露して頂きました。
 
時に熱く、時に涙を交えながら様々なことを伝えて下さった亀渕さんに、全員を代表して生徒会長から花束を贈呈させて頂きました。 

Otago Girls' High School アンダーソン校長先生来校

05月

24日

2010

本校の提携姉妹校であるOtago Girls' High Schoolのアンダーソン校長先生が来校しました。
 
Otago Girls' High Schoolは125年の歴史をもつ南半球で最も古い公立女子校です。
 
本校では、これまで17年間に渡り、英語クラスがOtago Girls' High Schoolで海外研修を実施しているだけでなく、数多くの長期留学生の送り出しと受け入れを行っています。
 
こうした関係の維持と更なる発展の証として、アンダーソン校長先生と本校の佐藤校長先生が証明書にサインを交わしました。
 
両校の国際教育が深化するために協力し合うことを約束しました。

英語クラスの生徒の皆さんは、7月21日に成田を出発する予定です。

春期教員研修会

05月

22日

2010

春期教員研修会が行われました。

三菱商事海外子女教育相談室長 山本 新治 氏をお招きして「グローバル時代に人間を育てること」と題して講演頂きました。
 
「グローバル時代」、「教育の国際化」といった小テーマに沿って講演は進行しました。

「犬はなんと鳴くか?」など、次々と投げかけられる質問やその答えにはっとさせられる場面が何度もありました。
 
大変参考になるお話ばかりで、この貴重な機会を聞き逃すまいと、全教員が真剣に参加しました。
 
今日学ばせて頂いたことを実践し、更に深化させ、日々国際化の進む文京での教育活動をより充実させてまいります。

体育祭

05月

20日

2010

今年も東京体育館で体育祭が開催されました。

あいにくの雨模様でしたが、屋内のため、練習の成果を力いっぱい発揮することができます。
電光掲示板には競技の模様がライブで映し出され、見逃してしまったゴールシーンなどもじっくり見ることができます。
 
100メートル走や玉入れ、綱引きなどの体育祭では定番の競技はもちろん、本校の体育科が考案する様々な競技に選手達は果敢に挑戦します。
 
競技はクラス対抗、学年対抗の得点制となっており、各クラスや所属学年の選手に大きな声援が送られ、会場はとても盛り上がります。
 
先日こちらのページで練習風景を紹介した3年生が出場する「大縄飛び」の様子です。

1週間にわたって早朝から練習した成果を出し切りました。
 
こちらも恒例になっている後援会の皆様と教員が出場する特別レースです。

佐藤校長先生も張り切って参加しました。
その後ろで倒れている先生、けがには気をつけてください。
 
1年生が優勝、僅差で3年生が2位、次いで2年生という結果になりました。

感激のあまり、うれし泣きしてしまう1年生の様子も見受けられました。
 
体育祭成功の陰に、朝早くから集合し、人知れず働いてくれた実行委員の皆さんの努力がありました。

皆さんのお陰ですばらしい体育祭になりました。
本当にご苦労さまでした。

留学生 終了式&Farewell Party

05月

18日

2010

早いもので留学生の文京滞在も今日で最後です。終了式とFarewell Partyが開かれました。

終了式の後、留学生が企画したゲームが始まりました。
 
最後に留学生から歌のお土産もありました。

Back Street Boysの『I Want It That Way』を全員で歌ってくれました。
 
委員長の挨拶通り、これからも皆さんの友情が、ブライアンマクマン高校と文京学院の友情がずっと続いていくことでしょう。
 
最後に国際交流委員長から英語でお別れの挨拶がありました。

さすがに委員長、流ちょうな英語で「私達の友情は続く」と言うと、文京生も留学生も何度もうなづいているのが印象的でした。

大学院(保健医療科学研究科)新設記念 文化講演会

05月

14日

2010

文京学院大学開学20周年 大学院(保健医療科学研究科)新設記念 文化講演会が5月14日(金)開催されました。

講師は2002年ノーベル物理学賞受賞、東京大学特別栄誉教授、(財)平成基礎科学財団理事長 小柴昌俊先生です。
 
「宇宙の輪廻」と言うテーマでお話をされました。
仁愛ホールはぎっしりと満席で、高校1年から3年生までの理数クラスの生徒のために前の方の席を取っていただき、間近にお話を聞くことができました。
 
地下1000m の神岡鉱山に作られた「カミオカンデ」の施設で超新星爆発によって放出されたニュートリノをはじめて検出しノーベル賞を受賞されました。
多くの方々の協力によってもたらされた賞であり、小柴先生の『ニュートリノさんありがとう』という、言葉が印象的でした。
素粒子などの内容が大変難しく全部理解することはできませんでしたが、もっと勉強してみたくなりました。

留学生 アクティビティー Cooking

05月

11日

2010

今日は留学生のアクティビティーのひとつであるCookingの様子を紹介します。

文京学院には国際交流委員会があり、留学生への対応や各種アクティビティーを企画・運営しています。今日のCookingもそのひとつです。
 
今年はクッキーを作りました。

グループによってサクッとしたものからしっとりしたものまで様々でしたが、料理を通して、楽しく交流することができたことは皆同じでした。

コネチカットより留学生来校

05月

10日

2010

今年もアメリカ・コネチカット州ブライアンマクマン高校から短期留学生が来校しました。

これから9日間、文京生がホストシスターとなり、彼女たちの文京での生活が始まります。
 
留学生達は、東京での様々なアクティビティーに参加するだけでなく、色々なクラスの授業に出席します。

当然わからないことも多いのですが、興味深そうに日本の学校生活を楽しんでいます。
 

日本語の授業に戸惑う場面も見られますが、文京生がさりげなくサポートしてあげていました。

高3 大縄飛び練習風景

05月

10日

2010

20日に迫った体育祭(千駄ヶ谷 東京体育館にて開催)に向けて、3年生の「大縄飛び」の練習が始まりました。

各クラスから選ばれたメンバーが、気持ちをひとつにして、学年優勝を目指します。
一見簡単に見えますが、50回を超えたあたりから縄を回すほうも、縄を飛ぶほうも徐々に疲れが出てくるため、100回の大台に乗るのはなかなか難しいものです。
朝8時前からの練習の成果は、5月20日東京体育館(千駄ヶ谷)で発揮されます。

各クラスの皆さん、1回でも多く飛べるよう頑張ってください。
きっと高校生活のすばらしい思い出になるはずです。

高3 模擬試験

05月

7日

2010

高校3年生対象に模擬試験が実施されました。

進学に向けて、現段階での実力を知る格好の機会です。
結果もさることながら、自分の弱点を割り出し、第一希望により一層近づくための大切な試験です。

皆さんが真剣に問題に取り組んでいました。
朝8時前、校内を回ってみると、コモンスペースで勉強している生徒さんがたくさん見受けられました。

皆さんの努力は必ず報われることでしょう。
今日の反省をもとに、これからも頑張ってください。

部活動 初顔合わせ

04月

30日

2010

部活動の2、3年生と新入部員が正式に顔を合わせる「初顔合わせ」が行われました。
本日をもって1年生は正式入部となります。
若干緊張気味の新入部員の皆さんですが、新しいメンバーを迎えることができた2、3年生は嬉しそうです。
新しいメンバーが加わり、今年はどんな一年になるでしょうか。

新入部員の皆さん、頑張ってください。

保護者会

04月

29日

2010

昨日までの雨が嘘のように晴れ渡った空の下、今年度初めての保護者会を実施しました。
1、2年生は授業参観、3年生は学級懇談会です。
1、2年生は担任の先生の授業参観です。

保護者の皆様に見まもられながら受ける授業はなぜか少し緊張します。
先生方も少し緊張気味ですね。
午後には父親学級が開かれました。

大勢の保護者の方にご参加頂きました。
本校国際塾アドバイザーであり、今年度、英国国立バンガー大学副学長に就任される北中 寿先生に講演をお願いしました。
『少子化と国際化』という演題で講演をして頂きました。

「現在はコミュニケーションに重きをおいた英語学習が主流だが、これからは、徹底的に文法力を養うことが大切である」というお話が印象的でした。
ご帰宅される生徒の皆さんと保護者の皆さんの楽しそうな後ろ姿が、まるで鯉のぼりの親子のように見えた1日でした。

避難訓練

04月

21日

2010

避難訓練が行われました。

火災が発生したという想定のもと、災害時の行動と避難経路の確認をしました。
全生徒が迅速かつ冷静に行動できました。

学年毎に各学年代表の先生から総評を頂きました。

前の20件 17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27
資料請求